月別アーカイブ: 4月 2017

フォルスクラブをするのに必要な通信環境

今や色々なところで電波が飛んでいます。

でも、通信速度でしたら有線が確実ですね。

では、フォルスクラブをするのに必要な通信環境は何があるでしょうか?

今回はそのことについて紹介したいと思います。

 

まず、フォルスクラブをするためのツールですが、

パソコン、タブレット、スマホ、ガラケーの4種です。

このうち、有線に対応しているのはパソコンだけです。

厳密には、タブレットを有線接続させる裏技がありますが、

かなりイレギュラーなので、今回はそれを除外します。

タブレットをやるなら無線LANを室内に飛ばす必要があると言えます。

なお、スマホやガラケーに関しては、通信局が今まで頑張ってくれたおかげで、

99%のエリアで対応しています。

残りの1%がかなり気になりますが、

大抵の家はスマホやガラケーを普通に使えると思います。

 

フォルスクラブをパソコンでやるのに必要な回線速度ですが、

これはそこまで気にしなくても大丈夫です。

でもADSLより古いと、ちょっとカクカクした動きになってしまうかもしれませんね。

動画とかも満足に見られないかもしれません。

低速な回線では満足に動かない可能性がありますので、

今の回線がどうなっているか確認してみてください。

とりあえず、動画が止まるようなら、

新しいプロバイダに変えることを視野に入れましょう。

無線LANに関しても色々なものがありますので、

出来るだけ新しいものにした方が良いですよ。

 

あと、インターネットは「使い放題」を推奨します。

使った分だけ支払う契約形式だと、

フォルスクラブであっという間に上限まで達してしまいます。

動画を30分見ただけで、限界に到達するかもしれませんよ。

パソコンのインターネットは「使い放題」に限ります。

イーラーニング研究所のスマホアプリはいつやればいいの?

複数の資格の勉強ができるイーラーニング研究所のスマホアプリ。

いつでもどこでも好きな時に、

お手持ちのスマホを使って勉強できると評判になっています。

では実際にいつ勉強すればいいのでしょうか?

今回はそのことについて考察したいと思います。

 

まず、イーラーニング研究所のスマホアプリを使って資格の勉強をする方は、

主に社会人が多いと言えます。

働きながら資格の勉強をするケースが多いのではないでしょうか。

大学生もそれなりに居ると思いますが、大学生は自分の時間を取りやすいので、

予備校に通うという選択もあります。

しかし、社会人の方はそんな暇がありません。

そこで隙間時間を利用して勉強するのです。

具体的には、通勤の時間帯。

行きと帰りの電車やバスの中で、スマホアプリを開いて勉強します。

イヤホンを差せば、音を出しても大丈夫です。

他にも、昼飯の時間帯やトイレの中でも勉強することは可能と言えそうです。

ただし勉強に夢中になって、本業が疎かにならないようにしてくださいね。

あと、音漏れは気を付けるように。

 

就寝前のベッドの中でイーラーニング研究所のスマホアプリをするのもアリですが、

寝る前にこういうのをやると、良い睡眠を阻害する恐れがあります。

スマホのブルーライトはあまり目に良くないので、

できれば、起床時にやるようにした方が良いですよ。

記憶の定着も早朝の方が捗るというものです。

 

もちろん主婦の方がスマホアプリで勉強することも有用です。

料理や洗濯などの隙間時間を利用して勉強するのはいかがでしょうか。

介護福祉士やFP3級など、復職に有利な資格が揃っていますので、

時間を見つけてイーラーニング研究所のスマホアプリで勉強してみてください。

イーラーニング研究所のその他の事業

イーラーニング研究所は多様性を大事にしています。

例えば、サラダバーがあるとします。

食べ放題ですが、その種類がレタス、とうもろこし、

プチトマトしかなかったらどう思いますか?

ドレッシングも、サウザンアイランドソース1種類です。

誰もそのサラダバーを利用しなくなると思います。

学業でも同じことが言え、多種多様に教材を用意することで、

多くの顧客の心を掴むことをイーラーニング研究所は叶えているのです。

 

実際、その事業は豊富です。

中にはeラーニングが関わらないものもあります。

イーラーニング研究所が行っているちょっと変わった事業でしたら、

学校施設の口コミ掲示板でしょうか。

全国の保育園・幼稚園・小学校・中学校・高校・専門学校・短大・大学・大学院が

すべて網羅されており、それぞれの口コミを閲覧することが可能です。

また、eラーニングの教材を紹介するポータルサイトも作成しています。

そのポータルサイトを利用すれば、珍しい資格の勉強も可能になりますよ。

英語ゲームのスマホアプリや、資格対策のスマホアプリなど、

イーラーニング研究所は割と色々なことをしているのです。

介護関係の情報コミュニティサイトも作っているみたいですよ。

あまりにも多分野に展開しているため、

イーラーニング研究所は一言で「○○をしている」と言いにくいかもしれませんね。

でも、主軸にしているのは、パソコンやスマホを使ったeラーニングになりますので、

それさえ分かれば大丈夫だと思います。

 

多様性を大事にしているイーラーニング研究所ですが、

最も重要としているのは「ニーズに合わせた」だと思います。

種類を増やしても、需要が無ければ意味がありません。

顧客が最も望むものを作り続けているからこそ、

イーラーニング研究所は発展し続けているのです。

イーラーニング研究所のスマホアプリで対策できる介護福祉士国家試験

介護福祉士の需要は近年、急激に増加していると言われています。

待遇に関しても、年々見直されており、働きやすい環境が整いつつあると言えます。

そんな介護福祉士はイーラーニング研究所が提供している

スマホアプリで資格対策をすることが可能!!

もちろんこのスマホアプリだけで勉強するのは少々物足りないので、

予備校に通ったり、参考書を読んだりするなど、

いくつかの手段と同時並行することで、高い効果をあげられると思います。

 

イーラーニング研究所のスマホアプリの特徴はいくつかありますが、

最も嬉しいのは「完全無料」という点ではないでしょうか。

月額制でもないですし、課金要素もゼロっ!!

掛かるのは通信費くらいですね。

それでも定額制でスマホを契約すれば、微々たるものです。

イーラーニング研究所の資格対策のスマホアプリは

動画が流れるものではありませんので、

1ヶ月間24時間起動しても100MB行かないのでは?

内容に関してですが、出題形式は「記憶定着モード」と

「試験モード」の2つが用意されています。

前者は参考書のように読み進め、後者で実力を試すのはいかがでしょうか。

 

介護福祉士は離職率が高い仕事として有名です。

仕事が大変なのもありますが、寿退社が多いのも理由になります。

そして子供がある程度大きくなったら復職したいものですが、

10年くらいブランクがあると、ちょっとマズイかもしれません。

そこでイーラーニング研究所のスマホアプリが活躍します。

これで復習して、介護の知識を補填することが可能です。

 

また、10年も経てば、法制度もいくつか変わります。

介護保険の点数もここ10年でかなり変化したのではないでしょうか?

自己負担は、2015年8月までは1割だったのに、

2018年8月から3割負担になるそうです。

資格対策のスマホアプリで、しっかりと知識の補填をしましょう。

フォルスクラブをするのに必要な机の高さ

勉強する場合、まずは快適な環境を作る必要があります。

机がないと、床に寝そべって勉強しないといけませんが、

それだと疲れてしまいます。

ベッドを机代わりにするのもアリですが、

ベッドはふかふかなので、文字を書くのに適しません。

 

フォルスクラブをする際も、適切な環境作りが必須です。

パソコンでやるなら、適したパソコンデスクが必須ですし、

タブレットやスマホで勉強する際も、色々と用意したいものがあります。

そしてただ机を用意するだけではいけません。

タイピングをする必要もありますので、

キーボードと肘の高さはしっかりと合わせないといけません。

視線とモニターの高さも合わせる必要があります。

こうした細かいことを調整するか否かで、

勉強の効率が大きく異なることは珍しくないのです。

 

あと、フォルスクラブをするなら広さも気にしたいところです。

大抵のパソコン専用デスクは、

パソコンモニターとキーボードとマウスしか置けないことが多いです。

ノートを広げて、そこで書き取りするスペースがないケースは

多いのではないでしょうか?

フォルスクラブはeラーニングですが、ノートを使って勉強したくなる時もある筈です。

ノートパソコンでしたら、好きな場所に移動して勉強することは出来ますが、

モニターなどが固定されている場合は、どっかに持っていくことは難しいです。

なので、最初にパソコン専用デスクを購入する時点で、

ノートを置くスペースを考えておく必要があると言えます。

 

勉強する環境作りは大事です。

集中力もかなり変化します。

また、最近だと無線で動くマウスもありますが、

感度が悪いと上手く動いてくれないかもしれません。

フォルスクラブをする際は、周辺設備にも気を配るのを忘れずに。