月別アーカイブ: 1月 2017

学校の成績アップならフォルスクラブで

フォルスクラブは様々なコンテンツが揃っている通信教材として人気です。

色々な勉強が出来ますが、特に学校の勉強には定評があるのではないでしょうか。

極端な話、学校の授業に100%付いて行くことが可能なら、

MARCHくらいの大学には入れます。

特に試験勉強などせずとも、学校で受けた授業を全部暗記し、

それをすべてテストで発揮することが出来れば、

大抵の大学には入ることが可能です。

 

ただしそこまで記憶力が良い人は、日本に数人居るか居ないかです。

大抵の人は、授業を受けたその場でどんどん記憶から抜け落ちていきます。

だからこそ復習を行い、記憶の定着を促しているのです。

超有名な大学を合格する方は、脳の構造が良いのはもちろん、

勉強の仕方も上手いです。

より良い教材を使って勉強することで、

受験に要する勉強時間を短縮することが可能と言えます。

 

フォルスクラブはかなり良い教材として評判です。

フォルスクラブの高校生向けeラーニングで勉強すれば、

学校の予習・復習は万全と言えます。

もちろん、テストでも良い点を取れるのは間違いなしだと言えそうです。

と言うのも、フォルスクラブは製作スタッフ全員が東大生です。

勉強のスペシャリストでもある東大を卒業したスタッフのみが手掛けたものとなり、

その中身は日本で最上級だと言えます。

通常の参考書よりもかなり良い出来だと言えるのではないでしょうか。

全国の都道府県教育委員会も注目しており、

一部は学校の教材にも使われているほどです。

評判高い大学の受験対策にも良いですよ。

 

また、モチベーションを維持することにも力を入れています。

フォルスクラブのこのコンテンツは、

学習環境を一覧で確認できるようにしていますので、

自分の成果を一目で眺めることが可能です。

ゲーム感覚で進められるのもフォルスクラブの強みで、

飽きずに楽しく学べると人気を獲得しています。

 

学校の成績アップを目指すなら、良い教材を使いたいものです。

そして学校でテストで良い点を取れば、

本番の受験でも良い点を取ることが可能です。

もしくは内申を高めて、推薦を勝ち取るのも良いかもしれませんよ。

フォルスクラブは実は手話も習える

知っていましたか?

パラリンピックのメダルは音が鳴るんです。

それも金銀銅で音色が異なるので、

目が見えない方でも振ればその色を判別することが出来ます。

そのうち、味も付けるかもしれませんよ。

メダルもらったら噛む方が多いので、

味覚でも判断できるようにしたら面白いと思います。

 

ところでこうした国際大会では、手話はどうするのでしょうか。

国際手話を使うと思うのですが、多くの方が自国の手話しか知らないと思います。

手話も言語のように地域性があり、それぞれの国で発展してきました。

ひとつ隣の国でも、ひとつの所作が全く正反対の意味になることもあるそうです。

ジェスチャーになりますが、例えば、「招く」所作は日本だとどうやりますか?

多くの方が、手の甲を上にして、指を開いたり閉じたりしつつ、

手首も同時に縦に振ると思います。

しかしアメリカでこれをやると「あっち行け」になるそうです。

所作というものは、国によって受け取り方が全く異なるのです。

 

日本の手話でしたら、フォルスクラブで学ぶことが出来ます。

英語を学ぶのに最適なフォルスクラブですが、実は手話も学ぶことが出来るのです。

フォルスクラブで学べる手話は非常に基礎的なものです。

英語で言ったら、中一レベルのものがほとんどだと思います。

挨拶くらいは出来ますが、駅までの道案内はちょっと難しいかもしれませんね。

ただし、フォルスクラブの手話講座は非常に覚えやすいと評判です。

鏡モード(左右反転モード)が搭載されており、

相手の動きを真似して覚えることが可能です。

こうしたシステムは本では無理だと言えます。

実際に見本を見ることでスンナリ覚えられるのが、フォルスクラブの強みと言えます。

 

手話が分からなくても、筆記で意思疎通を取ることは可能です。

また、大掛かりなボディランゲージでも相手の意図を読み取ることは可能だと思います。

「お腹空いた」の意思を示すなら、

ラーメンを食べるジェスチャーをするのはいかがでしょうか。

でも、相手がラーメンを知らないと分かって貰えないかもしれませんね。

そのあたりは上手く工夫するようお願いします。

子供と一緒にフォルスクラブの幼児向け音感育脳システムをやろう

フォルスクラブは色々なことが出来る教材として人気です。

大人が英語を勉強するのに使えますし、

子供が学校の勉強のためにフォルスクラブをすることが可能です。

それだけに留まらず、フォルスクラブは幼児を対象としたコンテンツを搭載しています。

実際にログインするのは基本的に親になりますが、

フォルスクラブを使って幼児の脳を育むことが可能なのです。

 

アプリケーション名は幼児向け音感育脳システムと言います。

システムというよりも、ゲームと言った方が近いかもしれませんね。

音楽と劇作とゲームが融合したアプリケーションで、

音楽を聴きながら画面を操作して、楽しく学べる教材になります。

イメージとしては、触れるデジタル絵本でしょうか。

自分の指を使ってモニターにタッチすることで、脳の機能を高めることが可能なのです。

また、このアプリケーションはコミュニケーション能力を養うのにも使えます。

そもそもこうしたものは子供ひとりではやらないものです。

親が子供と一緒になってプレイします。

 

その際、黙々とやらせたり、黙って見ているのではなく、

適宜色々と話しかけながら子供にやらせるのが良いと思います。

「これはなにかな?」と子供とコミュニケーションを取ることで、

人と会話する楽しさを教えることが出来るのです。

絵本と一緒ですね。

絵本は物語を教えるというよりも、

読み手と触れ合う楽しさを覚えるツールだと言えます。

ひとりで黙々と絵本を読むのが好きな子供も居るかもしれませんが、

多くの子供が親に絵本を読んで貰いたいと思っている筈です。

フォルスクラブは紙媒体の絵本を

飛躍的に機能を高めたデジタルな絵本になりますので、

かなり楽しく読み進めることが出来ると思いますよ。

 

音楽ゲームにも色々な種類があり、鍵盤を使ったものから、

タイピング練習まで様々なものが幼児向け音感育脳システムに含まれています。

飽きずに遊べますので、

親御さんは子供と一緒になって幼児向け音感育脳システムを

プレイするのはいかがでしょうか。