フォルスクラブは無料で出来ないの?

車の試乗や食品コーナーの試食など、

私たちの身の回りには様々な「無料体験」が溢れています。

それらの多くが、無料で提供しても、

本製品を買ってくれることで採算が取れることから、

こうしたサービスを提供しているのです。

しかし、製品のすべてが、採算が取れるとも限りません。

中には初回だけ購入して、二度目は買われないこともあります。

もしくは、たった一回の使用で満足してしまうこともあります。

「無料体験」をするということは、

その一回分の「購入される」機会を失うという意味なのです。

それゆえ、企業の多くが「無料体験」を簡単に導入できない背景にあります。

 

インターネットが関わる製品には無料が多いかもしれません。

今流行りのネット漫画だと、一話のみ無料というのが多いと思います。

一方で、勉強系の教材ではあまり無料体験を見ません。

理由はいくつか考えられ、①数日の体験では良さが分からない、

②数日の体験で満足して飽きられる、

③無料で提供する分がコストとなり利益を圧迫する、などがありそうです。

 

eラーニングのフォルスクラブも無料体験を行っていない通信教材になります。

それは、フォルスクラブは「勉強」というジャンルだからこそ、

無料で提供できないのかもしれません。

そもそも、勉強は一朝一夕どころか数週間あっても実を結ばないものです。

何か月もコツコツと時間を掛けて、初めて成果が見られるものになります。

漫画などは数分あれば満足しますが、勉強の成果を出すには、

無料体験の期間では不可能と言えます。

また、フォルスクラブは多用なコンテンツが特徴です。

それら全てに「無料体験用」のコンテンツを作るとなると、

経費の方は非常に圧迫されます。

フォルスクラブのような勉強系の教材は漫画と違って、

一部分抜粋なんてすることが出来ないのです。

簡単に言えば、20巻分の漫画を1巻にまとめて、

かつ内容の方も満足させることに近いことかもしれません。

完全に新しく作ることを意味しますので、

コストの方は非常に多大になると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です