フォルスクラブでトイックを勉強する上場企業の社員たち

トイックの勉強はとても大変です。

そもそも英語を1から覚えるのはかなり大変だと言われています。

私たち日本人は日本語を覚えるのに数年の期間を要しました。

そして漢字学習などを含めると、

小学校を卒業するまでの12年間は日本語漬けだと思います。

敬語や慣用句、難読漢字まで含めたら、

一般人でもきちんと出来る方は少ないと思います。

では、トイックでほぼ満点を英語圏の人が取るには、

何年間英語漬けになればいいのでしょうか。

 

推測ですが小学3~4年生レベルの言語能力があれば解けると思います。

ただしケアレスミスにより、満点を取るのはかなり難しいです。

ちなみに、トイックの日本語バージョンというのも誰かが趣味で作っています。

少なくとも間違えるのが難しいほど簡単です。

むしろ、選択制の問題は誤答となる部分ですごくトンチンカンなことを書いてあるので、

それの笑いをこらえるのに集中力を費やすことになると思います。

 

参考としてこんな感じの問題が出題されます

 

Q.  「今年、A社は上場しましたか?」

A1. 「先ほど私はA社のIPO株を買いました」

A2. 「これはA社の名簿です」

A3. 「明日のA社付近の天気は晴れです」

A4. 「私は上場企業の社員です」

 

当然、正解はA1です。

日本語にしたら当たり前なことでも、普段慣れていない言語だと、

間違えてA4を選択してしまうかもしれませんね。

 

トイックの勉強ならフォルスクラブがオススメです。

上場企業の社員もフォルスクラブを使ってトイックの勉強に励んでいると思います。

フォルスクラブの特徴はいくつかありますが、トイックに関して言えることでしたら、

一番はレベルに合わせて勉強できる点でしょうか。

フォルスクラブには全部で3つのトイック用のアプリがあり、

それぞれの目標点に合わせてプレイすることが可能です。

 

460点、600点、730点、それぞれの点数を目指して勉強することが可能です。

上場企業の社員でも、その全員が英語のスペシャリストではありません。

むしろ、大学時代に英語に触れる機会は、論文を読むくらいではないでしょうか。

リーディングは出来ますが、

スピーキングとヒアリングが苦手な上場企業の社員はとても多いと思います。

きちんと英語で受け答えができるように、

フォルスクラブでしっかりと勉強したいところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です