上場企業で頑張るならフォルスクラブで勉強しませんか

就職活動は企業の情報収集をするだけではありません。

その企業で働く上で必要な知識・スキルを身に付けることも重要です。

ちょっと極端ですが、医師になるには医師免許が必要です。

文系の大学3年生の段階で医師を目指そうとしても、

医師になるには医学部に入り直さないといけません。

これはかなり極端な例ですが、会社はそれぞれ求めているスキルがあるのです。

 

どこの企業も欲しがる能力でしたら、やはり英語能力でしょうか。

特に上場企業は割とグローバルに活躍していますので、

英語スキルはかなり必要だと言えます。

企業の中には、入社試験の際に英語能力を問う事もあるかもしれません。

SPIテストとは別に、独自に英語の問題を用意したり、

英語での面接を実施するかもしれません。

上場企業で働くなら、なるべく語学には秀でておきたいところです。

 

そこでフォルスクラブの出番です。

フォルスクラブには英語の教材がふんだんに収納されており、

フォルスクラブひとつでかなり英語力を上げることが出来ます。

スピーキングこそ鍛えられませんが、リーディング、ライティング、

ヒアリングはフォルスクラブで完璧に近い状態まで持っていけると思いますよ。

 

英語能力はそう簡単に鍛えられるものではありません。

スピーキング能力を鍛えるだけでも、最速でも3ヶ月掛かると言われています。

短期留学して、完全にすべて英語漬けの世界に身を置けば、

嫌でも英語を覚えてしまうものです。

もちろん、積極的に外に出て交流することが条件ですが、

言語は割と体当たりで覚えることが出来ますよ。

上場企業の社員たちもそうやって英語を習得しているかもしれません。

 

しかし、ビジネス関係に必要なスキルはそれだけでは足りません。

実際に必要なのは英語のライティング能力かもしれません。

英語のメールで相手と取引することが多く、

相手にきちんと読めるように書かないといけません。

toの位置を間違うだけで、正しく相手が仕事をしてくれないこともあるのです。

 

上場企業の社員も、自身の英語に不安を覚えている方はかなりいる筈です。

上場企業へ就活する前に、なるべくフォルスクラブで英語スキルを磨いてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です