ねずみ」タグアーカイブ

フォルスクラブとネズミ講の違いについて

【ネズミ講とマルチビジネスの違いについて】
一般的にネズミ講とマルチビジネスは同じようなものと考えられています。いずれも会員を勧誘することでバックマージンをもらえるという点では同じです。しかし両者には大きな違いが存在します。まずネズミ講は違法ですが、マルチビジネスは違法ではありません。マルチビジネスは商品を効率的に販売する手法です。ネズミ講は商品ではなく会員となる権利だけが重要になります。日本国内でネズミ講は違法とされていますが、マルチビジネスは商品を販売する1つの方法として認められています。確かにマルチビジネスでも会員を勧誘するかもしれません。しかしネズミ講のようにバックマージンを主な目的とするわけではありません。魅力的な商品を効率的に販売することが主な目的となります。

 
【マルチビジネスの手法を活用した新しいビジネス】
フォルスクラブはインターネットなどの情報技術を駆使して、様々な教育コンテンツを提供しています。会員にはスタンダードメンバーの他にプレミアムメンバーが存在します。プレミアムメンバーになるには他のプレミアムメンバーからの推薦が必要となります。誰でもすぐにプレミアム会員になれるわけではありません。スタンダードメンバーはフォルスクラブのホームページから登録することができます。フォルスクラブの会員の多くは一般会員で、様々な教育コンテンツを利用しています。プレミアムメンバーは他の会員を勧誘することでバックマージンをもらうことができます。しかしフォルスクラブがマルチビジネスと同様の手法を採り入れているのは、あくまで商品の販売が目的です。ネズミ講のように会員になる権利とバックマージンだけが目的となるわけではありません。

 
【効率的な教育を提供するフォルスクラブ】
フォルスクラブはインターネットなどの情報技術を活用して効率的な教育を行っています。提供されるコンテンツは様々です。家族全員で利用できるという特徴があります。教育環境は地域によって格差があります。フォルスクラブが提供するサービスは、教育環境の地域間格差を解消します。日本中どこに居住していても、高度な教育を受けることができます。

 
【多くの人々が利用するフォルスクラブの魅力とは】
フォルスクラブは確かにマルチビジネスの手法を採用していますが、ネズミ講とは異なり合法な活動です。あくまで魅力的な商品を販売するための1つの方法に過ぎません。フォルスクラブのサービスは時間や場所を問わずに高度な教育コンテンツを利用できるという点に魅力があります。日本国内には東京や大阪など恵まれた教育環境を持つ地域が存在します。一方で地方都市の場合には、満足な教育環境が整わない場合もあります。インターネットなど最新の情報技術を活用すれば、教育環境の地域間格差を解消することができます。フォルスクラブのサービスは日本の教育のあり方を根底から変えるものです。多くのユーザーがフォルスクラブが提供するコンテンツを利用して学習を行っています。

 

 

ネズミ講ではないフォルスクラブは新たな教育の開拓者

●フォルスクラブを巡るネズミ講との噂の真偽についての考察
eラーニングを各種の端末で提供しているフォルスクラブについて、ネズミ講を行っているのでは、との真偽の定かでなく噂が流れています。その真偽の程を検証してみましょう。そもそもネズミ講(無限連鎖講)とは出資金を媒介として親会員が子会員を勧誘すると、一部が子会員に報酬として支払われると言うシステムになっています。ネズミ算式に会員が増加するので、やがて事実上も理論上も勧誘をすることが出来なくなり破綻することになります。一部の幹部会員以外はすべて損をするので法律上も禁止されています。しかしフォルスクラブでは商材の販売を介しているので、実態は売買にほかなりません。ネズミ講は商品が介在せず、子会員を永続的に増やさない限り破綻が不可避であるのに対し、フォルスクラブでは商品を売買し、報酬として一部が会員に支払われると言うだけの話です。実態のあるビジネスなので存続するのは当然で、なんら法的に問題はありません。

 
●ネズミ講ではない、フォルスクラブは何をしている会社なのか?
フォルスクラブは主に教育サービスを提供している会社です。従来のひとりの講師を前に一堂に介して行う座学型のスタイルや、書類や教科書のやり取りが中心だった通信教育でもない、インターネットを利用したeラーニングというスタイルの学習方法を展開しています。この方法のメリットはコンテンツにアクセスできる環境であれば24時間365日、いつでも好きなときに学習の機会を得ることが出来る点にあります。この方法のメリットは地方在住者でも、都市圏の設備も人材も揃った塾や学校に通う必要もなく、教育の機会の均等を実現することが出来る点にもあります。

 
●ネズミ講ではない、フォルスクラブの収益モデルはどのようなものか?
フォルスクラブがネズミ講ではないのは、実態を伴う事業を展開していることから明らかになったと言えるでしょう。つまりフォルスクラブの収益モデルは、eラーニングを中心にしたコンテンツ利用の対価が収益の源泉になっています。しかし人気が無ければ収益に繋がりません。会員数を急速に伸ばしている事実からして、そのコンテンツ内容が高い人気を得ていることが分かります。そのコンテンツの内容はバラエティに富んでおり、中高生の受験対策から社会人などがキャリアアップの為の各種資格取得講座など幅広い年代での利用が可能になっています。

 
●ネズミ講ではないフォルスクラブの魅力はリーズナブルな利用料金
ネズミ講に間違えられるほどの人気を、フォルスクラブを得ているのには利用料金の安さにあります。入会金1万円と月当たり6000円の利用料金を支払えば、家族5人までが誰でもコンテンツの視聴を行うことが出来るのです。従来型の教育方法の相場に照らしても相当リーズナブルと言えます。コンテンツ自体の品質の高さの割には割安な利用料金も高い人気の秘密です。

 

ネズミ男おすすめのフォルスクラブで様々な資格の勉強

【ネズミ男おすすめのフォルスクラブとは】
ネズミ男もおすすめするフォルスクラブとは、インターネットなど最新の情報技術を活用して様々な学習コンテンツを提供するサービスです。情報技術を活用した学習形態のことを一般的にeラーニングと呼びます。フォルスクラブでは様々な学習コンテンツを提供しており、家族全員で効率的な学習ができます。例えば高校生向けの大学受験講座や、ネズミ男もおすすめする資格試験講座などがあります。幼児向けの音感教育や手話講座などもあり、利用者は興味のある分野の知識を学ぶことができます。ネズミ男もおすすめするフォルスクラブには一般会員とプレミアム会員があります。プレミアム会員になるには、他のプレミアム会員からの推薦が必要です。フォルスクラブには、プレミアム会員が新たな加入者を獲得すると報酬が支払われる仕組みがあります。学習コンテンツを利用するだけならば、一般会員でも十分です。ホームページから誰でも簡単に登録することができます。

 

【フォルスクラブのビジネスモデル】
ネズミ男もおすすめするフォルスクラブでは一般会員とプレミアム会員がありますが、基本的なビジネスモデルはeラーニングによる学習コンテンツの提供です。プレミアム会員には新たな会員を勧誘する権利があり、加入者が増えるごとに報酬が支払われます。ただしプレミアム会員になるには、他のプレミアム会員からの推薦が必要です。一般会員であれば、ホームページから登録することができます。ネズミ男もおすすめするフォルスクラブの一般会員になると、様々な学習コンテンツを利用できます。入会金は税抜き1万円で、月額利用料金は税抜き6千円とされます。1契約で5名まで利用できるので、家族全員で様々なコンテンツを利用可能です。フォルスクラブには様々な学習コンテンツがあります。高校生向けのeラーニング講座は、開発者全員が国内でも最難関の国立大学出身者です。全国の教科書にも対応しており、授業の予習と復習を効率的に行なうことができます。その他にも様々なコンテンツがあります。パソコンやスマートフォン、タブレットを使用して学習することができます。

 

【時間や場所を問わず学習ができます】
東京や大阪のような大都市には恵まれた学習環境があります。有名大学や予備校、大型書店などが多いのが大都市の特徴です。身近な場所に有名大学があれば、大学生活を具体的にイメージしやすくなります。そのため難関大学の受験に対するモチベーションを維持しやすいというメリットが存在します。一方地方都市では満足な学習環境が整わない場合があります。東京や大阪とは異なり、有名大学への進学は自分とは関係のないことと考えがちです。情報技術を活用してeラーニングを行なうと、場所による格差をなくすことができます。時間や場所を問わず、高水準な教育を受けることが可能となります。

 

【教育に変革をもたらすネズミ男もおすすめのフォルスクラブ】
ネズミ男もおすすめするフォルスクラブは、eラーニングにより教育のあり方に大きな変革をもたらしました。eラーニングを行えば時間や場所を問わず学習ができます。現在では多くの利用者が、インターネットを活用して様々な知識の学習を行なっています。

 

ネズミ男おすすめのフォルスクラブで手話を学ぶ

【ネズミ男もおすすめするフォルスクラブの手話講座】
ネズミ男もおすすめするフォルスクラブでは、情報技術を活用して様々な学習コンテンツを提供しています。手話講座では練習からテストまで全てを動画で受講できます。実践的な手話を画面の前で簡単に学ぶことができるのでおすすめです。左右反転した相手手話モードや字幕のオン・オフ機能を利用できるので、自分の理解レベルに合わせて動画を切り替え効率的に学習できます。ネズミ男もおすすめするフォルスクラブの手話講座では技能検定6級と7級にも対応しています。動画の配信だけでなく検定試験にも対応しているため、習熟度を知ることができます。

 

【人生を豊かにするeラーニング】
eラーニングはインターネットなどの情報技術を活用して行なう学習形態のことです。ネズミ男もおすすめするフォルスクラブでは、手話講座以外にも様々な知識をeラーニングで学ぶことができます。例えば幼児向けの音感教育システムや小学生向けの英語アプリ、高校生を対象としたeラーニング講座などがあります。特に高校生向けのeラーニング講座は、システムを開発したスタッフの全員が国内最難関の国立大学出身者です。全国の都道府県教育委員会でも注目されており、学校教育教材の一部としても採用されています。日本全国で使用されている教科書に対応しているため、授業と予習と復習を効率的に行なうことができます。その他にも大学入学試験対策講座や、資格試験対策講座などがあります。ネズミ男もおすすめするフォルスクラブのサービスを活用すれば、人生をより豊かなものに変えることができます。

 

【ネズミ男おすすめのフォルスクラブとは】
ネズミ男もおすすめのフォルスクラブには一般会員とプレミアム会員があります。一般会員になるには、プレミアム会員から勧誘を受ける方法とホームページから登録する方法が存在します。プレミアム会員になるには、他のプレミアム会員からの推薦が必要です。一般会員であれば誰でも簡単に登録することができます。プレミアム会員になると、新たな加入者を得た場合に報酬をもらうことが可能です。ネズミ男もおすすめするフォルスクラブの学習コンテンツを利用するには、まず一般会員になる必要があります。

 

【フォルスクラブの魅力】
フォルスクラブの一般会員になると、1契約で5名までサービスを利用できます。家族全員で様々な学習コンテンツを利用できる点がフォルスクラブの魅力です。入会金と月額利用料金は税抜きでそれぞれ1万円、6千円とされます。リーズナブルな価格で様々な学習コンテンツを自由に利用できます。パソコンやスマートフォン、タブレットを使用して時間や場所を問わずに学習できる点もフォルスクラブの魅力です。日本国内には大都市周辺と地方都市の間で学習環境に格差が存在しますが、eラーニングは地域間の格差を解消します。日本中どこにいても、高水準な学習コンテンツを利用できます。

英語の勉強にはフォルスクラブがネズミ男のおすすめ

【フォルスクラブならいつでもどこでも勉強できる】

勉強したいという意欲はあるけれど、忙しくてなかなか実行に移せないと言う人には、フォルスクラブがネズミ男のおすすめです。私ネズミ男自身もそうなのですが、大人になってからどこかのスクールに通おうと思うと、仕事や家のことなど色々とやらなければいけないことが多くて、諦めようと言う気になってしまいがちです。しかし、現在はインターネットがとても進歩してきていますし、また多くの人がスマホを持っているでしょうから、それらを勉強に活用すると言う選択肢があるのです。そういった世の中の流れや需要の高まりを受けて、インターネットを利用した勉強法を提供する会社は色々と誕生していますが、その中でもネズミ男の心に特に響いたのがフォルスクラブでした。フォルスクラブならスマホやタブレットなどを使うことで、いつでもどこでも勉強できる、つまり仕事の空き時間や移動時間などを上手く使って自分を成長させるができるからです。

 

【これからの時代は英語が重要】

ネズミ男が今何を勉強したいかを考えた時に、真っ先に思い浮かんだのが英語でした。仕事上でも英語がある程度分かった方が良いのは当然のことですし、また趣味で海外の映画を見る時に、英語が分かればもっと楽しめるのにと思ったことが何度もあったからです。また国際化が進むこれからの日本で生きて行くためには、英語が重要な意味を持ってくるでしょう。そしてありがたいことに、フォルスクラブはネズミ男の希望にピッタリの、英語を効果的に勉強できるコースがいくつも用意されているのです。

 

【フォルスクラブなら英語に慣れていない人でも安心】

ネズミ男が英語を勉強したのは学生時代のことなので、今から十年以上も前のことになります。そのためあまり英語に慣れていない状態から勉強をスタートさせることになるのですが、そういった人にこそフォルスクラブは適しています。例えばモンスターを集めながら英語に慣れ親しめると言った、お子さんが楽しみながら勉強できるコースも用意されているので、英語がすごく苦手だと言う人にもおすすめできます。ネズミ男は多少は英語を勉強した経験があるので、恋愛ゲーム感覚で勉強できるコースが面白そうなのでやってみたいという気になりました。

 

【フォルスクラブなら英語の勉強が嫌にならない】

英語を勉強する上で障害となってしまいがちなのが、単調なことの繰り返しで飽きてしまうことです。実はネズミ男もそれほど我慢強い方のタイプではないので、最初の頃はフォルスクラブでの勉強も長続きしないのではないかと言う心配もありました。しかし、そういった心配は全く無用だったことにすぐ気付いたのです。目で字を追うだけ、または耳で声を聞くだけといった勉強法では単調で嫌になってしまったり、集中力が長続きしなかったりする場合がありますが、フォルスクラブなら映像を見ながら耳で聞くと言う勉強法ができるので、飽きにくいだけではなく効果的だと感じました。

ねずみ小僧も注目しているフォルスクラブは使いたい放題

eラーニングの教育コンテンツを提供しているサービスは、
配信されているコンテンツだけでなく料金体系も会社ごとに異なってきます。
月額料金内で配信しているコンテンツが全て使い放題という会社があれば、
コンテンツ売り切りで1回購入すればあとは月額料金無しで使い放題
という企業もあります。
それぞれに利点はありますが、お得なのは月額料金で全てのコンテンツが
使い放題ではないでしょうか?
お目当てのコンテンツだけ欲しいというのであれば、
コンテンツ売り切りに利点がありますが
しばらく経って別のコンテンツも利用したいということを考えると
月額料金で使い放題というのが経済的にはお得になります。

 

定額制のものの多くが、ひと月単位で利用料を支払うものになります。
31日に使用開始すると、わずか1日しか使っていないにも関わらず
1ヶ月分の料金を取られてしまいます。
(会社によっては日割りで請求する所もあります)
逆に1日からスタートできれば、31日分丸々使えることを意味します。
スマホアプリの解約は月末に多く、
登録は月初に多いのはこういう制度の影響が強いと言えます。

 

ねずみ小僧も注目しているフォルスクラブは
月々の使用料を支払うタイプです。
登録した月こそ無料で利用でき、支払う分は翌月からになりますが、
やはりなるべく月初で登録したいところです。
しかし、この登録がなかなか曲者です。
登録ボタンを本人が押しただけでは完了にならず、
フォルスクラブを運営する株式会社イー・ラーニングが
「決済完了」のメールを通知した日から有効となります。
4月1日に登録メールを送っても、
決済完了のメールが来るのに数日掛かるかもしれません。
登録解除こそ当日に対応可能ですが、
クレジットカードを確認するにはそれなりに時間が掛かります。
口座振替の郵送でも、書類が届くのに3日から一週間かかります。

 

4月の頭から始めたいと思って、
3月30日に書類を株式会社イー・ラーニングに送ったら、
31日の夜の6時に「決済完了」のメールが届くこともあるかもしれません。
登録完了の日を予測するのは、なかなか難しいと言えます。
なお、クレジットカードと口座振替では
初回に払う金額が異なるのでご注意ください。
クレジットカードだと1ヶ月分支払うことになりますが、
口座振替は2ヶ月分を最初に払うことになります。

 

一度でも登録すれば、
ねずみ小僧も注目しているフォルスクラブは毎日使いたい放題です。
スマホのように、20GBを超えると通信速度が遅くなると言うこともありません。
家族全員が使えて月額6480円という安さも、
ねずみ小僧も注目しているフォルスクラブは評判になっています。
ねずみ小僧も注目しているフォルスクラブ以外にも
あらゆる通信教材がありますが、
フォルスクラブのように家族全員が使えるものは早々無いと思います。
ねずみ小僧も注目しているフォルスクラブをより長く使うために是非、
月初に登録できるよう応募してください。

多様性のあるねずみをフォルスクラブで研究したい

ねずみの多様性はとてつもなく大きいです。
1800種類いると言えばその強大さが分かるでしょうか。
と言っても日本に生息しているねずみはほんの僅か。
アカ、ヒメ、ハツカ、クマ、ドブくらいでしょう。

 

もしもフォルスクラブでねずみの研究が出来るとしたら、
どういったコンテンツになるでしょうか?
幼児向け音感育脳システムみたいに、
音楽ゲームのような感じでねずみの生態を学べるのでしょうか?
ヴィヴァルディをはじめとする有名な音楽家の
歴史を学べるのがフォルスクラブの強みであり、
それと同様にねずみの歴史も学べたら楽しそうです。

 

もしくはイグモンみたいなRPGで学ぶのも面白いかも。
フォルスクラブのイグモンは1000個の英単語を学べます。
それと同様にこのねずみを1800種類モンスターとして
登場させるのはいかがでしょうか。
倒したモンスターをコレクションするのも楽しそうです。
でも日本産はあんまり可愛くないので、
ジャンガリアンハムスターやゴールデンハムスターあたりを集めたいところです。
「この鳴き声のハムスターはだ~れだ?」という問題も良いかもしれませんね。

 

恋の英会話はどうなるでしょうか。
ハム太郎の大冒険みたいな感じのストーリーになるのでしょうか。
恋の英会話は英語を学ぶものですが、
それのねずみ版がどうなるのか何ひとつ想像できません。
齧歯目語なんてありませんよね?
素直にハムスターの生態をノベル形式で紹介するだけで終わるかも。

 

フォルスクラブのサポートサービスは日常のトラブルを解決してくれます。
個人のお悩みも専門家がアドバイスしてくれます。
食生活の問題や育児の相談も可能。
ということはハムスターの相談も出来るかも。
「ウォーターサーバーの水はハムスターに上げても大丈夫ですか?」
といった相談が出来るかもしれません。
ちなみにペット専用のミネラルウォーターというのがありますので、
出来るだけそういったものを上げるようにしましょう。
あと「屋根裏のねずみが五月蠅くて眠れないの」といった相談も
フォルスクラブにすることが出来るかもしれませんね。

フォルスクラブでねずみ算を学ぶ

小学校の時に、色々な算数の数式を学ぶと思います。
筆者はドラえもんの教材で、色々な算数を学びました。
そのうちのひとつにねずみ算というのがあります。
ドラえもんの弱点でもあり、なかなか興味深かったです。

フォルスクラブでもねずみ算を元にした数式を学ぶことになると思います。
数列あたりの授業で出てくるのではないでしょうか?
専門用語としては、等比数列と呼ばれると思われます。

ねずみ算の特徴は倍々ゲームです。
累乗とも言います。
2匹のつがいのねずみは10日ごとに2匹ずつ出産し、
100日後には何匹になっているか、といった問題が出題されるでしょう。
実際にはちょうど雄雌で均等になることはありませんが、
単純に数字上で考えるならば、2の10乗ということになります。
100日後には1000匹を超えることになります。
難しい問題になると、7の累乗のような問題になるかもしれませんね。

あらゆる数学の数式の中で、ねずみ算の利用頻度はそれなりに高いでしょう。
四則演算ほどではありませんが、三角関数よりかは利用頻度は高いでしょう。
フォルスクラブで学ぶ数列の問題でも、
ねずみ算はフィボナッチ数列よりかは出題される機会が多いと思われます。
幾何数列はそれだけシンプルで使われやすい数式なのです。

一般的なねずみ算はプラスのものが多いです。
しかしフォルスクラブで学ぶ数列はマイナスに進むこともあります。
8分の1、16分の1、32分の1のように減っていくケースもあるのです。
これもまた等比数列になります。
色々なパターンのねずみ算を知っておかないと、
本番のテストで困ってしまうかもしれませんよ。

数学は非常に難解です。
特に文章問題は国語力も求められます。
数式が分かれば答えるのは楽ですが、理解力を求める問題だと、
どの数式を使えばいいかすら分からなくなるかもしれません。
ねずみ算は最も簡単な部類に入る数式ですが、
テストでは超幾何級数やマルサスモデル、
漸化式が必要になるかもしれませんよ。
フォルスクラブでしっかりと勉強しましょう。