上場」タグアーカイブ

上場企業の社員の教育に一役買っているフォルスクラブ

社員教育はどこの企業も力を入れています。

ましてや上場企業なら尚更です。

ビジネススキル研修、専門技能研修、マネジメント研修など、

今の日本にはあらゆる研修事業が存在しています。

 

フォルスクラブはよく、上場企業の研修で使われています。

フォルスクラブの「ふぉるぱ」は自由に4択クイズを作ることが可能で、

それで作った問題を社員にやらせることが出来ます。

専門技能研修の場合、

それに対応した問題集はどこにも売っていないので自分で作ることになりますが、

パソコンの知識がないと中々作れないものです。

白紙の紙に印刷する場合でも、読みやすい書式というものが存在し、

レイアウトのスキルも求められます。

フォルスクラブの「ふぉるぱ」でしたら細かい設定は不要です。

文字を入力するだけで簡単に問題集を自作することが出来ます。

フォルスクラブを使って、

上場企業の新入社員に技能テストとしてやらせることが可能です。

 

また、英語研修の需要は高まりつつあると言えます。

すべての上場企業で英語が必須とまでは言いませんが、

海外旅行や海外支部で働くなら英語は必須です。

むしろ、上場企業ともなれば、毎年のように海外旅行があると思います。

フォルスクラブがあれば英語の対策はバッチシです。

フォルスクラブのおかげで、上場企業の社員も安心して海外旅行を楽しむことが出来ます。

 

今の日本の研修制度は世界でも認められており、

こうした研修事業を輸入する動きもあるそうです。

ユニクロか九州新幹線か、どこの企業か忘れましたが、

中国のとある企業がそこの会社が実施している研修のノウハウを

購入したという話を聞いたことがあります。

中国には新入社員を研修させるという文化がなく、

仕事をさせながら覚えさせていきますが、

それだと使い物になるまでに大分時間が掛かります。

基本となるビジネススキルを身に付けさせるために、

お得意様にかなり迷惑を掛けてしまいます。

メールの返信の仕方をその都度指導していたら、

指導係の先輩の業務時間は圧迫されてしまいます。

そこで最初にビジネススキル研修を叩きこむことで、

その後の業務をスムーズに回すことが出来るのです。

 

新人研修や社員旅行は日本独自の文化に近いと言えます。

アメリカにはこのどちらもありません。

即戦力しか雇わず、社員同士のコミュニケーションも必要以上に取りません。

日本は交流を大事にしています。

外資系の企業でも、

交流を深めるために様々なイベントや社員旅行を実施していると思います。

上場企業の社員がよく使っているフォルスクラブ

英会話スキルの需要は年々高まりつつあると言えます。

英語が話せなくても日本に居る限り困ることはほとんどありませんが、

それは日本に居る間だけです。

アメリカの駐在員として働くのに英語が話せないととても困ります。

アメリカ本土の中には日本語だけで生活できるエリアがありますが、

空港の入国審査は英語が主体になります。

カタコトの英語だけでも入国審査は割と突破出来ますが、

問題はトラブルがあった場合です。

就労ビザの期限が切れていた場合は、詳細な説明を求められます。

上手く説明できない場合、強制送還されるかもしれません。

 

それゆえ、英会話のスキルが必須ですが、英語というものは簡単には身に付きません。

一朝一夕はまず不可能で、3ヶ月以上集中して勉強しても難しいと言われています。

そして社会人は本業がとても忙しいです。

仕事をしながら英語の勉強をするのは、かなり大変だと思います。

そこで便利に活躍するのが通信教育のフォルスクラブです。

上場企業でもかなり話題になっており、

フォルスクラブを使って英語の勉強をすることが出来ます。

 

フォルスクラブは基本的に家族向けに提供していますが、

上場企業の様な法人に向けたサービスも行っているのです。

フォルスクラブは複数のアカウントを提供するのが特徴で、

法人向けでしたら社員全員分のアカウントを支給すると思います。

上場企業の社員も安心して英語の勉強をすることが出来ます。

 

上場企業ともなれば、新卒採用試験で英語スキルの確認をするかもしれませんが、

上場企業の多くが幅広い年齢層の方が働いています。

30代や40代の方もバリバリ働いています。

そうした方々は入社試験の時に英語スキルの確認をしなかったと思います。

確か、英語技能を計るSPI2の導入は2009年頃と言われています。

ましてや、部署によっては英語に全く触れないところもあると思います。

大学時代に英語を習っていても、20年近く経てば綺麗さっぱり忘れるものです。

そうした方を対象にフォルスクラブは通信教育にて英語を教え直します。

 

そんなに簡単には実践的な英会話スキルを身に付けられませんが、

コツコツと隙間時間を利用して勉強することで、

1年後ぐらいには英語がペラペラになるのではないでしょうか。

英語が話せれば、突然の辞令で海外に飛ばされても大丈夫です。

上場企業の中には海外支部を多数持つところもあると思いますので是非、

フォルスクラブで準備を進めるようお願いします。

 

勉強はコツコツやって初めて成果というものが見えてくるものなのです。

上場している企業の多くは全国展開していますが、フォルスクラブは大阪と東京だけで大丈夫

上場企業の約半数は東京に本社を構えています。

次いで、大阪と神奈川、愛知に多くあり、

残りのほとんどの都道府県が100社以下です。

中には10社を切る都道府県もあります。

やはり大都市を中心に本社を構えるのが、

大企業のスタンダードと言えそうです。

 

フォルスクラブを手掛ける株式会社イー・ラーニング研究所は

大阪府吹田市に本社を構えています。

大阪市の真北に隣接し、やや都会に近い場所ですが、

ベッドタウンとしての性質が強いため、あまり企業の本社が無いのが特徴です。

それでも、上場している会社を2件確認することが出来ました。

 

そして、多くの企業が全国に支社を展開しています。

株式会社イー・ラーニング研究所も、東京支社を持っています。

基本的に従業員の数に比例して支社の数は増大し、

中には海外に支社を展開している企業もあるほどです。

事業内容によっては国内のみに販売を絞るところは多いと思いますが、

グローバルに活躍するために積極的に海外に視野を向けている企業は、

決して少なくありません。

海外の証券取引所で上場しようと考えている企業もあると思います。

 

フォルスクラブは国内限定のツールで、

全国47都道府県どこに行っても活用することが出来ます。

北海道だろうと、沖縄だろうと、東京の離島だろうと、

電波が届く限りフォルスクラブで勉強することが出来ます。

インターネットを使った通信教育になりますので、

北海道や沖縄に支社を設けなくても、

しっかりとそのエリアにサービスを提供することが出来るのです。

非上場企業でもしっかり稼いでいるフォルスクラブ

上場企業は必ずしも大企業という訳ではありません。

大企業の定義も明確に定義されている訳ではありませんが、

一般的には従業員300人を超える会社がそう呼ばれることが多いです。

今の日本の企業の数は400万社。

内、上場しているのは3600社です。

従業員300人を超える会社は3600より遥かに多くありますので、

大企業の多くが非上場企業ということになります。

 

正社員の少ない上場企業はいくつもあります。

中には10人以下の正社員で回している企業もある程です。

残りはアルバイトや非正規雇用だけで事業を回していることを意味します。

事業内容によっては、正社員が少なくても何億円も稼ぐことが出来るのです。

 

フォルスクラブを作る株式会社イー・ラーニング研究所は約40名の社員を抱えています。

この40人で、フォルスクラブやスクールTVなどの作成を行っています。

そして、フォルスクラブやスクールTVの配信動画に出演する講師は、

この40人に含まれていないと思います。

塾と違い、講師は一回撮影すればお仕事終了です。

それなりに大量に撮影はしますが、長くても一ヵ月で終了すると思います。

 

それゆえ、外部から講師を招いて撮影します。

フォルスクラブのLEARNING EYESも、

芝居人は全員劇団員などの非正規雇用だと思います。

撮影スタッフや編集こそ、正社員が担当しますが、

芝居は本職の方に任せた方が確実だと言えます。

 

非上場企業はとても多いです。

そして、上場していなくても、大企業と呼べるほど有名な会社はいくつもあります。

上場はステータスですが、それに捉われずにたくさん稼いでいる会社は、

日本にはたくさんありますよ。

意識の高い上場企業の社員に支持されているフォルスクラブ

eラーニングは意識の高い方に最適な教材だと言われています。

そして、eラーニングの一種であるフォルスクラブ

上場企業の人たちにかなり好まれているようです。

特に人気なのが資格対策講座です。

通常のフォルスクラブの資格対策講座も評判ですが、

特に好んでプレイされているのはスマホアプリ版になります。

スマホという携帯性の高いツールで資格の勉強が出来るため、

忙しいビジネスマンを中心に人気を獲得しているのです。

上場企業には意識の高い社員が集まっており、

このフォルスクラブから派生したスマホアプリ版の資格対策講座は、

それらの多くの方から支持されています。

 

特に好まれている資格対策講座の資格は「FP技能検定3級」だと思います。

コレは業務に必要というよりも、自分の人生設計を豊かにするために受講されています。

生命保険や不動産投資などのお金に関わることを学べるため、

将来の貯蓄について真剣に考えている方には半ば必須の資格とも言えます。

上場企業なら実力主義なところが多く、

若い内から役職に就き、給料もたくさん貰えると思います。

20代後半で株に挑戦するのもいいかもしれません。

また、3級程度でしたら独学でも十分合格することが可能です。

受験者層は幅広く、社会人、主婦、学生と、色々な人が受けているそうです。

金融機関で働くなら2級は欲しいところですが、

自分のライフプランを見直す程度でしたら、3級でも大いに役に立ちます。

 

この資格対策講座には、保育士や介護福祉士、マンション管理士など、

人気の高い資格講座が収録されていますので、

興味のある方は是非スマホにインストールしてプレイしてください。

無料なのも嬉しいポイントです。

フォルスクラブと上場

企業の本質はお金稼ぎになります。

そして、お金を稼ぐにはある程度の元手が必要です。

その資金調達の手段のひとつに、上場というのがあります。

 

フォルスクラブを手掛ける株式会社イー・ラーニング研究所は様々な事業を行っています。

eラーニングのフォルスクラブが主力商品ですが、

ほかにも、ラジオ番組、無料動画配信、携帯アプリなど、その事業展開はかなりマルチです。

そして、もっと資金があれば、さらに色々な事が出来るようになります。

 

また、既存の商品を拡大させることも重要です。

フォルスクラブの内容も、常に更新されています。

始めは数点のコンテンツしかありませんでしたが、

今では十数ものコンテンツが中に収録されているのです。

これだけに満足せず、次々と新しい内容を追加してくれると嬉しい限りです。

資格試験の講座をもっと増やしたり、

英語以外の外国語の授業を受けられるようになると良いですよね。

 

資金調達の手段ですが、上場以外にも複数の方法があります。

むしろ、そちらの方が上場より主流です。

銀行などの金融機関からお金を借りて事業を行います。

株券と違い、経営方針についてとやかく言われないので、

それなりに安心してお金を手に入れることが出来ます。

もちろん、簡単にお金を借りることは出来ません。

その商売が成功する見込みがないと、銀行はお金を貸してくれません。

 

上場すれば、資産が潤沢になります。

お金があればあるほど、たくさんの事業を行えるようになりますので、

多くの企業が上場を狙っているのです。

フォルスクラブを使って上場の準備をしよう

上場するにはいくつかの準備が必要です。

会社が成長する以外にも、申請者もかなり勉強しないといけません。

 

eラーニングとして活躍中のフォルスクラブはお子さんを対象とした勉強以外にも、

大人の方を対象とした資格講座のコンテンツも収録されています。

フォルスクラブの中には、社会保険労務士試験に対応したものもあります。

この資格は労働関連の書類を書く上で欠かせないものです。

どの企業にも一人は欲しいところですが、実際は余所に依頼することが多いです。

社会保険労務士として働く方は、

いくつもの企業と契約して労働に関する大事な書類を書いています。

上場にあたり社会保険労務士に丸投げするのも良いかもしれませんが、

彼らは忙しいのでそうはいきません。

それゆえ、ある程度の知識は自分達で身に付けておいた方がいいです。

フォルスクラブで社会保険労務士試験の勉強をして、

労働および社会保険に関する法令を学ぶのがベストと言えます。

 

上場するのにこうした知識が必要なのは、

日本の上場基準はコンプライアンスの遵守が最も重要視されているからです。

労働時間は守られているか、残業代はきちんと支給されているか、

アルバイトにも社会保険を加入させているかなど、様々な守るべきポイントがあります。

加えて、社内規定や企業倫理なども守らないと、上場することは難しいです。

これら知識をフォルスクラブでしっかりと身に付けてください。

もちろん、知識だけでなく、交渉力や統率力なども必要ですよ。

総合的に能力を鍛えるのをオススメします。

上場企業の社員も利用するフォルスクラブ

資格の取得を考えている方は様々います。

学生や転職に向けて取得する方だけでなく、

スキルアップを目指して資格を勉強する方も大勢います。

上場企業の社員も利用しているのがフォルスクラブです。

フォルスクラブには様々な資格のコンテンツがあり、

メジャーなものをカバーしています。

行政書士や社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーに

宅地建物取引主任者などメジャーなものが揃っていて評判です。

上場企業の社員もスキルアップのためにフォルスクラブを利用しています。

 

フォルスクラブのメリットは、スクールなどに通わなくてもしっかりと勉強出来る点にあります。

上場企業に勤めていると、平日は時間が作れずスクールに通うことは難しいです。

ですが好きなタイミングで勉強が出来る、

しかも内容が充実しているフォルスクラブならばしっかり勉強が出来ます。

仕事終わりに勉強するもよし、出社前に朝活のように勉強するもよし、

休日にまとめて勉強するもよしと柔軟に勉強が可能となります。

インターネットが使えればいつでもどこでも勉強出来るフォルスクラブのメリットを、

最大限に活用出来るのです。

 

内容が充実しているだけでなく、覚えやすいのも評判です。

目や耳、指を使って勉強をするので記憶の定着率がいいのが特長です。

忙しい上場企業の社員も、フォルスクラブならば効率よく資格の勉強が出来ます。

 

時間を選ばず効率よく資格の勉強が出来る。

それが上場企業の社員も利用するフォルスクラブです。

忙しい方でも資格試験の合格を目指せます。

フォルスクラブが上場するには3つのコンプライアンスを守る必要がありそう

上場に対するデメリットに「コンプライアンスへの対応が厳しくなる」というのがあります。

簡単に言えば、ルールを守らないといけなくなるという事です。

 

会社というものは意外と厳格にルールが定められています。

特に、情報を扱う部署はルールを厳守しないと大変なことになります。

ネット上から情報漏洩するケースが多いですが、

中には直接会社に忍び込んでデータを盗む輩が居るかもしれません。

 

それゆえ、情報を扱う部署はセキュリティを万全にしないといけません。

少なくとも、ロッカーは常に施錠しておかないといけません。

上場の審査では、そうしたことも抜き打ちで確認されるかもしれません。

フォルスクラブが上場の申請をしたら、

ネットおよびリアルでのセキュリティを万全にする必要があると言えます。

 

最も守るのが難しいのは、残業についてでしょうか。

10分くらいなら誤差の範囲ですが、

定時から1時間もオーバーするのが常態化していたら、

審査では厳しく見られるかもしれません。

就業時間を守るのは本当に難しく、これを守っていたら、

経営が成り立たない会社は多いと思います。

フォルスクラブがどれくらい残業しているかは分かりませんが、

就業規則はしっかりと守らないと上場するのは難しくなります。

 

意外と忘れがちなのが、デスクのキレイさです。

机の上がゴチャゴチャしていると、書類は無くしやすいものです。

審査でそうしたところを見られるか分かりませんが、

できるだけ常に整理整頓は心掛けた方が良さそうです。

綺麗好きな社員がフォルスクラブに多ければ、これはクリアしやすそうですね。

フォルスクラブを手掛けるE社が上場するメリット

上場のメリットはいくつかあります。

一番はお金が手に入ることです。

企業経営というものは、意外と借金から始まります。

銀行からお金を借りて、それで大きな事業を行って、

お金を稼いで、お金を銀行に返します。

 

こう書くと、誰にでもお金を貸しているように見えますが、

明確にお金を稼げる見込みがある場合のみ、お金を貸してくれます。

銀行も自分たちの利益に直結しますので、

見込みのないところにお金を貸したりはしません。

担保があるだけでは、お金を貸してくれないものなのです。

上場することができれば、銀行からお金を借りずに、大きな事業をすることができます。

 

また、上場はステータスになります。

企業の優秀さを計る指標は、一般人にはすごく分かりにくく、

フォルスクラブを手掛けるE社とその他の通信教材を手掛けるB社

どちらの商品を買えばいいか、迷う方は多いと思います。

仮にフォルスクラブを手掛けるE社が上場すれば、

多くの方がそちらの商品を買うのではないでしょうか。

 

上場したということは

「フォルスクラブは今後数年に渡って成長する見込みがある」

と言われていることと同じなので、優良の証として使うことが出来るのです。

イメージはとても大事で、

上場しただけで新卒採用試験に応募しに来た学生が急増した話もあるぐらいです。

信用力も高くなり、銀行からより多くのお金を借りやすくなります。

 

あと、上場による副次効果ですが、内部管理体制が充実します。

と言うより、内部管理体制を充実させないと上場することが出来ません。

色々とメリットは多いのです。