月別アーカイブ: 12月 2016

多機能型教材のフォルスクラブは上場企業も注目している

最近の勉強道具はとても多機能です。

江戸時代の頃から比べると、

その道具はとても進歩していると言えます。

むかしは墨と筆を使っていましたが、鉛筆が登場したことにより、

墨をする必要がなくなりました。

その墨に至っても、いまでは液体で売られています。

 

また、鉛筆で書いた文字を消すには消しゴムが必須ですが、

鉛筆の芯の反対側にミニ消しゴムが付いているものもあります。

ボールペンやシャーペンなども、色々と機能が充実していると言えます。

そしてこの勉強道具は本も発展するようになりました。

今流行りの電子書籍で、

パソコンなどの電子機器を使って勉強することが可能となりました。

今や鉛筆を持ち歩くのも時代遅れかもしれません。

 

上場企業の社員にもなれば、

最早電子機器でコミュニケーションを取るのは当たり前になりつつあります。

名刺渡しは伝統でしたが、今やそれも電子化されており、

コンパクトタブレットやスマホを使って名刺交換をする時代になりつつあると言えます。

ただしそれをするには相手も同じ物を持っていないと出来ませんので、

紙媒体の名刺も持ち歩く上場企業の社員はかなり多い模様です。

 

研修のあり方も大分変わってきたと言えます。

上場企業に限らず大抵の企業は、ビジネスマナー研修を実施しています。

その方法は主に身体で覚えさせるというものです。

実技、実技、実技をたくさん課して、身体にビジネスマナーを叩きこみます。

しかし、基礎中の知識に関しては机にしがみついて覚えることが多いです。

社訓を覚える際は、本(または会社パンフレット)とにらめっこして覚えることになります。

そうしたことをフォルスクラブを使って勉強する時代になったと言えます。

フォルスクラブは自分で問題集を作成するアプリが収録されており、

それで社訓に関するものを作成し、新人たちにやらせるという事が可能です。

また、フォルスクラブは英語の勉強にも最適で、

業務に必要な英語スキルを習得させることに一役買っています。

 

上場企業で働くには色々なスキルが求められます。

かなり多様なことが求められており、

フォルスクラブひとつマスターしただけでは難しいかもしれません。

英語教育に定評のあるフォルスクラブですが、

ビジネス英語までは網羅されていません。

トイックで730点以上取ることは可能ですが、上場企業で幹部職を目指すなら、

フォルスクラブを含み、もっと色々な教材を使って勉強する必要があると言えます。

上場企業で頑張るならフォルスクラブで勉強しませんか

就職活動は企業の情報収集をするだけではありません。

その企業で働く上で必要な知識・スキルを身に付けることも重要です。

ちょっと極端ですが、医師になるには医師免許が必要です。

文系の大学3年生の段階で医師を目指そうとしても、

医師になるには医学部に入り直さないといけません。

これはかなり極端な例ですが、会社はそれぞれ求めているスキルがあるのです。

 

どこの企業も欲しがる能力でしたら、やはり英語能力でしょうか。

特に上場企業は割とグローバルに活躍していますので、

英語スキルはかなり必要だと言えます。

企業の中には、入社試験の際に英語能力を問う事もあるかもしれません。

SPIテストとは別に、独自に英語の問題を用意したり、

英語での面接を実施するかもしれません。

上場企業で働くなら、なるべく語学には秀でておきたいところです。

 

そこでフォルスクラブの出番です。

フォルスクラブには英語の教材がふんだんに収納されており、

フォルスクラブひとつでかなり英語力を上げることが出来ます。

スピーキングこそ鍛えられませんが、リーディング、ライティング、

ヒアリングはフォルスクラブで完璧に近い状態まで持っていけると思いますよ。

 

英語能力はそう簡単に鍛えられるものではありません。

スピーキング能力を鍛えるだけでも、最速でも3ヶ月掛かると言われています。

短期留学して、完全にすべて英語漬けの世界に身を置けば、

嫌でも英語を覚えてしまうものです。

もちろん、積極的に外に出て交流することが条件ですが、

言語は割と体当たりで覚えることが出来ますよ。

上場企業の社員たちもそうやって英語を習得しているかもしれません。

 

しかし、ビジネス関係に必要なスキルはそれだけでは足りません。

実際に必要なのは英語のライティング能力かもしれません。

英語のメールで相手と取引することが多く、

相手にきちんと読めるように書かないといけません。

toの位置を間違うだけで、正しく相手が仕事をしてくれないこともあるのです。

 

上場企業の社員も、自身の英語に不安を覚えている方はかなりいる筈です。

上場企業へ就活する前に、なるべくフォルスクラブで英語スキルを磨いてください。

フォルスクラブでトイックを勉強する上場企業の社員たち

トイックの勉強はとても大変です。

そもそも英語を1から覚えるのはかなり大変だと言われています。

私たち日本人は日本語を覚えるのに数年の期間を要しました。

そして漢字学習などを含めると、

小学校を卒業するまでの12年間は日本語漬けだと思います。

敬語や慣用句、難読漢字まで含めたら、

一般人でもきちんと出来る方は少ないと思います。

では、トイックでほぼ満点を英語圏の人が取るには、

何年間英語漬けになればいいのでしょうか。

 

推測ですが小学3~4年生レベルの言語能力があれば解けると思います。

ただしケアレスミスにより、満点を取るのはかなり難しいです。

ちなみに、トイックの日本語バージョンというのも誰かが趣味で作っています。

少なくとも間違えるのが難しいほど簡単です。

むしろ、選択制の問題は誤答となる部分ですごくトンチンカンなことを書いてあるので、

それの笑いをこらえるのに集中力を費やすことになると思います。

 

参考としてこんな感じの問題が出題されます

 

Q.  「今年、A社は上場しましたか?」

A1. 「先ほど私はA社のIPO株を買いました」

A2. 「これはA社の名簿です」

A3. 「明日のA社付近の天気は晴れです」

A4. 「私は上場企業の社員です」

 

当然、正解はA1です。

日本語にしたら当たり前なことでも、普段慣れていない言語だと、

間違えてA4を選択してしまうかもしれませんね。

 

トイックの勉強ならフォルスクラブがオススメです。

上場企業の社員もフォルスクラブを使ってトイックの勉強に励んでいると思います。

フォルスクラブの特徴はいくつかありますが、トイックに関して言えることでしたら、

一番はレベルに合わせて勉強できる点でしょうか。

フォルスクラブには全部で3つのトイック用のアプリがあり、

それぞれの目標点に合わせてプレイすることが可能です。

 

460点、600点、730点、それぞれの点数を目指して勉強することが可能です。

上場企業の社員でも、その全員が英語のスペシャリストではありません。

むしろ、大学時代に英語に触れる機会は、論文を読むくらいではないでしょうか。

リーディングは出来ますが、

スピーキングとヒアリングが苦手な上場企業の社員はとても多いと思います。

きちんと英語で受け答えができるように、

フォルスクラブでしっかりと勉強したいところですね。