フォルスクラブほどの規模の会社なら上場企業なのか

こどもの教育に特化してイーランニング

フォルスクラブは幼児から受験生まで、特に子供の教育に特化しています。そのため、全国で多くの受講生がいるので会社の規模としても大きいです。自宅で出来る勉強を応援しているだけではなく、勉強の仕方がわかっていないで損をしている子供が多いので、その点からも教育に取り組んでいます。どうやって考えさせるのが良いのか、どう解いていくといいのかの、道筋からマスターできるように教材は作られています。その評判が高く口コミで始める方も多いのが特徴です。とは言っても、他にもイーランニングでこども達に教育を勧める会社は他にもあります。選ぶときには一番は教育の質ですが、会社自体の信用も気にする保護者の方も多いでしょう。そこでフォルスクラブは上場企業で経営もしっかりとしているのか気になる方も多いでしょう。フォルスクラブの企業としても紐解いてみましょう。

意外と硬い堅実な企業だった

フォルスクラブを運営しているのは、株式会社イー・ラーニング研究所という企業です。代表取締役は吉田智雄さんです。設立は意外にも古く2002年ですので、教育に携わって15年以上と実績もあります。設立当初から教育一筋で、初めは小中学生向けの教育教材からスタートしています。そこから高校生や幼児向けも開発してきました。会社設立からぶれずに、子供たちの自宅での教育の機会を増やすことを行ってきています。その姿勢は企業としての信念を感じます。パッと出の利益があるから始めたような会社ではなく、ずっと教育について取り組んできた堅実な姿勢がうかがえます。本社は大阪にあり後は東京支社もあります。今ではフォルスクラブでは動画を通してのツールの他に、学習アプリの開発も盛んに行っていて、どこでもいつでも勉強ができるように工夫しています。

株式会社と言っても非上場企業

フォルスクラブは法人名は株式会社イー・ラーニング研究所です。株式会社というからどこかに上場しているのかと思ってしまいますが、いまのところは上場していません。つまり株式会社ではありますが、公の市場に上場はしていませんし、上場予定があるということもありません。しかし、非上場企業でも全国規模の会社は世の中には多くあります。多くの人が知っているような認知度の高い企業でも、実は非上場であることはよくあります。株式会社イー・ラーニング研究所も同じで、経済状態に問題があるわけでもないですし、できない企業力ということでもありません。ただ、自分たちの目が行き届く範囲で運営したいという意向もありますし、特に支障がないので上場していないというだけです。フォルスクラブほどの規模の大きい事業展開をしているのに、非上場企業とはちょっと意外かもしれません。

安定した企業であることは間違いなし

フォルスクラブは規模も利用者も多く、事業展開も動画サービスから、ショールームをオープンさせたり、学習アプリを数多く出すなど発展が著しいです。利用者を利用したアンケートで教育の実態が見えることもあり、フォルスクラブの出した子供たちの教育に関するアンケートが、メディアに取り上げられて参考にされることもしばしばあります。また、取引銀行も大手の三井住友銀行や三菱UFJ銀行ですので、それだけの基盤と安定性があるとも言えます。上場はしていなくても、それだけでは測れない信頼と安定性、健全性があると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です