月別アーカイブ: 11月 2016

上場企業の社員はフォルスクラブで英語を学ぶ

社会人が英語を学ぶ方法は色々あります。

英会話の塾に通ったり、英会話カフェに通ったり、

自分で教科書を買ったりなど、色々な方法があると思います。

しかし、通う系は忙しい社会人には取りにくいものです。

また、自分で教科書を買っても、それだけで頭が良くなるとは限りません。

教科書にも色々な種類があり、

適したものを選ばないと時間の無駄になってしまうかもしれません。

そんな中、注目を浴びているのが通信教育です。

最新の通信教育なら、確実に英語力が身に付くと評判になっています。

そして、上場企業の社員の間で着実に人気を集めているのがフォルスクラブになります。

 

フォルスクラブの特徴はいくつもありますが、

特に良いのは利用者のレベルに合わせて学習できる点ではないでしょうか。

フォルスクラブに収録されているTOEICも3種類の難易度が用意されており、

自分の実力に見合った教科書で学ぶことが出来ます。

TOEICで460点を目指すもの、600点を目指すもの、730点を目指すものがあり、

それぞれに問題集と単語帳と教科書が付いているため、効率良く英語を覚えることが可能です。

上場企業の社員でしたら、最低でも600点は欲しいところです。

明確な根拠はありませんが、日本のビジネスマンの平均的なボーダーが600点と言われています。

 

実際に海外で働くなら900点以上は欲しいところです。

上場企業でしたら、海外に支社をいくつも持っていることが多く、

駐在員として働く機会は多いかもしれません。

それを見越して、フォルスクラブで英語を学んでおけば、

突然の辞令でも難なくやりこなすことが出来ます。

 

TOEICで満点を取るには、累計3000時間以上勉強しないと難しいと言われています。

アメリカで数年間過ごしているネイティブの方たちでしたら、

ケアレスミスが無い限り、ほぼ全員が満点を取れると聞きます。

しかし、英語を日常的に聴く機会がないと、

これだけ膨大な量の勉強時間を費やさないといけないことを意味します。

上場企業に勤める社員でも、この苦労は変わりません。

逆に言えば、TOEICで満点が取れるのなら、海外で難なく働けるということです。

 

全ての上場企業の社員が英語を話せるとは限りませんが、

英語が通じる機会は多いかもしれません。

上場企業なだけはあり、優秀な新卒学生のみを採用しているのです。

そうした方々は物覚えが良く、英語も直ぐに覚えると思います。

フォルスクラブを渡せば、半年で英語を話せるようになるかもしれません。

フォルスクラブの資格対策講座や

LEARNING EYESを使って勉強するのはいかがでしょうか。

上場企業の社員の教育に一役買っているフォルスクラブ

社員教育はどこの企業も力を入れています。

ましてや上場企業なら尚更です。

ビジネススキル研修、専門技能研修、マネジメント研修など、

今の日本にはあらゆる研修事業が存在しています。

 

フォルスクラブはよく、上場企業の研修で使われています。

フォルスクラブの「ふぉるぱ」は自由に4択クイズを作ることが可能で、

それで作った問題を社員にやらせることが出来ます。

専門技能研修の場合、

それに対応した問題集はどこにも売っていないので自分で作ることになりますが、

パソコンの知識がないと中々作れないものです。

白紙の紙に印刷する場合でも、読みやすい書式というものが存在し、

レイアウトのスキルも求められます。

フォルスクラブの「ふぉるぱ」でしたら細かい設定は不要です。

文字を入力するだけで簡単に問題集を自作することが出来ます。

フォルスクラブを使って、

上場企業の新入社員に技能テストとしてやらせることが可能です。

 

また、英語研修の需要は高まりつつあると言えます。

すべての上場企業で英語が必須とまでは言いませんが、

海外旅行や海外支部で働くなら英語は必須です。

むしろ、上場企業ともなれば、毎年のように海外旅行があると思います。

フォルスクラブがあれば英語の対策はバッチシです。

フォルスクラブのおかげで、上場企業の社員も安心して海外旅行を楽しむことが出来ます。

 

今の日本の研修制度は世界でも認められており、

こうした研修事業を輸入する動きもあるそうです。

ユニクロか九州新幹線か、どこの企業か忘れましたが、

中国のとある企業がそこの会社が実施している研修のノウハウを

購入したという話を聞いたことがあります。

中国には新入社員を研修させるという文化がなく、

仕事をさせながら覚えさせていきますが、

それだと使い物になるまでに大分時間が掛かります。

基本となるビジネススキルを身に付けさせるために、

お得意様にかなり迷惑を掛けてしまいます。

メールの返信の仕方をその都度指導していたら、

指導係の先輩の業務時間は圧迫されてしまいます。

そこで最初にビジネススキル研修を叩きこむことで、

その後の業務をスムーズに回すことが出来るのです。

 

新人研修や社員旅行は日本独自の文化に近いと言えます。

アメリカにはこのどちらもありません。

即戦力しか雇わず、社員同士のコミュニケーションも必要以上に取りません。

日本は交流を大事にしています。

外資系の企業でも、

交流を深めるために様々なイベントや社員旅行を実施していると思います。

上場企業の社員がよく使っているフォルスクラブ

英会話スキルの需要は年々高まりつつあると言えます。

英語が話せなくても日本に居る限り困ることはほとんどありませんが、

それは日本に居る間だけです。

アメリカの駐在員として働くのに英語が話せないととても困ります。

アメリカ本土の中には日本語だけで生活できるエリアがありますが、

空港の入国審査は英語が主体になります。

カタコトの英語だけでも入国審査は割と突破出来ますが、

問題はトラブルがあった場合です。

就労ビザの期限が切れていた場合は、詳細な説明を求められます。

上手く説明できない場合、強制送還されるかもしれません。

 

それゆえ、英会話のスキルが必須ですが、英語というものは簡単には身に付きません。

一朝一夕はまず不可能で、3ヶ月以上集中して勉強しても難しいと言われています。

そして社会人は本業がとても忙しいです。

仕事をしながら英語の勉強をするのは、かなり大変だと思います。

そこで便利に活躍するのが通信教育のフォルスクラブです。

上場企業でもかなり話題になっており、

フォルスクラブを使って英語の勉強をすることが出来ます。

 

フォルスクラブは基本的に家族向けに提供していますが、

上場企業の様な法人に向けたサービスも行っているのです。

フォルスクラブは複数のアカウントを提供するのが特徴で、

法人向けでしたら社員全員分のアカウントを支給すると思います。

上場企業の社員も安心して英語の勉強をすることが出来ます。

 

上場企業ともなれば、新卒採用試験で英語スキルの確認をするかもしれませんが、

上場企業の多くが幅広い年齢層の方が働いています。

30代や40代の方もバリバリ働いています。

そうした方々は入社試験の時に英語スキルの確認をしなかったと思います。

確か、英語技能を計るSPI2の導入は2009年頃と言われています。

ましてや、部署によっては英語に全く触れないところもあると思います。

大学時代に英語を習っていても、20年近く経てば綺麗さっぱり忘れるものです。

そうした方を対象にフォルスクラブは通信教育にて英語を教え直します。

 

そんなに簡単には実践的な英会話スキルを身に付けられませんが、

コツコツと隙間時間を利用して勉強することで、

1年後ぐらいには英語がペラペラになるのではないでしょうか。

英語が話せれば、突然の辞令で海外に飛ばされても大丈夫です。

上場企業の中には海外支部を多数持つところもあると思いますので是非、

フォルスクラブで準備を進めるようお願いします。

 

勉強はコツコツやって初めて成果というものが見えてくるものなのです。