上場」タグアーカイブ

フォルスクラブほどの規模の会社なら上場企業なのか

こどもの教育に特化してイーランニング

フォルスクラブは幼児から受験生まで、特に子供の教育に特化しています。そのため、全国で多くの受講生がいるので会社の規模としても大きいです。自宅で出来る勉強を応援しているだけではなく、勉強の仕方がわかっていないで損をしている子供が多いので、その点からも教育に取り組んでいます。どうやって考えさせるのが良いのか、どう解いていくといいのかの、道筋からマスターできるように教材は作られています。その評判が高く口コミで始める方も多いのが特徴です。とは言っても、他にもイーランニングでこども達に教育を勧める会社は他にもあります。選ぶときには一番は教育の質ですが、会社自体の信用も気にする保護者の方も多いでしょう。そこでフォルスクラブは上場企業で経営もしっかりとしているのか気になる方も多いでしょう。フォルスクラブの企業としても紐解いてみましょう。

意外と硬い堅実な企業だった

フォルスクラブを運営しているのは、株式会社イー・ラーニング研究所という企業です。代表取締役は吉田智雄さんです。設立は意外にも古く2002年ですので、教育に携わって15年以上と実績もあります。設立当初から教育一筋で、初めは小中学生向けの教育教材からスタートしています。そこから高校生や幼児向けも開発してきました。会社設立からぶれずに、子供たちの自宅での教育の機会を増やすことを行ってきています。その姿勢は企業としての信念を感じます。パッと出の利益があるから始めたような会社ではなく、ずっと教育について取り組んできた堅実な姿勢がうかがえます。本社は大阪にあり後は東京支社もあります。今ではフォルスクラブでは動画を通してのツールの他に、学習アプリの開発も盛んに行っていて、どこでもいつでも勉強ができるように工夫しています。

株式会社と言っても非上場企業

フォルスクラブは法人名は株式会社イー・ラーニング研究所です。株式会社というからどこかに上場しているのかと思ってしまいますが、いまのところは上場していません。つまり株式会社ではありますが、公の市場に上場はしていませんし、上場予定があるということもありません。しかし、非上場企業でも全国規模の会社は世の中には多くあります。多くの人が知っているような認知度の高い企業でも、実は非上場であることはよくあります。株式会社イー・ラーニング研究所も同じで、経済状態に問題があるわけでもないですし、できない企業力ということでもありません。ただ、自分たちの目が行き届く範囲で運営したいという意向もありますし、特に支障がないので上場していないというだけです。フォルスクラブほどの規模の大きい事業展開をしているのに、非上場企業とはちょっと意外かもしれません。

安定した企業であることは間違いなし

フォルスクラブは規模も利用者も多く、事業展開も動画サービスから、ショールームをオープンさせたり、学習アプリを数多く出すなど発展が著しいです。利用者を利用したアンケートで教育の実態が見えることもあり、フォルスクラブの出した子供たちの教育に関するアンケートが、メディアに取り上げられて参考にされることもしばしばあります。また、取引銀行も大手の三井住友銀行や三菱UFJ銀行ですので、それだけの基盤と安定性があるとも言えます。上場はしていなくても、それだけでは測れない信頼と安定性、健全性があると言えます。

フォルスクラブを作る会社が上場しない理由

●上場をすることによるメリットが少ない

フォルスクラブを作る会社が上場しないと考えられる理由の一つが、上場によるメリットが薄いという点にあります。
上場のメリットは社会的な信用が高まったり資金調達がしやすくなると言ったものがありますが、これが今フォルスクラブを作る会社に必要かと言われると必要ではないためです。
社会的な信用を得られたり資金調達がしやすいのは悪いことではありませんが、そのためだけに手間ひまをかけて上場の手続きを進めていくのであれば、今現在のまま経営をしても何ら問題はありません。
上場は絶対にしなければならないものではありませんし、企業をしたら必ず目指すものでもないのでフォルスクラブが上場をしなくてもおかしな話ではないのです。

●上場のための手続きを進めていくのが大変

上場をするとなれば、様々な手続きをしていかなければなりませんから、本業に差し支えてしまうこともあります。
それに見合ったメリットが得られるのであれば、手続きを進めていく価値はありますが、そうでないのであればわざわざそのようなことをする必要がありません。
また、手続きが負担になるようでは時期尚早ということになりますから、今すぐにと言う話でもないため、現状ではフォルスクラブを作っている会社が株式市場に進出をするために余計なリソースを割くことはないでしょう。
将来的にどうなるかはわからないにしても、現状では手続きの負担のほうが大きいと考えられます。

●自由な経営ができなくなる

フォルスクラブが作る会社が上場をしない理由として、自由な経営ができなくなるというものもあります。
一旦、株式市場に株式が公開されて誰でも株を買うことができるようになれば、経営方針に口を挟んでくる株主も増えてきます。
すべての株主がフォルスクラブを作る会社の事業内容に共感を持って投資をしているとは限らず、短期的に利益を求める株主が出てきてもおかしくありません。
株式会社は株主のものとされているだけに、株式市場で自由に売買ができる以上経営方針にそぐわない意見にも耳を傾けなければならなくなってしまいます。
フォルスクラブの意義を考えると、自由な経営ができないというのは好ましいものではなく、上場するメリットが少ないと考えられます。

●買収のリスクも高まってしまう

株式市場に公開をすれば、誰でも自由に株を買うことができるので、株の買い占めもしやすくなります。
上場していないのであれば、株主に直接交渉をして売買するよりほかなく売りたくない相手には売らずに済みますから、買収リスクはさほど大きくなりません。
ところが上場をしてしまえば、買ってほしくない相手でもお金があれば自由に買うことができるので、買収の意思があるものに株を買い集められてしまう可能性が出てきます。
この場合も自由に経営ができなくなってしまいますし、新しい買い手の意思次第ではフォルスクラブの先行きも不透明になってしまうので、買収リスクを考えても上場をしないほうが良いということになるのです。

フォルスクラブを作る会社が上場の可能性は十分に有

【上場の可能性は否定できない】

フォルスクラブを作る会社が上場するかどうかについては、はっきりと言えるものはありませんが、可能性に関して言えば十分にあり得ると言えるでしょう。
現状では上場する気がなくても将来的にどうなるかは分かりませんし、フォルスクラブを作る会社の方針として今は上場するメリットが薄くても、将来的にメリットが大きいとなればそのときには上場について動き出すことは十分に考えられます。
世の中というのは刻一刻と変化をしているものだけに、上場をするしないに関してもその時その時で変わってくるだけに、可能性がまったくないと言い切れるものではないのです。
特にフォルスクラブの内容を考えると、これから先ますます発展をしていくことが考えられるサービスであるだけに、より一層普及をして周囲からも上場を求められるようになれば、そのときこそ株式市場で取引ができるようになるかも知れません。

【あえて上場をしないという選択肢もあり得る】

フォルスクラブは多くの人に平等に学習機会を与えるために作られた存在であることから、株主の移行によって振り回される可能性を排除する耐えに、あえて上場をしないという選択肢もあり得ることは抑えて置かなければなりません。
株式市場に株式を公開してしまったばかりに、フォルスクラブが利益優先の内容になってしまって、逆に信用を落としてしまう可能性もあるだけに、それならば非公開のまま運営をしていくことは十分にあるためです。
上場をしていなくても安定経営をしている企業は数多くありますし、社会的な信用を勝ち得ている企業もありますから、フォルスクラブを作る会社がそれを目指すことになっても決しておかしなことではありません。

【上場をするメリットはやはり大きい】

株主の意向に振り回されるリスクはありますが、上場企業となるメリットはやはり大きなものがあります。
フォルスクラブのようなシステムだと社会的な信用というのが重要になりますから、企業の信用が高まればフォルスクラブも安心して利用をしやすくなりますから、更に普及していく未来が想像できます。
資金調達がしやすくなるので、コンテンツの品質を高めるための資金も得やすくサービスを向上させることができるというメリットも無視できません。

【どちらにも一長一短がある】

このように上場をするにはメリットもデメリットもあるので、フォルスクラブを作る会社がこの先どのような選択をするのかというのは、はっきり言えるものではありません。
一つだけ言えることは、絶対に上場しないとは言い切れませんしするとも言えないということです。
よりよいサービスを提供するために常に最善の方法を模索している企業であるだけに、その時に一番いい方法を選択するのは間違いないことでしょう。
将来的に上場をすることになれば、そのときにはフォルスクラブを作る会社がそれが一番いい方法だと判断をしたということになります。

フォルスクラブを使って上場のチャンスを掴もう!!

株式投資に詳しい方たちは未公開株と聞くと即座にチャンスだと感じられます。しかも、子供向けの新しい学習ツールであるフォルスクラブの未公開株と聞けば、さらに興奮されるでしょう。

 

 

未公開株とは一体なんですか?
あまり株式投資に関心のない方は、未公開株と聞いてもピンと来ないかもしれません。
未公開と公開の違いも分からず、口をポカーンと開けている方もおられるのでは?
まず公開株とは、東京証券取引所などで売買されている株のことを言います。
新聞やテレビのニュースでも、出てきますよね。
証券会社に口座を持てば、誰でも公開株を買うこと出来ます。
みんなに公開されているから公開株というんです。
それに対して未公開株はと言うと、そう、まだ公開されていない状態なのです。
ですから誰でも簡単に買うことは出来ません。
逆に言うと、知っている人しか買えないのが未公開株です。

 

 

未公開株は情報が全てです
知っている人しか買えないのですから、未公開株は情報が全てです。
どう頑張っても知らないものは買えません。
そして実は知っていたとしても、実際に買えるのは限られた人だけです。
ですから、情報が全てなんです。
どうすれば買うことが出来るのかを理解する必要があります。
今、東京証券取引所で売買されている(上場しいてる)株も、最初は未公開株でした。

 

 

上場によって利益を上げることができます
いわゆる先行者利益というものが株の世界にはあります。
誰も知らない未公開株が、取引所に上場することによって利益を得られるのです。
なぜなら、誰もが買える状態になると、多くの人が売買に参加するからです。
だからこそ、株式投資をしている人たちは未公開株と聞くと儲けのチャンスだと感じます。
そして今、フォルスクラブにも上場の計画があります。

 

 

上場のチャンスを掴みましょう
フォルスクラブの未公開株が今、受付を開始しています。
上場に向けた準備が進められているところです。
フォルスクラブのことを知っている人は、フォルスクラブの株にも注目すべきですね。
なぜなら上場のチャンスが待っているからです。
この記事を読んでいる方は、情報という武器を手に入れています。
ですから、せっかくなので上場のチャンスを掴んで欲しいです。
フォルスクラブの成長と共に、一緒に成功していただきたいと心から願っています。
未公開株を得る機会は、人生でそうそう頻繁にあるものではないですから。
しっかりと株について学んで、チャンスを掴みましょう。

 

あまり私から一方的に魅力的だと言い過ぎても逆に不安に感じられる方がいらっしゃいますので、これ以上は言いませんが、フォルスクラブの上場という情報を手に入れた方には、是非ともチャンスを掴みとって欲しいと思います。フォルスクラブの未公開株を手に入れる方法についても継続して情報を発信していくつもりですので、フォルスクラブの学習システムの革新性などの情報と合わせて、しっかりと理解していただきたいです。

フォルスクラブで勉強すれば上場できるだろうか?

将来の夢を持つことは日頃の学習効果を高める上で非常に重要なことです。明確な目標があると辛い勉強であっても乗り越えられるでしょう。では、フォルスクラブで勉強すれば上場できるのでしょうか。

 

 

夢や目標こそが日頃の勉強にとって大事です
どうしてこんな勉強をしなければならないんだろうと思うことは何度もあります。
勉強しているよりも、遊んでいる方が楽しいですよね。
フォルスクラブなら効率よく学べますが、それでももっと遊びたいと思うのは当然のことです。
ですから、勉強を継続するには、将来の夢や目標を持つことが大切です。
今の学期のテストだとか受験のための勉強も大切ですよ。
でも、もっともっと大きな夢を持ちましょう。

 

 

しっかり勉強して自分の会社を上場したい
日本には数多くの会社がありますが、そのなかで上場している企業は僅かです。
上場するような大企業になることは、とても難しいです。
学校の勉強だけでは不十分かもしれません。
でも、難しいことだからこそチャレンジするべき目標になります。
少し頑張っただけで達成できる目標ではありませんが、上場すれば大成功できます。

 

 

どうすれば上場することが出来るのか
まず自分の会社を作って、社長として働かなければなりません。
世の中の役に立つようなモノを見つけて、出来るだけ多くの人に買ってもらうのもひとつの手段です。
また、コンピューターでプログラムを組んで、新しいアプリを作るのも良いでしょう。
こうした会社を経営するために必要な知識は、勉強することが出来ます。
フォルスクラブでは高校までの勉強ですが、経営の勉強は大学生になってからです。
まずは、上場する夢のためにも、しっかりと受験勉強を頑張りましょう。
もちろん、大学に行ってないけど上場した社長さんもいます。
でも、やっぱり学校の勉強から学ぶことは多いです。

 

 

何度も繰り返すことの重要性を学ぼう
フォルスクラブの学習システムが優れているのは、繰り返し学習です。
何度も繰り返すことによって、暗記を促します。
この暗記こそが、実は社会でも役に立ちます。
自分が覚えるためには、どれくらい勉強する必要があるのかをフォルスクラブで学べます。
大人になってからの勉強は、フォルスクラブでは出来ませんが、やり方は同じです。
上場することが出来た人たちは、何度も繰り返しチャレンジします。
そうすることで成功に近づくことを知っているからです。
一回の失敗で諦めず、頑張り続けます。
このような習慣づけを、子供の頃かしておくことは重要ですね。

 

フォルスクラブで勉強しても必ず上場できるわけではありませんが、上場した社長たちが身につけている繰り返してチャレンジする力をフォルスクラブは養います。ひとつひとつ努力を続けることをフォルスクラブの教育システムが後押ししますから、今までのように単なる辛い勉強ではなく、子供たちが積極的に勉強したくなる仕組みを用意して、フォルスクラブは夢や目標を実現しようと頑張る子供たちを応援してくれているのです。

フォルスクラブを作る会社が上場するのに必要な条件

フォルスクラブを作っている会社が上場するためには、どのようなことをすべきであるのかについて、様々な要素に分けながら考えてみました。

 

 

上場するために必要な条件とは何でしょうか
日本には大小あわせて数万社もの会社がありますが、上場しているのは僅かに3500社程度です。
ほとんどの会社が上場したいとは思うものの、実現できていません。
最低限の条件としては、毎年しっかりと利益を上げる必要があります。
これが簡単なようでとても難しいです。
まず良い商品を作っていることが重要です。
なぜなら、質の悪い商品や効果のない商品では継続的に利益を上げられないからです。
でも、この点に関しては、フォルスクラブを作っている会社は大丈夫そうですね。
フォルスクラブの教育システムの評判は非常に高いからです。

 

 

上場するにはタイミングがとても重要です
どれだけ利益がある企業であっても、すぐには上場を認められません。
将来的にも十分に利益を上げられることが重要だからです。
株式を買った人たちが損をしては困るからです。
だから、タイミングというのも非常に重要なものなのです。
フォルスクラブにとっては、どうでしょうか。
教育の分野は、今後も成長していくと予想されています。
また、ITを活用している点でも、同じ教育業界の中で優位性があります。
どうやら、フォルスクラブを作っている会社にとってタイミングも良さそうです。

 

 

フォルスクラブに足りないのは知名度だけかもしれない
上場をするからには、やはり知名度が必要であるのかもしれません。
現在の東京証券取引所などの顔ぶれを見れば、誰もが知っている会社が並んでいるからです。
しかし、実際のところ、始めは全ての企業が無名でした。
どちらかというと上場によって有名になった企業の方が多いでしょう。
ですから、知名度に関してはフォルスクラブも心配する必要はありません。
それよりも、もっと重要なのは、良い商品を作り続けることです。
そして、この業界での優位性を活かして、タイミングよく上場することです。
フォルスクラブにとっては、まさに追い風です。
上場のために何かをするというよりも、さらに先のことを考えるべきでしょう。

 

 

上場してからフォルスクラブがするべきこととは何でしょうか
企業が上場することによって得られるのは、潤沢な資金です。
これまで応援してくれた人たちには、未公開株による利益が与えられます。
そして、上場したことでフォルスクラブを知った人たちからのお金が集まります。
そんな上場後のフォルスクラブがするべきことは、新たなコンテンツ作りです。
現在の学習システムを活かして、もっともっと学べるものを増やすのが良いと思います。
コンテンツを作ることは大変な作業ですが、資金があれば出来るでしょう。
つまり、フォルスクラブは、さらに進化することになります。

 

ひとつずつ検証してみた結果、フォルスクラブにとっては将来を見据えて上場後のことを考える段階にあると感じました。

 

多機能型教材のフォルスクラブは上場企業も注目している

最近の勉強道具はとても多機能です。

江戸時代の頃から比べると、

その道具はとても進歩していると言えます。

むかしは墨と筆を使っていましたが、鉛筆が登場したことにより、

墨をする必要がなくなりました。

その墨に至っても、いまでは液体で売られています。

 

また、鉛筆で書いた文字を消すには消しゴムが必須ですが、

鉛筆の芯の反対側にミニ消しゴムが付いているものもあります。

ボールペンやシャーペンなども、色々と機能が充実していると言えます。

そしてこの勉強道具は本も発展するようになりました。

今流行りの電子書籍で、

パソコンなどの電子機器を使って勉強することが可能となりました。

今や鉛筆を持ち歩くのも時代遅れかもしれません。

 

上場企業の社員にもなれば、

最早電子機器でコミュニケーションを取るのは当たり前になりつつあります。

名刺渡しは伝統でしたが、今やそれも電子化されており、

コンパクトタブレットやスマホを使って名刺交換をする時代になりつつあると言えます。

ただしそれをするには相手も同じ物を持っていないと出来ませんので、

紙媒体の名刺も持ち歩く上場企業の社員はかなり多い模様です。

 

研修のあり方も大分変わってきたと言えます。

上場企業に限らず大抵の企業は、ビジネスマナー研修を実施しています。

その方法は主に身体で覚えさせるというものです。

実技、実技、実技をたくさん課して、身体にビジネスマナーを叩きこみます。

しかし、基礎中の知識に関しては机にしがみついて覚えることが多いです。

社訓を覚える際は、本(または会社パンフレット)とにらめっこして覚えることになります。

そうしたことをフォルスクラブを使って勉強する時代になったと言えます。

フォルスクラブは自分で問題集を作成するアプリが収録されており、

それで社訓に関するものを作成し、新人たちにやらせるという事が可能です。

また、フォルスクラブは英語の勉強にも最適で、

業務に必要な英語スキルを習得させることに一役買っています。

 

上場企業で働くには色々なスキルが求められます。

かなり多様なことが求められており、

フォルスクラブひとつマスターしただけでは難しいかもしれません。

英語教育に定評のあるフォルスクラブですが、

ビジネス英語までは網羅されていません。

トイックで730点以上取ることは可能ですが、上場企業で幹部職を目指すなら、

フォルスクラブを含み、もっと色々な教材を使って勉強する必要があると言えます。

上場企業で頑張るならフォルスクラブで勉強しませんか

就職活動は企業の情報収集をするだけではありません。

その企業で働く上で必要な知識・スキルを身に付けることも重要です。

ちょっと極端ですが、医師になるには医師免許が必要です。

文系の大学3年生の段階で医師を目指そうとしても、

医師になるには医学部に入り直さないといけません。

これはかなり極端な例ですが、会社はそれぞれ求めているスキルがあるのです。

 

どこの企業も欲しがる能力でしたら、やはり英語能力でしょうか。

特に上場企業は割とグローバルに活躍していますので、

英語スキルはかなり必要だと言えます。

企業の中には、入社試験の際に英語能力を問う事もあるかもしれません。

SPIテストとは別に、独自に英語の問題を用意したり、

英語での面接を実施するかもしれません。

上場企業で働くなら、なるべく語学には秀でておきたいところです。

 

そこでフォルスクラブの出番です。

フォルスクラブには英語の教材がふんだんに収納されており、

フォルスクラブひとつでかなり英語力を上げることが出来ます。

スピーキングこそ鍛えられませんが、リーディング、ライティング、

ヒアリングはフォルスクラブで完璧に近い状態まで持っていけると思いますよ。

 

英語能力はそう簡単に鍛えられるものではありません。

スピーキング能力を鍛えるだけでも、最速でも3ヶ月掛かると言われています。

短期留学して、完全にすべて英語漬けの世界に身を置けば、

嫌でも英語を覚えてしまうものです。

もちろん、積極的に外に出て交流することが条件ですが、

言語は割と体当たりで覚えることが出来ますよ。

上場企業の社員たちもそうやって英語を習得しているかもしれません。

 

しかし、ビジネス関係に必要なスキルはそれだけでは足りません。

実際に必要なのは英語のライティング能力かもしれません。

英語のメールで相手と取引することが多く、

相手にきちんと読めるように書かないといけません。

toの位置を間違うだけで、正しく相手が仕事をしてくれないこともあるのです。

 

上場企業の社員も、自身の英語に不安を覚えている方はかなりいる筈です。

上場企業へ就活する前に、なるべくフォルスクラブで英語スキルを磨いてください。

フォルスクラブでトイックを勉強する上場企業の社員たち

トイックの勉強はとても大変です。

そもそも英語を1から覚えるのはかなり大変だと言われています。

私たち日本人は日本語を覚えるのに数年の期間を要しました。

そして漢字学習などを含めると、

小学校を卒業するまでの12年間は日本語漬けだと思います。

敬語や慣用句、難読漢字まで含めたら、

一般人でもきちんと出来る方は少ないと思います。

では、トイックでほぼ満点を英語圏の人が取るには、

何年間英語漬けになればいいのでしょうか。

 

推測ですが小学3~4年生レベルの言語能力があれば解けると思います。

ただしケアレスミスにより、満点を取るのはかなり難しいです。

ちなみに、トイックの日本語バージョンというのも誰かが趣味で作っています。

少なくとも間違えるのが難しいほど簡単です。

むしろ、選択制の問題は誤答となる部分ですごくトンチンカンなことを書いてあるので、

それの笑いをこらえるのに集中力を費やすことになると思います。

 

参考としてこんな感じの問題が出題されます

 

Q.  「今年、A社は上場しましたか?」

A1. 「先ほど私はA社のIPO株を買いました」

A2. 「これはA社の名簿です」

A3. 「明日のA社付近の天気は晴れです」

A4. 「私は上場企業の社員です」

 

当然、正解はA1です。

日本語にしたら当たり前なことでも、普段慣れていない言語だと、

間違えてA4を選択してしまうかもしれませんね。

 

トイックの勉強ならフォルスクラブがオススメです。

上場企業の社員もフォルスクラブを使ってトイックの勉強に励んでいると思います。

フォルスクラブの特徴はいくつかありますが、トイックに関して言えることでしたら、

一番はレベルに合わせて勉強できる点でしょうか。

フォルスクラブには全部で3つのトイック用のアプリがあり、

それぞれの目標点に合わせてプレイすることが可能です。

 

460点、600点、730点、それぞれの点数を目指して勉強することが可能です。

上場企業の社員でも、その全員が英語のスペシャリストではありません。

むしろ、大学時代に英語に触れる機会は、論文を読むくらいではないでしょうか。

リーディングは出来ますが、

スピーキングとヒアリングが苦手な上場企業の社員はとても多いと思います。

きちんと英語で受け答えができるように、

フォルスクラブでしっかりと勉強したいところですね。

上場企業の社員はフォルスクラブで英語を学ぶ

社会人が英語を学ぶ方法は色々あります。

英会話の塾に通ったり、英会話カフェに通ったり、

自分で教科書を買ったりなど、色々な方法があると思います。

しかし、通う系は忙しい社会人には取りにくいものです。

また、自分で教科書を買っても、それだけで頭が良くなるとは限りません。

教科書にも色々な種類があり、

適したものを選ばないと時間の無駄になってしまうかもしれません。

そんな中、注目を浴びているのが通信教育です。

最新の通信教育なら、確実に英語力が身に付くと評判になっています。

そして、上場企業の社員の間で着実に人気を集めているのがフォルスクラブになります。

 

フォルスクラブの特徴はいくつもありますが、

特に良いのは利用者のレベルに合わせて学習できる点ではないでしょうか。

フォルスクラブに収録されているTOEICも3種類の難易度が用意されており、

自分の実力に見合った教科書で学ぶことが出来ます。

TOEICで460点を目指すもの、600点を目指すもの、730点を目指すものがあり、

それぞれに問題集と単語帳と教科書が付いているため、効率良く英語を覚えることが可能です。

上場企業の社員でしたら、最低でも600点は欲しいところです。

明確な根拠はありませんが、日本のビジネスマンの平均的なボーダーが600点と言われています。

 

実際に海外で働くなら900点以上は欲しいところです。

上場企業でしたら、海外に支社をいくつも持っていることが多く、

駐在員として働く機会は多いかもしれません。

それを見越して、フォルスクラブで英語を学んでおけば、

突然の辞令でも難なくやりこなすことが出来ます。

 

TOEICで満点を取るには、累計3000時間以上勉強しないと難しいと言われています。

アメリカで数年間過ごしているネイティブの方たちでしたら、

ケアレスミスが無い限り、ほぼ全員が満点を取れると聞きます。

しかし、英語を日常的に聴く機会がないと、

これだけ膨大な量の勉強時間を費やさないといけないことを意味します。

上場企業に勤める社員でも、この苦労は変わりません。

逆に言えば、TOEICで満点が取れるのなら、海外で難なく働けるということです。

 

全ての上場企業の社員が英語を話せるとは限りませんが、

英語が通じる機会は多いかもしれません。

上場企業なだけはあり、優秀な新卒学生のみを採用しているのです。

そうした方々は物覚えが良く、英語も直ぐに覚えると思います。

フォルスクラブを渡せば、半年で英語を話せるようになるかもしれません。

フォルスクラブの資格対策講座や

LEARNING EYESを使って勉強するのはいかがでしょうか。