フォルスクラブとマルチ商法の違いとは?

フォルスクラブとマルチ商法の違いとは?

By Jh7zxGSF 0 Comment 2019年4月30日

フォルスクラブはマルチ商法と言われているが、実際のところはどうなのか?

インターネットの掲示板にはフォルスクラブがマルチ商法であるという書き込みがあります。インターネットという技術が普及したことによって情報量が何千倍にもなっているそうです。情報量が何千倍にもなっていることは良いことばかりでもありません。1つあたりの情報の価値が下がっているとも言えます。さらに、1つ1つの情報が正確であるかどうかを確かめることが難しいという状況も問題です。膨大にある情報のすべてを、専門家が「これは正しい」「あれは間違っている」と選択していくことはほぼ不可能です。情報の量が増えたことで、情報の正確さにより気をつけなければならなくなっています。結論から先に言うと、フォルスクラブはマルチ商法ではありません。




実際のマルチ商法と比較してみるとどうなる?

実際のマルチ商法と比較してみると、フォルスクラブがマルチ商法ではないことがより明確になるでしょう。実際のマルチ商法では、最初になにかの商品やサービスがあります。まずは会社の営業マンなどがその商品・サービスをだれかに売ります。そして、商品・サービスの購入者が友達や知り合い・家族などにおすすめして、その商品・サービスをさらに普及させます。そのようにしてどんどん広がっていくわけですね。それだけならばなにも問題はないように思えますが、問題視されている部分があります。それは、友達や知り合い・家族などに商品・サービスを売ると、売った人に報酬が入るということです。この報酬は紹介料などと呼ばれることが多いですね。マルチ商法で問題となっているのが、この紹介料です。紹介料が欲しいために、誇大な宣伝をしたり、半ば強制的な手段を使って買わせたりする人が出てきます。




フォルスクラブでは紹介料は発生しない?

誇大な宣伝というのは「絶対に痩せる」「絶対にかわいくなる」といったものです。半ば強制的な手段というのは、上司が部下に対して「買わないと評価が下がる」と言って買わせたり、お金を貸している人が「借金の返済を待ってあげるからこの商品を買いなさい」と脅したりすることですね。完全に強制をしてしまうと犯罪になりそうですが、このように犯罪にはならないような半ば強制的な手段を使う人もいます。フォルスクラブでは紹介料が発生しないので、このような心配はありません。




情報の正確さに注意をしなければならない

インターネットが普及して情報量が一気に増えていますが、そのような時代の流れについていけていない人もいます。情報量が一気に増えたことで、新しい犯罪などが起きています。フォルスクラブでは昔は紹介料のようなものをとっていたという噂があります。しかし、現在はそのような仕組みはなく、マルチ商法になる心配はないわけですね。インターネット上にはフォルスクラブがマルチ商法であるという虚偽の書き込みをする人もいますが、そのような嘘に騙されないようにしてください。

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です