上場企業の社員の教育に一役買っているフォルスクラブ

社員教育はどこの企業も力を入れています。

ましてや上場企業なら尚更です。

ビジネススキル研修、専門技能研修、マネジメント研修など、

今の日本にはあらゆる研修事業が存在しています。

 

フォルスクラブはよく、上場企業の研修で使われています。

フォルスクラブの「ふぉるぱ」は自由に4択クイズを作ることが可能で、

それで作った問題を社員にやらせることが出来ます。

専門技能研修の場合、

それに対応した問題集はどこにも売っていないので自分で作ることになりますが、

パソコンの知識がないと中々作れないものです。

白紙の紙に印刷する場合でも、読みやすい書式というものが存在し、

レイアウトのスキルも求められます。

フォルスクラブの「ふぉるぱ」でしたら細かい設定は不要です。

文字を入力するだけで簡単に問題集を自作することが出来ます。

フォルスクラブを使って、

上場企業の新入社員に技能テストとしてやらせることが可能です。

 

また、英語研修の需要は高まりつつあると言えます。

すべての上場企業で英語が必須とまでは言いませんが、

海外旅行や海外支部で働くなら英語は必須です。

むしろ、上場企業ともなれば、毎年のように海外旅行があると思います。

フォルスクラブがあれば英語の対策はバッチシです。

フォルスクラブのおかげで、上場企業の社員も安心して海外旅行を楽しむことが出来ます。

 

今の日本の研修制度は世界でも認められており、

こうした研修事業を輸入する動きもあるそうです。

ユニクロか九州新幹線か、どこの企業か忘れましたが、

中国のとある企業がそこの会社が実施している研修のノウハウを

購入したという話を聞いたことがあります。

中国には新入社員を研修させるという文化がなく、

仕事をさせながら覚えさせていきますが、

それだと使い物になるまでに大分時間が掛かります。

基本となるビジネススキルを身に付けさせるために、

お得意様にかなり迷惑を掛けてしまいます。

メールの返信の仕方をその都度指導していたら、

指導係の先輩の業務時間は圧迫されてしまいます。

そこで最初にビジネススキル研修を叩きこむことで、

その後の業務をスムーズに回すことが出来るのです。

 

新人研修や社員旅行は日本独自の文化に近いと言えます。

アメリカにはこのどちらもありません。

即戦力しか雇わず、社員同士のコミュニケーションも必要以上に取りません。

日本は交流を大事にしています。

外資系の企業でも、

交流を深めるために様々なイベントや社員旅行を実施していると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です