月別アーカイブ: 11月 2018

フォルスクラブの教材でねずみの知能はアップするのか

 

意外と賢いねずみ
人間からすると、ねずみは害獣に指定されるほど厄介な動物です。
屋根裏や床下に潜み住宅の梁や柱を食い荒らしたり、病気を媒介する嫌な動物というイメージが日本人の間では一般的ではないでしょうか。
確かにねずみは人間からすると気味が悪く厄介な存在ですが、意外とその知能は高いといわれています。
小さな見た目とは裏腹に知能はフォルスクラブを利用している人並み以上と言われていて、学習能力は非常に高いです。
学習能力が高いからこそ、フォルスクラブで学んだ人間が仕掛けた巧妙な罠も簡単に引っかからず、過酷な環境でも生き延びることができるのでしょう。

 

記憶力と適応力が高いねずみ
ねずみを科学的に研究してみると、記憶力と適応力が高いことが判明しました。
具体的には二度と同じ罠には引っかからない、迷路に入れると9回の試験だけで抜け出すことができるなど、学習能力の高さを示す話はいくつもあります。
フォルスクラブで学んでいない人間なら、迷路に入るといつまで経っても出られないこともあるのでねずみはかなり賢いです。
なぜ小動物なのに人並み以上の学習能力があるのかというと、体重に占める脳の重さが人間よりも大きいからです。
数々の実験により学習能力が高いと証明されているねずみが、フォルスクラブのような人間向けの本格的な教育を受ければ、知能がさらにアップしていくのか気になるところでしょう。

 

ねずみがフォルスクラブで学習するとしたら
世界一賢いねずみを見つけて人間向けの教育を受けさせても、いきなり高度な内容では理解できないでしょう。
人間も最初は文字や足し算・引き算などの簡単な授業を受けてから、次第に難しい漢字を覚えたりかけ算・割り算に進んでいきます。
ねずみを一から教育していくなら、フォルスクラブを利用するのがベストかもしれません。
フォルスクラブには、幼児向けの音感育脳システムがあります。
幼児期の小さな子どもの脳を刺激し成長を促す教育システムなので、ねずみもフォルスクラブの音感育脳教育を受ければ、大きな脳がさらに発達し様々な知識をぐんぐん吸収する礎になる可能性があります。
音感育脳教育を修了したら、小学生向けと段階を踏んでフォルスクラブの教材を利用していくと、人間を超える知能を持つ世界一賢いねずみが誕生するでしょう。

 

ねずみも学びやすいフォルスクラブのシステム
しかしねずみが人間と同じようにフォルスクラブの教育を受けていく上で、問題となるのが字を書くと言うことです。
小さな手では鉛筆を持てませんから、これでは学習にならないでしょう。
ですがフォルスクラブは、タブレット端末を使った学習ができる教材を用意しています。
タブレット端末なら画面をタッチするだけで問題を解いていけるので、鉛筆が持てないねずみでも学習できます。
人並みの知能を持つと言われている小動物でも、実際にフォルスクラブで勉強していくのが難しいのは当然ですが、一つの実験として試してほしいものです。

フォルスクラブはねずみ講に関わらない健全なサービス

 

フォルスクラブとねずみについて
フォルスクラブとねずみの関係が気になる方は多いでしょう。食物連鎖の関係なのか、それとも、不倫関係なのか気になりませんか? 実際にはそんなことは全然なく、フォルスクラブとねずみはそれぞれとても健全な関係といえます。というより、月とすっぽんくらい無関係です。

 

フォルスクラブはどのような企業なのか
フォルスクラブは、どのような企業なのか良く分からないという人も多いです。フォルスクラブは正確にはサービスの名前で、フォルスクラブのサービスを運営している企業が、イーラーニング研究所となります。またフォルスクラブの主力のサービスは英語を聞くだけで会話が出来るようになることが話題となっているイーラーニングと呼ばれるシステムを取り入れた講座が行われています。パソコンやスマートフォン、タブレット端末、携帯電話などからアプリをインストールするだけで自分の家で色々な学習を行うことが可能であるという優れたプログラムを開発しているのです。宣伝も行っていますし人気もあるサービスになります。

 

フォルスクラブがねずみ講ではないかという疑惑
ねずみ講というのは、どのような企業でもグレーゾーンに当てはまってしまう場合が多いです。フォルスクラブも、会員を増やす目的で、ねずみ講のようなことを行っているのではないかという疑惑が噴出したこともありましたが、実際には、そのようなことはありません。クリーンなイメージの若手俳優の方をイメージキャラクターに起用したことによって、そのようなイメージは払拭されつつあるとも言われています。実際には誠実な運営をしている企業ですし、フォルスクラブのサービスを使ってみたことによって色々なメリットを得ることが出来たという口コミ情報も書き込まれているのです。

 

フォルスクラブは一般人が紹介できる
ちなみにフォルスクラブというサービスは、インターネットを利用して自分の意志で申し込んで利用するという流れになっていますが、紹介制度も導入しています。この紹介制度が、ねずみ講なのではないかと疑われている原因の1つです。しかし紹介制度は、ねずみ講とは全く異なる制度な上に、風評被害と言われる側面でもあるので運営しているイーラーニング研究所も悩んでいることになります。ねずみ講を行っているという噂が広まるだけで良くないイメージがついてしまいますし、フォルスクラブは優れたサービスなため、被害を被っている面もある訳です。現在、注目を集めている高校生向けのサービスなど、非常に良いコンテンツが充実しているアプリなため、一度その講座や教材の内容を確認してみて自分で使ってみるかどうかを判断するのが良い方法になります。ほとんどの人が満足しているので使って意みる充分な価値があるサービスです。

 

フォルスクラブはねずみ講に関わっていない
それでもフォルスクラブが、ねずみ講であると主張している方もいます。一般人の会員が実際に販売員としてサービスを紹介することによって報酬が発生することに関わりがあるのかも知れません。フォルスクラブはアプリを使うのに費用が必要ということもあって、そのことが疑惑の原因となる面もあります。しかし楽しく英語を習得することが出来れば、その費用は相応であると言えるのです。

 

フォルスクラブをねずみ校長が仕切ると面白い

 

フォルスクラブを雄英高校のねずみ校長が仕切ると面白い
雄英高校のねずみ校長はとにかく知恵がありますから、この校長が仕切ると極めて合理的に運営が為されることになるから面白い事になりそうです。常に冷静な分析をしてから行動をする事になるので、まず経営は右肩上がりで上手くいく事になるでしょう。ミスが極めて少なくなるのが特徴的で、世間に対する評判を下げるような事もなく広報なども上手く活用するという事が考えられます。全てが予測の範疇に入るので、何が起きても動じないフォルスクラブという事になるでしょう。

 

フォルスクラブはねずみの会社という事になる
フォルスクラブに雄英高校のねずみ校長が入ると、フォルスクラブはねずみの会社ということになるでしょうから、場合によってはねずみ講の会社というように勘違いされることもあり得る。とにかくサービスがこれまで見たことがないですから、日本人は見たことが無いものをねずみ講だと考えてしまう性質があります。フォルスクラブは勿論、そのようなものではないのですが、世間の人は何をしているのかという事は興味が無くて、何が見えるのかという事だけで全てを判断してしまうという事がありますから、ねずみが見えるという事になれば、それだけで全てを判断してしまうという事になる事もあり得る。

 

フォルスクラブがブラック化することも考えられる
フォルスクラブにねずみ校長が入ってバリバリ働くようになると、これはもうとんでもない仕事量をこなす事になるでしょうから、とんでもない量のサービスが此処から提供されると考えられます。そうなると、利用者も激増するでしょうから、一気に会社が大きくなり急成長するという事が考えられます。そうなれば、インターネットの教育サービスをこの会社が一手に握るという事も考えられる。つまり、この会社が業界の大手にのし上がるという事もあるわけで、ねずみの天下が此処に出来上がるという事も考えられます。教育事業を握るという事は、若者達の心もつかむという事になるので、ネズミに若者が支配されるという事になるのかもしれません。

 

雄英高校のねずみ校長についていける人はほとんどいない
雄英高校のねずみ校長がフォルスクラブに入るととんでもない仕事が出来るという事にはなるのでしょうが、それに周囲が付いていく事は出来ないはず。プラスウルトラです。とんでもなく優秀な人がいるという会社はいくらでもあるのですが、その場合は、その人の考えに周囲が付いていく事が出来なくて、大抵の場合は取り残されるのが、この優秀な人という事にもなってしまいます。場合によっては優秀過ぎるので逆に追放されてしまうという事もあり得るわけで、世の中は難しいという事になるのかもしれません。何しろとんでもないスピードで全てを理解して分析して、判断をすることが出来るので、自分の意見や指摘が採用されないという事も十分に分かってしまうはず。入る場合はいきなりトップに立つしか活躍することはないかもしれません。