月別アーカイブ: 5月 2017

フォルスクラブはどこまで並行作業が可能か?

2つのことを同時に出来たら便利ですよね?
本業(仕事)をしながら、株式取引をできる様になれば、
人生を2倍お得に使う事ができそうです。
しかし2つのことを同時にこなすのは、一般人には難しいと言えます。
人間の脳の構造はそう簡単には出来ていないのです。
では、仮にフォルスクラブをしながら、他にどんなことが出来るでしょうか?
今回は修行していない一般人でも
出来そうな並行作業について考えてみたいと思います。

人間の行動で最も阻害されにくい感覚器は、聴覚です。
人間は音楽を聴きながらでも、視覚と触覚を駆使して何かをすることが出来ます。
駅のホームでも、イヤホンを指して音楽を聴きながら歩いている方は居ますよね。
と言っても、脳の使用割合は、聴覚1で、
触覚(手足を動かす)と視覚が残り9割を占めていると思います。
つまり、フォルスクラブも音楽を聴く程度であれば、
並行作業が可能ということになります。
もちろん、使用している脳の割合が1割未満なのであまり勉強にはなりませんが、
1割でも頑張って積み重ねていけば、きちんと勉強になりますよ。
歩くだけ、ドライブするだけでしたら、フォルスクラブとの同時並行は可能と言えそうです。
ただし、勉強に集中し過ぎて、事故に遭わないようお願いします。

では、聴きっ放し以外で、他にフォルスクラブは活用できないのでしょうか?
フォルスクラブを視界に収めつつ、他に何か作業は出来ないでしょうか?
簡単に思い付くものでしたら、筋トレなどが考えられます。
スポーツジムにある各種器械を使って筋トレしつつ、
スマホか何かで勉強することが出来そうです。
実際にランニングマシンで走りつつ、スマホを眺めている方は居そうですね。

イーラーニング研究所で学べる宅地建物取引士資格試験とは?

イーラーニング研究所のスマホアプリを使えば、
宅地建物取引士資格試験の勉強が出来ます。
所謂、宅建ですね。
では、宅建の資格を取れば何が出来るのでしょうか?

宅建の資格があれば、顧客に土地・住宅の売買、
および賃貸の紹介が可能になります。
宅建の資格がないと、お客に「商品の説明」すらやってはいけないのです。
不動産は非常に高額な商品になりますので、
この宅建の資格がないと売ることが出来ないのです。
そもそも日本の法律では大抵、ものは売るのに資格・届け出が必要です。
飲食店を経営する資格や、弁護士事務所を開く資格、
保育園を運営するための資格、ネットショップを開業するのに必要な届け出、
移動販売車で販売する届け出などなど。
日本は資格がないと何も出来ないと言っても過言ではありません。
ちなみにイーラーニング研究所のスマホアプリは保育士試験にも対応しています。

不動産会社は新卒を採用する時、宅建のあるなしはあまり見ていません。
入社してから取らせることが多いです。
それまでは先輩社員のサポートしか出来ません。
そしていつまでも半人前以下では駄目なので、
イーラーニング研究所のようなところが作る学習教材を使って、
宅建の勉強をするのです。

と言っても、そう簡単に宅建の資格は取れるものではありません。
一説では、合格率は15~17%と言われています。
たんにやる気のない方が多いというのもありますが
(会社の命令で強制的に受けさせているケースが多い)、
それを考慮しても合格率は30%を超えないでしょう。

宅建の試験は年に1回だけの実施で、10月テスト、7月申込みです。
しっかりとそれまでにイーラーニング研究所のスマホアプリで宅建の対策をしましょう。
ちなみに、行政書士は年に1回、保育士試験は年に2回と、
資格の種類によって異なりますのでご注意ください。