イーラーニング研究所」カテゴリーアーカイブ

イーラーニング研究所はどこにある?

イーラーニング研究所はどこにあるのでしょうか?
研究所という名称が付くと、どうしても自然が豊かな里山を連想しがちになります。
工場を併設することも多く、ある程度広い敷地は必要でしょう。
一昔でしたら川に併設しているのが条件でしたが、
今は上下水道が完備されていますので、水が近くになくても大丈夫です。
しかしイーラーニング研究所は山奥にありません。
それどころか都会のど真ん中にあります。
そこまでど真ん中ではありませんが、
多くの人々が行き交う場所に堂々と居を構えているのです。

イーラーニング研究所の本社は大阪府吹田市にあります。
最寄り駅は江坂駅で、駅の出口から徒歩50歩程度の距離です。
歩幅でかなり前後しますが、本当にそれくらい近いのです。
もしも、ホーム部分からジャンプして良いのでしたら、
電車から降りて数秒でイーラーニング研究所の
本社の窓にへばり付けるかもしれませんね。
ただし、フロアがあるのは6階部分になりますので、かなりの跳躍力が必要です。
一般人の方は地上1階からエレベーターで行くのをオススメします。

江坂駅周辺はかなり発達しています。
平均的な都会の街並みであり、駅前には多数の飲食店がひしめき合っています。
居酒屋も多く、夜にはサラリーマンとOLで溢れかえるかもしれませんね。
オフィス街もありますので、社会人は本当に多いと言えます。
またホテルも多いです。
数駅ほど電車で移動すれば大阪駅なので、
ホテルを求める多くの方が江坂駅に集まっているかもしれません。
いずれにせよ、イーラーニング研究所の本社周辺はかなり発展していると言えます。

なお、イーラーニング研究所は支社も持っており、そちらもまた大都会です。
東京都港区にあり、最寄り駅は品川駅になります。
そしてこちらもまた駅から100m以内にあります。
あまりに近すぎて、迷子になりようがないでしょう。
初めての方でも安心して訪れることが出来ますが、
飲食店や居酒屋と違って一般人が立ち寄ることはありませんね。
するとしても、商売目的の営業職くらいでしょうか?

イーラーニング研究所は行政書士の勉強が可能

イーラーニング研究所は行政書士の勉強が可能です。
ところでこの行政書士はどんなことをする職業なのでしょうか?
名前は聞いても、その実態まで正確に把握している方は少ないです。
弁護士と混同している方は多いのではないでしょうか?
今回はイーラーニング研究所で学べる行政書士について紹介したいと思います。

まず、イメージとしては「弁護士>行政書士」になります。
行政書士は、弁護士が行うことが出来る仕事の一部をすることが出来るのです。
そして、行政書士の仕事を一言で説明するなら「公的な書類を作成する」に尽きるでしょう。
示談交渉のための若い書の作成や、遺産分割協議書の作成が可能です。
その代わり、法律相談は一切してはいけません。
そうした相談ごとはすべて弁護士にしないといけません。
行政書士が扱える仕事は、書類を作るだけになります。

合格率だけを見ると、行政書士の方が難しく感じるかもしれません。
行政書士が10%未満に対し、弁護士は20%を超えます。
イーラーニング研究所でしっかり勉強しないと、合格することは出来ないでしょう。
ただし、行政書士は誰でも受験可能に対し、
弁護士試験(司法試験)を受けるには法科大学院を修了しないといけません。
受験資格からして難易度が高く、それゆえ弁護士の合格率はそこそこ高いのです。
ただし5人に1人しか合格していませんので、
いつまでも弁護士になれない方はかなり居ますよ。

イーラーニング研究所が行政書士の資格試験に対応しているのは、
誰でも受験が出来るからになります。
これが仮に弁護士試験にも対応させても、
ほぼ全ての方は法科大学院で勉強していますので、
こうした通信教材はあまり使わないと思います。
そもそも受験者数自体が、8倍くらい差があります。
だからこそ、イーラーニング研究所は行政書士の方に対応させているのです。

イーラーニング研究所は保育士試験に対応している

イーラーニング研究所のスマホアプリにて、
介護福祉士国家試験と保育士試験の対策をすることが出来ます。
そして、介護福祉士国家試験の合格率は60~70%くらいです。
一方で、保育士試験の合格率は10~20%くらいです。
なぜここまで差があるのでしょうか?

一言でいえば、保育士試験は複数の科目を受験する必要があり、
それらすべてに合格しないといけません。
その代わり、合格した科目は3年間有効で、次受験する際、
その科目をパスすることが出来ます。
(ただし、例外の科目もある)
保育士試験は通常のものに加えて、
地域限定保育士試験というのがあり、年2回あります。
つまり、6回のうちに全てを合格すれば良いのです。
1発合格は遥かに難しいですが、受けるたびに合格率はかなり高くなっていきます。
実際、3回以上受けた方の合格率はかなり高いと言われています。

イーラーニング研究所のスマホアプリで保育士試験の勉強をする場合、
このアプリには長くお世話になることでしょう。
保育士試験の一発合格はほぼ不可能に近いので、
イーラーニング研究所のスマホアプリを1年半以上は使うことになると思いますよ。

保育士は待遇が悪いことで知られている職業です。
年収は平均で200万円で、
定年を迎えるまで働いても賃金が上がることはほとんどありません。
しかもその200万円はあくまで平均で、
年収140万円を下回る給料で働いている保育士が居るのも事実です。
コンビニで同じ時間だけ働いた方が稼げるとまで言われています。
高度な技術が必要な専門職であるにも関わらず、看護師や医師と違って、
保育士の給料は極端に安いのです。
(看護師の年収は保育士の2.5倍です)

イーラーニング研究所のスマホアプリで保育士の勉強を始める前に、
まずは保育士がどういった職業なのかを知る必要があり、
覚悟して臨むべきものであると言えます。

イーラーニング研究所でマンション管理士試験に臨む

イーラーニング研究所のスマホアプリを使えば、
マンション管理士試験の勉強が出来ます。
しかしこれもまた、あまり馴染みのない資格だと言えます。
名前から、マンションを管理するのに必要な資格とは分かっても、
具体的にどんなことを学んで何が出来るようになるかは分からないかもしれません。
そもそも、アパートやマンションを経営するのに資格が必要かどうかも、
一般人は知らないかもしれません。

イーラーニング研究所で学べるマンション管理士は、簡単に言えば、
マンション管理会社を運営するのに必要な資格です。
無資格でも、不動産投資を始めて普通に家賃を徴収しても大丈夫です。

マンション管理士の仕事は多様です。
とはいっても「出来る」と「必ずやる」は別物で、
仕事(要望)が無い限りはそれを行いません。
マンション管理組合の運営をしたり、
オーナーに代わって家賃の回収やリフォームの手配をしたり、
オーナーから不動産管理のアドバイスを求められたり・・・。
とにかく、マンションに関するあらゆる業務が出来るようになります。

そしてこのマンション管理士の合格率はかなり低いです。
イーラーニング研究所のスマホアプリは他にも
宅地建物取引士資格試験や保育士試験にも対応していますが、
それらよりも尚、低いです。
毎年若干変動しますが、合格率は8~9%ほどとされています。

ではどういう人が受けるかと言うと、
ある程度の社会経験(もちろん不動産関連の)がある方が受けます。
30代~60代と幅広い世代が受けている資格になります。
逆に、20代はほとんどいません。
宅建と違って、会社が義務的に受けさせる資格ではないのです。
イーラーニング研究所のスマホアプリで勉強している方も、
壮年期~高年期あたりになると思いますよ。

イーラーニング研究所で学べる宅地建物取引士資格試験とは?

イーラーニング研究所のスマホアプリを使えば、
宅地建物取引士資格試験の勉強が出来ます。
所謂、宅建ですね。
では、宅建の資格を取れば何が出来るのでしょうか?

宅建の資格があれば、顧客に土地・住宅の売買、
および賃貸の紹介が可能になります。
宅建の資格がないと、お客に「商品の説明」すらやってはいけないのです。
不動産は非常に高額な商品になりますので、
この宅建の資格がないと売ることが出来ないのです。
そもそも日本の法律では大抵、ものは売るのに資格・届け出が必要です。
飲食店を経営する資格や、弁護士事務所を開く資格、
保育園を運営するための資格、ネットショップを開業するのに必要な届け出、
移動販売車で販売する届け出などなど。
日本は資格がないと何も出来ないと言っても過言ではありません。
ちなみにイーラーニング研究所のスマホアプリは保育士試験にも対応しています。

不動産会社は新卒を採用する時、宅建のあるなしはあまり見ていません。
入社してから取らせることが多いです。
それまでは先輩社員のサポートしか出来ません。
そしていつまでも半人前以下では駄目なので、
イーラーニング研究所のようなところが作る学習教材を使って、
宅建の勉強をするのです。

と言っても、そう簡単に宅建の資格は取れるものではありません。
一説では、合格率は15~17%と言われています。
たんにやる気のない方が多いというのもありますが
(会社の命令で強制的に受けさせているケースが多い)、
それを考慮しても合格率は30%を超えないでしょう。

宅建の試験は年に1回だけの実施で、10月テスト、7月申込みです。
しっかりとそれまでにイーラーニング研究所のスマホアプリで宅建の対策をしましょう。
ちなみに、行政書士は年に1回、保育士試験は年に2回と、
資格の種類によって異なりますのでご注意ください。

イーラーニング研究所のスマホアプリはいつやればいいの?

複数の資格の勉強ができるイーラーニング研究所のスマホアプリ。

いつでもどこでも好きな時に、

お手持ちのスマホを使って勉強できると評判になっています。

では実際にいつ勉強すればいいのでしょうか?

今回はそのことについて考察したいと思います。

 

まず、イーラーニング研究所のスマホアプリを使って資格の勉強をする方は、

主に社会人が多いと言えます。

働きながら資格の勉強をするケースが多いのではないでしょうか。

大学生もそれなりに居ると思いますが、大学生は自分の時間を取りやすいので、

予備校に通うという選択もあります。

しかし、社会人の方はそんな暇がありません。

そこで隙間時間を利用して勉強するのです。

具体的には、通勤の時間帯。

行きと帰りの電車やバスの中で、スマホアプリを開いて勉強します。

イヤホンを差せば、音を出しても大丈夫です。

他にも、昼飯の時間帯やトイレの中でも勉強することは可能と言えそうです。

ただし勉強に夢中になって、本業が疎かにならないようにしてくださいね。

あと、音漏れは気を付けるように。

 

就寝前のベッドの中でイーラーニング研究所のスマホアプリをするのもアリですが、

寝る前にこういうのをやると、良い睡眠を阻害する恐れがあります。

スマホのブルーライトはあまり目に良くないので、

できれば、起床時にやるようにした方が良いですよ。

記憶の定着も早朝の方が捗るというものです。

 

もちろん主婦の方がスマホアプリで勉強することも有用です。

料理や洗濯などの隙間時間を利用して勉強するのはいかがでしょうか。

介護福祉士やFP3級など、復職に有利な資格が揃っていますので、

時間を見つけてイーラーニング研究所のスマホアプリで勉強してみてください。

イーラーニング研究所のその他の事業

イーラーニング研究所は多様性を大事にしています。

例えば、サラダバーがあるとします。

食べ放題ですが、その種類がレタス、とうもろこし、

プチトマトしかなかったらどう思いますか?

ドレッシングも、サウザンアイランドソース1種類です。

誰もそのサラダバーを利用しなくなると思います。

学業でも同じことが言え、多種多様に教材を用意することで、

多くの顧客の心を掴むことをイーラーニング研究所は叶えているのです。

 

実際、その事業は豊富です。

中にはeラーニングが関わらないものもあります。

イーラーニング研究所が行っているちょっと変わった事業でしたら、

学校施設の口コミ掲示板でしょうか。

全国の保育園・幼稚園・小学校・中学校・高校・専門学校・短大・大学・大学院が

すべて網羅されており、それぞれの口コミを閲覧することが可能です。

また、eラーニングの教材を紹介するポータルサイトも作成しています。

そのポータルサイトを利用すれば、珍しい資格の勉強も可能になりますよ。

英語ゲームのスマホアプリや、資格対策のスマホアプリなど、

イーラーニング研究所は割と色々なことをしているのです。

介護関係の情報コミュニティサイトも作っているみたいですよ。

あまりにも多分野に展開しているため、

イーラーニング研究所は一言で「○○をしている」と言いにくいかもしれませんね。

でも、主軸にしているのは、パソコンやスマホを使ったeラーニングになりますので、

それさえ分かれば大丈夫だと思います。

 

多様性を大事にしているイーラーニング研究所ですが、

最も重要としているのは「ニーズに合わせた」だと思います。

種類を増やしても、需要が無ければ意味がありません。

顧客が最も望むものを作り続けているからこそ、

イーラーニング研究所は発展し続けているのです。

イーラーニング研究所のスマホアプリで対策できる介護福祉士国家試験

介護福祉士の需要は近年、急激に増加していると言われています。

待遇に関しても、年々見直されており、働きやすい環境が整いつつあると言えます。

そんな介護福祉士はイーラーニング研究所が提供している

スマホアプリで資格対策をすることが可能!!

もちろんこのスマホアプリだけで勉強するのは少々物足りないので、

予備校に通ったり、参考書を読んだりするなど、

いくつかの手段と同時並行することで、高い効果をあげられると思います。

 

イーラーニング研究所のスマホアプリの特徴はいくつかありますが、

最も嬉しいのは「完全無料」という点ではないでしょうか。

月額制でもないですし、課金要素もゼロっ!!

掛かるのは通信費くらいですね。

それでも定額制でスマホを契約すれば、微々たるものです。

イーラーニング研究所の資格対策のスマホアプリは

動画が流れるものではありませんので、

1ヶ月間24時間起動しても100MB行かないのでは?

内容に関してですが、出題形式は「記憶定着モード」と

「試験モード」の2つが用意されています。

前者は参考書のように読み進め、後者で実力を試すのはいかがでしょうか。

 

介護福祉士は離職率が高い仕事として有名です。

仕事が大変なのもありますが、寿退社が多いのも理由になります。

そして子供がある程度大きくなったら復職したいものですが、

10年くらいブランクがあると、ちょっとマズイかもしれません。

そこでイーラーニング研究所のスマホアプリが活躍します。

これで復習して、介護の知識を補填することが可能です。

 

また、10年も経てば、法制度もいくつか変わります。

介護保険の点数もここ10年でかなり変化したのではないでしょうか?

自己負担は、2015年8月までは1割だったのに、

2018年8月から3割負担になるそうです。

資格対策のスマホアプリで、しっかりと知識の補填をしましょう。

イーラーニング研究所のスマホアプリで国内旅行業務取扱管理者の試験対策

FP3級に比べたら、国内旅行業務取扱管理者の試験は難しいです。

前者は80~90%、後者は30~40%くらいになります。

そして勉強時間も前者は数十時間に対し、

後者は200時間前後必要とも言われています。

 

イーラーニング研究所のスマホアプリを使えば、

FP3級も国内旅行業務取扱管理者も勉強することが出来ます。

ただし、それぞれの情報量は異なります。

前者は少ない時間で全部やりきれると思いますが、

後者はその3倍近いボリュームが収録されているかもしれません。

FP3級は1~2ヶ月程度の準備で大丈夫ですが、

国内旅行業務取扱管理者はたっぷりと半年ほどの余裕が欲しいところです。

 

イーラーニング研究所のスマホアプリですが、

これは仕上げとして使うのが有用かもしれません。

まずは参考書とかから始めて、ある程度知識を蓄えてからやれば、

効率的に勉強できると思いますよ。

イーラーニング研究所のスマホアプリは試験モードと記憶定着モードがありますので、

自分の知識量に合わせて使い分けて勉強してください。

 

そしてスマホアプリの利点は携帯性です。

電車の中でも出来ますし、トイレの中でも可能です。

ちょっとした隙間時間があれば、どこでも勉強できるのがスマホアプリの特徴です。

社会人になると毎日が忙しく、帰宅が深夜になるのは日常茶飯事です。

帰宅してから勉強するのは、事実上不可能に近いです。

しかし、スマホアプリなら、ちょっとした空き時間でコツコツ勉強できますので、

まとまった時間が取れない方でも、十分な知識を身に付けやすいと言えます。

 

国内旅行業務取扱管理者の勉強法は色々あります。

専門学校に行ったり、本を読んだり、専用のDVDを見たり、

イーラーニング研究所のスマホアプリ以外にもたくさんの方法があります。

自分にあった勉強法を選んでください。

教育格差に対するイーラーニング研究所の想い

「すべての子ども達に教育を」

これはイーラーニング研究所の社長の言葉であり、企業理念でもあります。

社会が発展するには一人ひとりを大切にする必要があり、

そのためには切り捨てるのではなく、

底上げすることが大事だと、社長は考えています。

そして学力と言うものは本人の努力だけでは覆せないことが多いです。

今や大半の子どもは塾に通うのが当たり前ですが、

家庭の事情で塾に通えない子はたくさん居ます。

そうした教育格差を無くす思いから、イーラーニング研究所は様々な事業に着手し、

子供を平等に教育できる環境を生み出そうと努めているのです。

 

eラーニングは非常に安価に学べる教育として注目されています。

塾や家庭教師と違って、直接人を介さずに済みますので、

人件費のコストカットを見込めます。

また書籍と違い、eラーニングは情報を伝達するコストも安価です。

木材資源を節約することに繋がりますし、

何より情報更新のたびに増版する必要もありません。

データを管理しているサーバーを更新するだけで事足ります。

使用者が支払うコストは、電気代と通信費くらいではないでしょうか。

さらにeラーニングは時間と場所を選ばない勉強法として高い人気を誇ります。

イーラーニング研究所が提供しているeラーニングにはスマホ対応のものがあり、

電車の中や喫茶店でも悠々自適に勉強することが可能です。

イヤホンをすれば、音も流せますよ。

 

日本は教育が行き届いている国として有名ですが、

それでも教育格差は存在しています。

そもそも、大学の学費はかなり高いです。

世界を見比べても、かなり高額と言えます。

そして、大抵の企業は「大卒」しか雇っていません。

高卒を門前払いしている企業はとても多いです。

だからこそ、教育格差を無くそうと、

イーラーニング研究所は様々な活動を通じて支援を続けているのです。