イーラーニング研究所でマンション管理士試験に臨む

イーラーニング研究所のスマホアプリを使えば、
マンション管理士試験の勉強が出来ます。
しかしこれもまた、あまり馴染みのない資格だと言えます。
名前から、マンションを管理するのに必要な資格とは分かっても、
具体的にどんなことを学んで何が出来るようになるかは分からないかもしれません。
そもそも、アパートやマンションを経営するのに資格が必要かどうかも、
一般人は知らないかもしれません。

イーラーニング研究所で学べるマンション管理士は、簡単に言えば、
マンション管理会社を運営するのに必要な資格です。
無資格でも、不動産投資を始めて普通に家賃を徴収しても大丈夫です。

マンション管理士の仕事は多様です。
とはいっても「出来る」と「必ずやる」は別物で、
仕事(要望)が無い限りはそれを行いません。
マンション管理組合の運営をしたり、
オーナーに代わって家賃の回収やリフォームの手配をしたり、
オーナーから不動産管理のアドバイスを求められたり・・・。
とにかく、マンションに関するあらゆる業務が出来るようになります。

そしてこのマンション管理士の合格率はかなり低いです。
イーラーニング研究所のスマホアプリは他にも
宅地建物取引士資格試験や保育士試験にも対応していますが、
それらよりも尚、低いです。
毎年若干変動しますが、合格率は8~9%ほどとされています。

ではどういう人が受けるかと言うと、
ある程度の社会経験(もちろん不動産関連の)がある方が受けます。
30代~60代と幅広い世代が受けている資格になります。
逆に、20代はほとんどいません。
宅建と違って、会社が義務的に受けさせる資格ではないのです。
イーラーニング研究所のスマホアプリで勉強している方も、
壮年期~高年期あたりになると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です