フォルスクラブで香港に行くには

【フォルスクラブと香港について】
フォルスクラブでは過去に会員を対象とした香港ツアーを企画したことがあります。また現在フォルスクラブは香港市場への上場が噂されています。直接的に香港との関係はありませんが、今後上場されれば支店が設置される可能性はあります。フォルスクラブではインターネットを活用して様々な学習コンテンツの提供を行なっており、利用者は場所を問わずハイクオリティな学習コンテンツを利用できます。会員には一般会員とプレミア会員があります。一般会員になるにはホームページから登録するか、プレミア会員から紹介を受けることが必要です。前者の場合は非常に簡単な手続で登録でき、1契約で5人までコンテンツを利用できます。基本的にフォルスクラブは家族全員で様々な知識の学習を行なうことを前提としたサービスです。税別で月額6000円の利用料を支払えば、様々な学習コンテンツを自由に利用できます。プレミア会員になるには、他のプレミア会員からの推薦が必要です。加入者を獲得すると報酬を得ることができます。コンテンツを利用するだけならば、一般会員でも十分なサービスが受けられます。

 
【香港市場に上場する可能性】
フォルスクラブは香港市場への上場が噂されています。日本国内の証券取引所に上場するよりも、香港は緩やかな基準で上場可能です。香港市場のメインボードに上場するには、一定の条件を満たす必要があります。売上高か利益、キャッシュフローのいずれかの条件が満たされていれば上場可能です。また3会計年度にわたって同一の経営陣が継続していることも求められます。上場には安定した経営を行なっており、恒久的に発展する可能性があることの証明が必要です。フォルスクラブは長年安定した経営を続けており、上場するのもそれほど難しくはありません。仮に上場した場合には、世界規模でサービスが展開されるものと予想されます。

 
【フォルスクラブのビジネスモデル】
フォルスクラブのビジネスモデルは、情報技術を活用してあらゆる地域の人々に優れた学習コンテンツを提供するというものです。日本国内にも大都市と地方都市の間で学習環境に格差が存在しますが、世界にも地域によって大きな格差があります。eラーニングの技術は時間や場所を問わず誰もがハイクオリティな学習を行なうことを可能とします。香港市場で上場した場合には、日本国内だけでなく世界の学習環境の格差解消に貢献すると考えられます。フォルスクラブのサービスは世界中の人々に必要とされており、潜在的に大きな需要が存在します。

 
【フォルスクラブで香港に行くには】
フォルスクラブでは過去に会員を対象とした香港ツアーを企画したことがありました。今後香港市場で上場した場合には、支店が作られることも考えられます。香港とフォルスクラブの結びつきが強まれば、再び会員を対象とした香港ツアーが企画される可能性があります。ビジネスモデルを大きく発展させるためにも、香港はフォルスクラブにとって重要な場所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です