マルチ商品」タグアーカイブ

eラーニング研究所がマルチ商品と誤解されてしまう理由は

●eラーニング研究所はマルチ商品という評判を目にしたから
eラーニング研究所がマルチ商品と誤解されてしまう大きな原因の一つに、eラーニング研究所はマルチ商品だと電子掲示板などで目にすることがあるというものがあります。
もちろん、eラーニング研究所はマルチ商品ではないのですが、人間はいい情報よりも悪い情報の方を信用しやすいものですし、匿名の電子掲示板は匿名だからこそ書くことができる真実が書かれていることがあるので、悪い情報ほど信じてしまいがちです。
人間は誰もが損をしたくないわけですから、いい情報を信じるよりも悪い情報を信じてリスクを避けようとして、結果的に悪い評判を鵜呑みにしてしまいeラーニング研究所はマルチ商品と勘違いしてしまう人がでてくるのです。

 

●噂が噂を呼ぶことに
eラーニング研究所がマルチ商品だという評判を目にすれば、その真実を確かめることなく更に噂としてデマが広がってしまうことはよくある話です。
特にインターネット上ではその傾向が大きく、一度張られてしまったレッテルは簡単にはらうことができずに噂が噂を呼んでマルチ商品というデマがまるで事実のように語られてしまい、その結果としてeラーニング研究所は怪しいものだと認識されてしまっています。
じっくりと自分で情報の真偽を確認すれば避けられることですが、興味のない人からすればそこまでする手間を掛けるようなものでもありませんから、一度広まった悪い噂を収束させるのは容易なことではありません。

 

●名前から誤解をしている
eラーニング研究所という名前は文字通りeラーニングを研究するところから来ているのですが、このような名称からマルチ商品まがいのものなのではないかと誤解する人は少なくありません。
実際に研究所の名前を冠してマルチ商品を売りつける業者といったものは珍しくないだけに、名前からして怪しいと決めつけてしまって勝手に誤解をしている人は多いものです。
eラーニング研究所自体の問題ではありませんが、現実的には名前だけ見て勝手に想像をして変に誤解をしてしまうという人は一定数でてくるものです。

 

●eラーニング研究所の正しい情報自体が少ない
eラーニング研究所がマルチ商品と誤解されてしまう大きな理由として、そもそもeラーニング研究所の正しい情報があまり多くないという点にあります。
誰もが利用をしているというものでもありませんし、メディアで取り上げられて知名度が高いわけでもないので、多くの人からすればこれは一体どのようなものなのだろうかと判別がつかない状態です。
そこで、正しい情報を入手することができれば誤解も解けるのですが、正しい情報自体が少なくそれに加えて間違った情報が氾濫しているので、多くの人がeラーニング研究所がどのようなものか理解をすることができません。
結果的に間違った情報しか手に入れることができないため、eラーニング研究所はマルチ商品であると誤解を生んでしまうのです。

eラーニング研究所はマルチ商品と全くの無関係

●マルチ商品と思われているeラーニング研究所
eラーニング研究所はマルチ商品と勘違いされているところがありますが、全くの無関係です。
eラーニング研究所は名前そのままに、eラーニングを研究していて現代では無くてはならないインターネットをどのようにして学習に役立てることができるかを日々研究しています。
その研究の成果をeラーニングのサービスとして提供をしていますが、そこにマルチ商品の要素は全く無いためマルチ商品と思われたり呼ばれたりするのは全くの事実無根だといえます。
インターネットを利用する多くの人は真偽を確認せずに噂だけで、判断してしまう部分がありeラーニング研究所がマルチ商品という噂が広まったことで勘違いの原因のひとつになっています。

 

●聞き流すだけで学習できるのが特徴
eラーニング研究所の提供している教材は、聞き流すことで高い学習効果を得られるものであるため、誰でも簡単に学力を高めることができます。
もちろん、この教材はマルチ商品でも何でもなく、eラーニングをしたいと考えている人が自ら選んで利用をするものであり、誰かに強制されたりまた誰かに進めるようなものではありません。
ただし、実際に利用をした人の評価は高いものがあり、誰かに勧めたいと感じた人も大勢いるだけにそれが原因でマルチ商品と関係しているのではと誤解されている部分があります。

 

●eラーニング研究所は無料でお試しができる
eラーニング研究所の教材は事前にお試しをしてから、実際にお金を出して学習をしていくかどうか決めることができます。
合わないと思えばそこでやめても問題ありませんし、良さそうだと感じた時にはお金を払って実際に学習をしていくことになります。
ここにもマルチ商品の要素は一切なく、一般的な学習教材の無料体験と何ら変わりのないものだということがわかります。
eラーニング研究所自体はまったくもってマルチ商品とは無関係なのですが、似たような名前サービスでマルチ商品を扱っている業者によって勘違いしている人がいるとは考えられます。

 

●気軽に学習ができるのが魅力
eラーニング研究所の教材を使ったからと言って、すぐに才能が身につくわけではありません。
一定の継続が必要であるため本人の努力なしにはマルチな才能を得ることはできないのです。
しかし、継続さえしていれば才能を身につけるのは決して難しいことではななく、eラーニング研究所の優れた教材を使用すれば才能を得ることができます。
その継続もなしに一度や二度聞き流して効果が無かったと感じている人がいることもまた事実であり、そのような人からすればマルチ商品に騙されてしまったと思ってしまうのも無理は無いといえます。
eラーニング研究所は確かな効果を期待することはできますが、継続が重要でありその点はしっかりと認識をしなければなりません。
学習の手助けをしてくれることは間違いありませんが、努力もなしに才能が身につくものでもないのです。

eラーニング研究所がマルチ商品を取り扱わない理由とは

【eラーニング研究所とはどのような団体なのか】

eラーニング研究所は、家庭向けeラーニング事業を展開する団体です。家庭向けeラーニングサービスのブランドである『フォルスクラブ』を通じて、eラーニングを広げ豊かな社会形成に貢献することを目的としてつくられました。
e-ラーニングを簡単に書くと、インターネットを利用した学習形態のことです。インターネットを活用した教育研修を受ける事によって、自宅に居ながらにして様々な科目を学ぶことができ資格取得にも役立つことが可能であるため人気があります。ただ、e-ラーニング研究所を知らない人にとってはマルチ商品を売る団体ではないかと心配する人も中にはいます。

 

【eラーニング研究所はマルチ商品を取り扱っているのか】

結論を書くと、eラーニング研究所ではマルチ商品は一切取り扱っていません。ですので、安心してインターネットを通じて様々な教育を学ぶことができるためマルチ商品を取り扱っている企業とは違っています。
マルチ商品を取り扱っている企業の場合は、ホームページ上でもサイトは存在するものの商品そのものが出回っていないために問題視されやすいです。一方、eラーニング研究所の場合はインターネット教育を行っており、きちんとサービスが可視化されているため安心です。

 

【eラーニング研究所がマルチ商品を取り扱わない理由】

e-ラーニング研究所がマルチ商品を取り扱わない理由としては、ひと言で書くと信頼性を高めて誰にとっても生きた授業などを受けることができることを目的としている点です。信頼性を揺るがせやすいねずみ講などは一切eラーニング研究所では行っていません。
実際の学習の現場においても学習教材そのものをサーバー上に保存するシステムが確立しており、そこを通じて直接学習者のコンピューターに配信することにより、CD-ROMなどのメディアを配布するコストをおさえつつもしっかりとした授業を受けることができるため実績が違います。

 

【れっきとした会社組織があるという強み】

こうしたマルチ商品を取り扱う企業においては、自分の利益しか見ていない場合が多いです。しかし、eラーニング研究所はちがっており会社組織がきちんとしていることがいえます。さらには、社会貢献活動にも積極的に行っているため安定感がそもそも違っています。
最近ではパソコンだけではなく、タブレットなども開発しておりそこを通じていつでも授業を受けることが可能です。利用までの流れは、会員登録フォームの入力を行って支払方法を選択したら登録が完了した後に、メールもしくは郵送にてIDをお知らせする仕組みとなっていますので、そのidを入力すれば利用開始ができます。
料金体系についても、明瞭会計となっており家族みんなで使えるスタンダードプランでは入会金1万円・月額利用料金6千円でフォルスクラブの全てのサービスを利用することができます。5人家族までならば、IDやパスワードを独自に発行することができる点が便利です。