フォルスクラブの創設者である吉田智雄氏の願い

吉田智雄氏のビジネスの始まり
フォルスクラブの創設者である吉田智雄氏は1963年に大阪府堺市に生まれ、大学卒業後には大手自動車メーカーに勤務しセールスの仕事を始め、この頃から商品を顧客に届けるために何を成すべきかを考えるベースとなったようです。
数年の勤務をした後、大学時代の友人と再会し化粧品の販売や通信機器の代理店を起業し、ここでビジネスのノウハウを身につけていきました。
そしてついに、吉田智雄氏は2002年にフォルスクラブを創設します。

 

フォルスクラブの理念
吉田智雄氏がフォルスクラブを創設する大きなきっかけとなったのが昨今の経済の問題で、雑誌のインタビューなどでも「教育格差は経済格差の影響をモロに受ける」と発言しています。
それらの状況を打開するために、どのような家庭に生れた子供でもリーズナブルな料金で教育を受けられるべきだと考えた吉田智雄氏は自ら動き出しフォルスクラブを創設しました。
フォルスクラブの幼児教育や小中高生の教材の中には最新鋭のタブレット端末が無償で提供されているコースもあり、この太っ腹なサービスに驚いたり、こんなに安価なのはあやしいと思われてしまうほどの手厚いサービスが用意されています。
そこには吉田智雄氏の全ての子供たちに教育を与えたいという熱い想いが込められています。

 

フォルスクラブは慈善活動も積極的
フォルスクラブは可能な限り安価に教育サービスを提供する事を目指していますが、それでも昨今の情勢から毎月数千円の費用さえも大きな負担に感じる家庭も少なくありません。子どもがいる家庭で、18世帯中1世帯は、年収150万円以下と言われています。そもそも親を持たない子どもも少なからず居ます。
そんな中で吉田智雄氏は自ら日本全国の児童養護施設などに足を運び、フォルスクラブの教材やサービスの無料提供やタブレット端末の配布なども行なっています。
このような活動が行なえるのも吉田智雄氏の信念と行動力にあるのはもちろんのこと、フォルスクラブが提供している優れたノウハウやカリキュラムが高く評価され順調に会員数を増やして業績を伸ばしているのも大きな要因です。

 

さらに広がりを見せるフォルスクラブ
ここ数年でどんな年代でも本人のやる気さえあれば何度でも教育を受けられるリカレント教育に大きな注目が集まり、教育を受けるのは幼児から大学生までの年代とは限らず、成人から高齢者までさまざまな世代も教育を受けたいというニーズが高まっています。
そのような要望に応える形でフォルスクラブでもお仕事に役立つような資格の取得から趣味を楽しむためのサブカルチャーまで幅広い通信教材の提供がスタートしました。
元々は全ての子供に教育を受けてもらいたいというコンセプトで始まったフォルスクラブでしたが、ご家族みんなで入会したいという方のために同一世帯の誰かが会員登録を済ませていれば最大5名までは他の家族もIDを追加するだけで簡単に申し込める便利なシステムの提供が行なわれたのも時代の要請に応えたものです。
今後は会員からのご意見ご希望を取り入れながらフォルスクラブのさらなるブラッシュアップはもちろんのこと、吉田智雄氏の次なるビジネスの構想にも注目が集まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です