フォルスクラブの教材でねずみの知能はアップするのか

 

意外と賢いねずみ
人間からすると、ねずみは害獣に指定されるほど厄介な動物です。
屋根裏や床下に潜み住宅の梁や柱を食い荒らしたり、病気を媒介する嫌な動物というイメージが日本人の間では一般的ではないでしょうか。
確かにねずみは人間からすると気味が悪く厄介な存在ですが、意外とその知能は高いといわれています。
小さな見た目とは裏腹に知能はフォルスクラブを利用している人並み以上と言われていて、学習能力は非常に高いです。
学習能力が高いからこそ、フォルスクラブで学んだ人間が仕掛けた巧妙な罠も簡単に引っかからず、過酷な環境でも生き延びることができるのでしょう。

 

記憶力と適応力が高いねずみ
ねずみを科学的に研究してみると、記憶力と適応力が高いことが判明しました。
具体的には二度と同じ罠には引っかからない、迷路に入れると9回の試験だけで抜け出すことができるなど、学習能力の高さを示す話はいくつもあります。
フォルスクラブで学んでいない人間なら、迷路に入るといつまで経っても出られないこともあるのでねずみはかなり賢いです。
なぜ小動物なのに人並み以上の学習能力があるのかというと、体重に占める脳の重さが人間よりも大きいからです。
数々の実験により学習能力が高いと証明されているねずみが、フォルスクラブのような人間向けの本格的な教育を受ければ、知能がさらにアップしていくのか気になるところでしょう。

 

ねずみがフォルスクラブで学習するとしたら
世界一賢いねずみを見つけて人間向けの教育を受けさせても、いきなり高度な内容では理解できないでしょう。
人間も最初は文字や足し算・引き算などの簡単な授業を受けてから、次第に難しい漢字を覚えたりかけ算・割り算に進んでいきます。
ねずみを一から教育していくなら、フォルスクラブを利用するのがベストかもしれません。
フォルスクラブには、幼児向けの音感育脳システムがあります。
幼児期の小さな子どもの脳を刺激し成長を促す教育システムなので、ねずみもフォルスクラブの音感育脳教育を受ければ、大きな脳がさらに発達し様々な知識をぐんぐん吸収する礎になる可能性があります。
音感育脳教育を修了したら、小学生向けと段階を踏んでフォルスクラブの教材を利用していくと、人間を超える知能を持つ世界一賢いねずみが誕生するでしょう。

 

ねずみも学びやすいフォルスクラブのシステム
しかしねずみが人間と同じようにフォルスクラブの教育を受けていく上で、問題となるのが字を書くと言うことです。
小さな手では鉛筆を持てませんから、これでは学習にならないでしょう。
ですがフォルスクラブは、タブレット端末を使った学習ができる教材を用意しています。
タブレット端末なら画面をタッチするだけで問題を解いていけるので、鉛筆が持てないねずみでも学習できます。
人並みの知能を持つと言われている小動物でも、実際にフォルスクラブで勉強していくのが難しいのは当然ですが、一つの実験として試してほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です