フォルスクラブで仮想通貨の学習を高校生から始めよう

フォルスクラブで仮想通貨の学習を高校生から始めよう

By Jh7zxGSF 0 Comment 2020年7月16日

・金融リテラシー向上のためにもフォルスクラブを

小学校1~2学年のころは生活科という科目があります。さまざまな分野に対して知識を広げていくのが目的です。高校生くらいになると将来をイメージするようになり、なりたい自分像が決まってくるかもしれません。日本においては働くことは会社員になることだと認識している人が少なくないです。会社員や公務員になれば一生安泰で食べるのに困らないという価値観が長く続いていたためですが、現在はこうした価値観が崩れてきています。仮想通貨で稼ぐという生活スタイルもありで、それを高校生活で学ぶことは大きな財産でしょう。仮想通貨は漠然と悪いものと認識している人が多いですが、それは単なる思い込みにすぎません。高校のころからフォルスクラブで仮想通貨について学習できれば、金融リテラシーをもっと高められるでしょう。

・フォルスクラブはマイペースに参加できる

学校の勉強には大きな意味があり、ひとことで言えば知識で人生を豊かにしていくのです。一方で勉強ができれば必ずしもよい生活ができるという保証はありません。大人になって気づくことは、人生においてお金のウエイトが大きいことです。何をするにもお金がかかる現実に嫌気がさすという人は多いでしょうが、逆にいえばお金を稼げば思い通りの人生が手に入るのです。フォルスクラブは通信教育なので、自分のペースで学ぶことができます。投資は悪いものだと決めつけてしまうと、人生において大きな機会損失になります。悪いものと認識していれば、参加するうえでの障害になってしまうからです。フォルスクラブで仮想通貨の学習ができれば、投資で利益を得るという発想を養うことができるはずです。

・楽をしてお金を得るのは悪いことではない

日本では汗水を流して働くのが偉いという価値観がありますが、世界最大の経済大国であるアメリカでは大きく異なっています。効率よく稼ぐことが偉いという共通認識があり、例えば会社員より起業家のほうが尊敬されるのです。投資に対しても日本よりずっと積極的で、高校生で仮想通貨を始める子どもは少なくありません。日本はいまだに仮想通貨に対してネガティブな印象を持っている人が多いですが、その原因は無知からきています。フォルスクラブで投資に対する正しい知識を身につければ、仮想通貨に大きなチャンスがあることを認識できるでしょう。

・高校生の時から仮想通貨を学びたい理由

フォルスクラブなら自宅で好きなときに学習できます。通信教育のメリットは自分で調べて、考えるという習慣が身につくことです。フォルスクラブで高校から仮想通貨について学んでおけば、人生の選択肢を広められるでしょう。まずはビットコインなどの仮想通貨を身近に感じることが大切です。投資に負のイメージがある人は、手を出すと負けると考えているのかもしれません。確かにすべての人が勝つことはできませんが、勝てるノウハウを身につけている人は高確率で利益を出しています。投資スキルを上げるためには、高校生などの若い時期からフォルスクラブでコツコツと知識を構築するのが好ましいです。

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です