フォルスクラブ」カテゴリーアーカイブ

フォルスクラブをするのに必要な体力

フォルスクラブをするのに必要な知力ですが、
最低3歳児程度で出来る可能性があります。
実際には5歳児程度の知力は欲しいところです。
パスワードの概念とアルファベットくらいは読めないと、
フォルスクラブにログインするのは難しいでしょう。
では、体力はどうでしょうか?
どの程度の運動機能があれば、
フォルスクラブをすることが出来るのか気になりませんか?

「箸より重い物を持ったことがない」という方も居ると思います。
箸は10~25グラム程度の重量となりますので、
そうした方々はスマホ(130~150グラム)や
タブレット(450~650グラム)を持てない可能性があります。
そうした方がフォルスクラブをする場合、スマホやタブレットを持つのではなく、
テーブルに置いてプレイすることになりそうです。

また、乳幼児の握力は強いと言われていますが、
物を持ち続けるだけの体力があるとは限りません。
お子さん自身にタブレットを持たせてプレイさせるのも良いですが、
5分以上自分の手で支えるのは難しいかもしれませんよ。
フォルスクラブの幼児向け音感育脳システムは
やはり親子一緒になってプレイするのが良さそうです。
親御さんは、タブレットを持つ係をしましょう。

体力ですが、寝不足や栄養不足でも極端に落ちますよね。
どれくらい体力が低下した状態でも、フォルスクラブは出来るのでしょうか?
実際は脳の方が先にギブアップしますが少なくとも、
指と眼球が動くだけの体力があればフォルスクラブをすることが可能です。
もっとも、そこまでの極限状態でしたら、
まともに脳が動きませんので、全く学習にはなりません。

寝たきりの方についても考えてみたいと思います。
新聞を自分でめくれない方でもフォルスクラブは出来るのでしょうか?
こちらも、自分の指と眼球さえ動けば、十分やれる可能性があります。
幼児向け音感育脳システムはリズムゲームに近いので、
機敏な動きを求められますが、それ以外のコンテンツは
のんびり自分のペースでプレイすることが可能です。

結論として、指と眼球が動く体力さえあれば、
フォルスクラブを十分プレイすることが出来ると言えます。

フォルスクラブをするのに必要な知力

あらゆる年齢に対応しているフォルスクラブですが、
すべての方が出来るとは限りません。
幼児向けアプリがありますが、
実際に幼児がひとりでフォルスクラブをすることは出来ないでしょう。
今回は、フォルスクラブをするのに最低限必要な知力について
考えてみたいと思います。

まず、フォルスクラブをするには、最低でも3歳児程度の知能は必須です。
そして、文字も読めないといけません。
最低でも「フォルスクラブ」という7文字くらいは読めないといけません。
いや、実際に表記されているのはFORCE Clubなので、
小学生でも難しいかもしれません。
特に「 O 」表記がかなり特殊なので、
慣れていないと全く分からないかもしれません。
仮に文字が読めたとしても、
ログインIDとパスワードが分からないとどうしようも出来ません。
幼稚園児にパスワードの概念を教えるのはかなり難しいでしょう。
だからこそ、フォルスクラブの幼児向け音感育脳システムは、
親御さんと一緒にプレイすることが求められるのです。
そしてアプリの中身まで辿り着ければ、あとはお子さんが一人で遊ぶことも可能です。

言語の概念を理解しないといけませんので、
サルやイルカではフォルスクラブをすることは出来ません。
おサルさんでも高いところにあるバナナを取る知能は持っていますが。
パソコンのパスワードの概念と文字の意味を教えるのは困難でしょう。
その難易度はヘレンケラーの比ではありません。
フォルスクラブを扱えるのは、人間だけになります。

パスワードの概念さえ分かれば、誰でもフォルスクラブをすることが出来ます。
逆に言えば、パスワードで躓くと、どうしようもありません。
電話で助けを呼ぶことも出来ますが、電話が出来るかも怪しいです。
フォルスクラブをするには、やはりある程度の知能が必要なのです。

フォルスクラブはどこまで並行作業が可能か?

2つのことを同時に出来たら便利ですよね?
本業(仕事)をしながら、株式取引をできる様になれば、
人生を2倍お得に使う事ができそうです。
しかし2つのことを同時にこなすのは、一般人には難しいと言えます。
人間の脳の構造はそう簡単には出来ていないのです。
では、仮にフォルスクラブをしながら、他にどんなことが出来るでしょうか?
今回は修行していない一般人でも
出来そうな並行作業について考えてみたいと思います。

人間の行動で最も阻害されにくい感覚器は、聴覚です。
人間は音楽を聴きながらでも、視覚と触覚を駆使して何かをすることが出来ます。
駅のホームでも、イヤホンを指して音楽を聴きながら歩いている方は居ますよね。
と言っても、脳の使用割合は、聴覚1で、
触覚(手足を動かす)と視覚が残り9割を占めていると思います。
つまり、フォルスクラブも音楽を聴く程度であれば、
並行作業が可能ということになります。
もちろん、使用している脳の割合が1割未満なのであまり勉強にはなりませんが、
1割でも頑張って積み重ねていけば、きちんと勉強になりますよ。
歩くだけ、ドライブするだけでしたら、フォルスクラブとの同時並行は可能と言えそうです。
ただし、勉強に集中し過ぎて、事故に遭わないようお願いします。

では、聴きっ放し以外で、他にフォルスクラブは活用できないのでしょうか?
フォルスクラブを視界に収めつつ、他に何か作業は出来ないでしょうか?
簡単に思い付くものでしたら、筋トレなどが考えられます。
スポーツジムにある各種器械を使って筋トレしつつ、
スマホか何かで勉強することが出来そうです。
実際にランニングマシンで走りつつ、スマホを眺めている方は居そうですね。

フォルスクラブをするのに必要な通信環境

今や色々なところで電波が飛んでいます。

でも、通信速度でしたら有線が確実ですね。

では、フォルスクラブをするのに必要な通信環境は何があるでしょうか?

今回はそのことについて紹介したいと思います。

 

まず、フォルスクラブをするためのツールですが、

パソコン、タブレット、スマホ、ガラケーの4種です。

このうち、有線に対応しているのはパソコンだけです。

厳密には、タブレットを有線接続させる裏技がありますが、

かなりイレギュラーなので、今回はそれを除外します。

タブレットをやるなら無線LANを室内に飛ばす必要があると言えます。

なお、スマホやガラケーに関しては、通信局が今まで頑張ってくれたおかげで、

99%のエリアで対応しています。

残りの1%がかなり気になりますが、

大抵の家はスマホやガラケーを普通に使えると思います。

 

フォルスクラブをパソコンでやるのに必要な回線速度ですが、

これはそこまで気にしなくても大丈夫です。

でもADSLより古いと、ちょっとカクカクした動きになってしまうかもしれませんね。

動画とかも満足に見られないかもしれません。

低速な回線では満足に動かない可能性がありますので、

今の回線がどうなっているか確認してみてください。

とりあえず、動画が止まるようなら、

新しいプロバイダに変えることを視野に入れましょう。

無線LANに関しても色々なものがありますので、

出来るだけ新しいものにした方が良いですよ。

 

あと、インターネットは「使い放題」を推奨します。

使った分だけ支払う契約形式だと、

フォルスクラブであっという間に上限まで達してしまいます。

動画を30分見ただけで、限界に到達するかもしれませんよ。

パソコンのインターネットは「使い放題」に限ります。

フォルスクラブをするのに必要な机の高さ

勉強する場合、まずは快適な環境を作る必要があります。

机がないと、床に寝そべって勉強しないといけませんが、

それだと疲れてしまいます。

ベッドを机代わりにするのもアリですが、

ベッドはふかふかなので、文字を書くのに適しません。

 

フォルスクラブをする際も、適切な環境作りが必須です。

パソコンでやるなら、適したパソコンデスクが必須ですし、

タブレットやスマホで勉強する際も、色々と用意したいものがあります。

そしてただ机を用意するだけではいけません。

タイピングをする必要もありますので、

キーボードと肘の高さはしっかりと合わせないといけません。

視線とモニターの高さも合わせる必要があります。

こうした細かいことを調整するか否かで、

勉強の効率が大きく異なることは珍しくないのです。

 

あと、フォルスクラブをするなら広さも気にしたいところです。

大抵のパソコン専用デスクは、

パソコンモニターとキーボードとマウスしか置けないことが多いです。

ノートを広げて、そこで書き取りするスペースがないケースは

多いのではないでしょうか?

フォルスクラブはeラーニングですが、ノートを使って勉強したくなる時もある筈です。

ノートパソコンでしたら、好きな場所に移動して勉強することは出来ますが、

モニターなどが固定されている場合は、どっかに持っていくことは難しいです。

なので、最初にパソコン専用デスクを購入する時点で、

ノートを置くスペースを考えておく必要があると言えます。

 

勉強する環境作りは大事です。

集中力もかなり変化します。

また、最近だと無線で動くマウスもありますが、

感度が悪いと上手く動いてくれないかもしれません。

フォルスクラブをする際は、周辺設備にも気を配るのを忘れずに。

フォルスクラブをするのに必要な機械について

eラーニングとして高い人気を獲得しているフォルスクラブ。

eラーニングは電子機器を使った学習になりますので、

そうした機械を最初に揃える必要があります。

大抵の家庭には普通に備わっていることが多いですが、

中には非対応の機械を扱っているかもしれません。

今回はどういった機械を揃えればフォルスクラブが出来るかを紹介したいと思います。

 

公式サイトの「動作環境」を見れば一目瞭然ですが、

パソコンに不慣れな方はチンプンカンプンだと思います。

メモリ:8GB PC3-12800

CPU :AMD A4-7300 APU

と言われても、どこの異世界かと多くの方が困惑すると思います。

初心者の方でも分かりやすく説明するなら、

フォルスクラブは「2010年以降に登場したWindows」でプレイすることが出来ます。

「Mac」ではプレイ出来ないのでご注意ください。

他にもOSは存在しますが、一般家庭はWindowsかMacを使っていることが多いです。

ちなみにAppleはメーカー名なのでOSとは関係ありませんが、

AppleはMacパソコンしか取り扱っていない模様です。

 

スマホでしたら、こちらも2010年以降に登場したものならフォルスクラブを扱えます。

日本のメーカーのものなら、auでもSoftBankでもdocomoでも何でもOK!!

ガラケーに至っては2001年以降のモデルなら可能と言われていますが、

そんなに前だと、バッテリーの方が寿命で使えないかもしれませんね。

とりあえずバッテリーの関係で、スマホ・ガラケーはある程度新しいものをお使いください。

 

あとはタブレットも欲しいところですね。

これに関してはフォルスクラブを新規契約する時に無料で1つタブレットがもらえます。

12ヶ月契約が条件ですが、入手するだけの価値はありますよ。

もちろんこのタブレットは、全てのアプリの動作環境の条件を満たしています。

フォルスクラブの料金についてのアレコレ

フォルスクラブは、入会金10,000円(税抜)と

月額利用料金6,000円(税抜)で利用することが出来ます。

2017年現在は、10,800円と6,480円になります。

上記は消費税8%の話になりますので、

10%にアップしたら11,000円と6,600円になります。

予定では2019年10月に10%にアップするそうです。

ただしあくまで予定なので、早まったり、延期したりする可能性は非常に高いです。

 

フォルスクラブの利用料金ですが、初月は無料になります。

登録した月の分は無料で利用することが出来るのです。

ちなみにフォルスクラブは先払い制のサービスになります。

4月1日に登録したら、その時に5月利用分のお金を支払うカタチになります。

ただし初回の支払いはちょっと特殊です。

クレジットカードで払う場合は通常通り1ヶ月分で大丈夫ですが、

口座振替は最初に2ヶ月分支払います。

4月1日に登録したら、その時に5月と6月の利用分を支払うカタチになり、

次のお支払いは6月になります。

 

初月分がサービスになりますので、

月初めにフォルスクラブをスタートするのが理想です。

ただし、登録には3日~1週間くらい掛かるので、あんまりギリギリに申請すると、

3月31日スタートになってしまうかもしれません。

そうなったら、無料期間が僅か1日しかないことになってしまいます。

このあたりのさじ加減は非常に難しいです。

また、4月は30日しかありません。

3月や5月の方が1日多いのでお得です。

細かいようですが、そうした利用開始日に気を配るのも大切と言えそうです。

 

ひとつ気になるのは、入会金の遅延損害金です。

年14.6%と利用規約に書かれていますが、

入会金の支払いが遅延することってあるのでしょうか?

入会金を支払って初めてフォルスクラブのログインIDが支給されますので、

遅延することは皆無な気がします。

このあたり、とても謎です。

フォルスクラブの特徴について

一口にeラーニングと言っても、色々な教材があります。

eラーニングを取り扱う企業は山のようにあり、それぞれ個性があり、

どれを選べばいいか迷ってしまいます。

そしてフォルスクラブは他社では真似できないサービスを展開しています。

それを目当てにこの教材で勉強している家庭は、とても多いのではないでしょうか。

 

一般的な教材は、ひとりに向けて提供するのがほとんどです。

TOEICの勉強のための教材があったとしても、ひとりを対象としたものがほとんど、

2人以上でする前提では作られていません。

ついでに言うと、2人以上の人間が同時に

その資格を取ることはかなり珍しいのではないでしょうか。

兄弟姉妹が居ても、みんなで同時にTOEICに向けて勉強することは稀だと思います。

しかし、フォルスクラブはそうした教材とは一線を画しています。

TOEICの勉強以外にも、ケアマネージャーの資格講座、幼児向け育脳アプリ、

高校生向けeラーニング、動画で学べる英文法など、

多種多様のコンテンツが搭載されており、

複数の人間が同時に勉強しやすくなっています。

 

また、フォルスクラブは家族契約の教材になります。

月額6480円を支払うことで、家族全員(5名まで)プレイすることが出来ます。

1人でやっても5人でやってもこの料金は変わりません。

家族みんなで使えるのが、この教材の最たる特徴だと言えます。

 

兄弟姉妹が多い家庭に向いていますので、教育費を安く済ませたいのでしたら、

フォルスクラブはいかがでしょうか。

フォルスクラブの体験型英語学習アプリ

色々なコンテンツが搭載されているフォルスクラブを使えば、

様々な勉強が可能です。

特に英語の勉強には最適な教材だと言えます。

RPGゲームを進める感覚で英単語を覚えるものから、

洋画を見る感覚で英文法を覚えるものまで、

多種多様に揃っていると評判になっています。

そして体験型英語学習アプリが人気のアプリとして、

多くの方からプレイされています。

 

フォルスクラブの体験型英語学習アプリを一言で紹介するなら、

英語ノベルになります。

もしくは恋愛ゲームでしょうか。

大学編とロンドン編の2つがあり、それぞれ異なるストーリーを楽しむことが出来ます。

洋書を読むのと違って、キャラの立ち絵や背景がありますので、

感情移入はしやすいと言えます。

 

また、選択肢によって変化するマルチエンディングなのも魅力と言えそうです。

全部のルートをクリアするのは大変ですが、

頑張ってプレイしてアルバムをコンプリートしてください。

また、ストーリーを進めていくとミニゲームが登場します。

英単語の四択クイズが出題されますので、英語の勉強にはかなり良いです。

何度も同じルートを進めていけば、日本語翻訳なしでも読めるようになると思いますよ。

 

フォルスクラブの体験型英語学習アプリはスマホでもタブレットでもプレイ可能です。

家ではタブレットでやって、外でスマホでその続きをプレイすることも出来ます。

このように使い分けが可能になりますので、自分に合ったツールでプレイしてください。

学校の成績アップならフォルスクラブで

フォルスクラブは様々なコンテンツが揃っている通信教材として人気です。

色々な勉強が出来ますが、特に学校の勉強には定評があるのではないでしょうか。

極端な話、学校の授業に100%付いて行くことが可能なら、

MARCHくらいの大学には入れます。

特に試験勉強などせずとも、学校で受けた授業を全部暗記し、

それをすべてテストで発揮することが出来れば、

大抵の大学には入ることが可能です。

 

ただしそこまで記憶力が良い人は、日本に数人居るか居ないかです。

大抵の人は、授業を受けたその場でどんどん記憶から抜け落ちていきます。

だからこそ復習を行い、記憶の定着を促しているのです。

超有名な大学を合格する方は、脳の構造が良いのはもちろん、

勉強の仕方も上手いです。

より良い教材を使って勉強することで、

受験に要する勉強時間を短縮することが可能と言えます。

 

フォルスクラブはかなり良い教材として評判です。

フォルスクラブの高校生向けeラーニングで勉強すれば、

学校の予習・復習は万全と言えます。

もちろん、テストでも良い点を取れるのは間違いなしだと言えそうです。

と言うのも、フォルスクラブは製作スタッフ全員が東大生です。

勉強のスペシャリストでもある東大を卒業したスタッフのみが手掛けたものとなり、

その中身は日本で最上級だと言えます。

通常の参考書よりもかなり良い出来だと言えるのではないでしょうか。

全国の都道府県教育委員会も注目しており、

一部は学校の教材にも使われているほどです。

評判高い大学の受験対策にも良いですよ。

 

また、モチベーションを維持することにも力を入れています。

フォルスクラブのこのコンテンツは、

学習環境を一覧で確認できるようにしていますので、

自分の成果を一目で眺めることが可能です。

ゲーム感覚で進められるのもフォルスクラブの強みで、

飽きずに楽しく学べると人気を獲得しています。

 

学校の成績アップを目指すなら、良い教材を使いたいものです。

そして学校でテストで良い点を取れば、

本番の受験でも良い点を取ることが可能です。

もしくは内申を高めて、推薦を勝ち取るのも良いかもしれませんよ。