ネズミ講ではないフォルスクラブは新たな教育の開拓者

●フォルスクラブを巡るネズミ講との噂の真偽についての考察
eラーニングを各種の端末で提供しているフォルスクラブについて、ネズミ講を行っているのでは、との真偽の定かでなく噂が流れています。その真偽の程を検証してみましょう。そもそもネズミ講(無限連鎖講)とは出資金を媒介として親会員が子会員を勧誘すると、一部が子会員に報酬として支払われると言うシステムになっています。ネズミ算式に会員が増加するので、やがて事実上も理論上も勧誘をすることが出来なくなり破綻することになります。一部の幹部会員以外はすべて損をするので法律上も禁止されています。しかしフォルスクラブでは商材の販売を介しているので、実態は売買にほかなりません。ネズミ講は商品が介在せず、子会員を永続的に増やさない限り破綻が不可避であるのに対し、フォルスクラブでは商品を売買し、報酬として一部が会員に支払われると言うだけの話です。実態のあるビジネスなので存続するのは当然で、なんら法的に問題はありません。

 
●ネズミ講ではない、フォルスクラブは何をしている会社なのか?
フォルスクラブは主に教育サービスを提供している会社です。従来のひとりの講師を前に一堂に介して行う座学型のスタイルや、書類や教科書のやり取りが中心だった通信教育でもない、インターネットを利用したeラーニングというスタイルの学習方法を展開しています。この方法のメリットはコンテンツにアクセスできる環境であれば24時間365日、いつでも好きなときに学習の機会を得ることが出来る点にあります。この方法のメリットは地方在住者でも、都市圏の設備も人材も揃った塾や学校に通う必要もなく、教育の機会の均等を実現することが出来る点にもあります。

 
●ネズミ講ではない、フォルスクラブの収益モデルはどのようなものか?
フォルスクラブがネズミ講ではないのは、実態を伴う事業を展開していることから明らかになったと言えるでしょう。つまりフォルスクラブの収益モデルは、eラーニングを中心にしたコンテンツ利用の対価が収益の源泉になっています。しかし人気が無ければ収益に繋がりません。会員数を急速に伸ばしている事実からして、そのコンテンツ内容が高い人気を得ていることが分かります。そのコンテンツの内容はバラエティに富んでおり、中高生の受験対策から社会人などがキャリアアップの為の各種資格取得講座など幅広い年代での利用が可能になっています。

 
●ネズミ講ではないフォルスクラブの魅力はリーズナブルな利用料金
ネズミ講に間違えられるほどの人気を、フォルスクラブを得ているのには利用料金の安さにあります。入会金1万円と月当たり6000円の利用料金を支払えば、家族5人までが誰でもコンテンツの視聴を行うことが出来るのです。従来型の教育方法の相場に照らしても相当リーズナブルと言えます。コンテンツ自体の品質の高さの割には割安な利用料金も高い人気の秘密です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です