教育格差に対するイーラーニング研究所の想い

「すべての子ども達に教育を」

これはイーラーニング研究所の社長の言葉であり、企業理念でもあります。

社会が発展するには一人ひとりを大切にする必要があり、

そのためには切り捨てるのではなく、

底上げすることが大事だと、社長は考えています。

そして学力と言うものは本人の努力だけでは覆せないことが多いです。

今や大半の子どもは塾に通うのが当たり前ですが、

家庭の事情で塾に通えない子はたくさん居ます。

そうした教育格差を無くす思いから、イーラーニング研究所は様々な事業に着手し、

子供を平等に教育できる環境を生み出そうと努めているのです。

 

eラーニングは非常に安価に学べる教育として注目されています。

塾や家庭教師と違って、直接人を介さずに済みますので、

人件費のコストカットを見込めます。

また書籍と違い、eラーニングは情報を伝達するコストも安価です。

木材資源を節約することに繋がりますし、

何より情報更新のたびに増版する必要もありません。

データを管理しているサーバーを更新するだけで事足ります。

使用者が支払うコストは、電気代と通信費くらいではないでしょうか。

さらにeラーニングは時間と場所を選ばない勉強法として高い人気を誇ります。

イーラーニング研究所が提供しているeラーニングにはスマホ対応のものがあり、

電車の中や喫茶店でも悠々自適に勉強することが可能です。

イヤホンをすれば、音も流せますよ。

 

日本は教育が行き届いている国として有名ですが、

それでも教育格差は存在しています。

そもそも、大学の学費はかなり高いです。

世界を見比べても、かなり高額と言えます。

そして、大抵の企業は「大卒」しか雇っていません。

高卒を門前払いしている企業はとても多いです。

だからこそ、教育格差を無くそうと、

イーラーニング研究所は様々な活動を通じて支援を続けているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です