イーラーニング研究所で学べる宅地建物取引士資格試験とは?

イーラーニング研究所のスマホアプリを使えば、
宅地建物取引士資格試験の勉強が出来ます。
所謂、宅建ですね。
では、宅建の資格を取れば何が出来るのでしょうか?

宅建の資格があれば、顧客に土地・住宅の売買、
および賃貸の紹介が可能になります。
宅建の資格がないと、お客に「商品の説明」すらやってはいけないのです。
不動産は非常に高額な商品になりますので、
この宅建の資格がないと売ることが出来ないのです。
そもそも日本の法律では大抵、ものは売るのに資格・届け出が必要です。
飲食店を経営する資格や、弁護士事務所を開く資格、
保育園を運営するための資格、ネットショップを開業するのに必要な届け出、
移動販売車で販売する届け出などなど。
日本は資格がないと何も出来ないと言っても過言ではありません。
ちなみにイーラーニング研究所のスマホアプリは保育士試験にも対応しています。

不動産会社は新卒を採用する時、宅建のあるなしはあまり見ていません。
入社してから取らせることが多いです。
それまでは先輩社員のサポートしか出来ません。
そしていつまでも半人前以下では駄目なので、
イーラーニング研究所のようなところが作る学習教材を使って、
宅建の勉強をするのです。

と言っても、そう簡単に宅建の資格は取れるものではありません。
一説では、合格率は15~17%と言われています。
たんにやる気のない方が多いというのもありますが
(会社の命令で強制的に受けさせているケースが多い)、
それを考慮しても合格率は30%を超えないでしょう。

宅建の試験は年に1回だけの実施で、10月テスト、7月申込みです。
しっかりとそれまでにイーラーニング研究所のスマホアプリで宅建の対策をしましょう。
ちなみに、行政書士は年に1回、保育士試験は年に2回と、
資格の種類によって異なりますのでご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です