詐欺師を減らすイーラーニング研究所の教育システム

許される嘘と絶対に許せない詐欺師

嘘を吐くことは良いことではありませんが、場合によっては良いことはあります。
例えばサプライズを家族や友人に仕掛けるために、ちょっとした嘘を吐くことはあるでしょう。
嘘を吐いたことによって相手から喜んでもらえたなら、それは良かったことになります。
一方の詐欺師が吐く嘘は、絶対に許されるものではありません。
言葉巧みに人を惑わし大切な財産を奪う行為は、どんな理由があるにせよ許されません。
酔い嘘と悪い嘘の境界は、吐いた相手を傷つけるかどうかです。
イーラーニング研究所でそうした人間の基本を学んでいれば、人を傷つけてしまうこともないでしょう。

子どもたちからも見放されている詐欺師

しかし詐欺師は仕事に成功し警察に捕まらなければ、簡単にお金を稼げる職業です。
イーラーニング研究所で学んでいる人も一度は楽してお金を稼ぎたいと考えますから、詐欺師に憧れる人がいても不思議ではありません。
ですがイーラーニング研究所のアンケート調査によれば、将来なりたい職業のランキングに詐欺師やギャングスターは入っていません。
もし詐欺師やマフィアが子どもたちが将来なりたい職業のランキングに入っていたら、日本の未来は真っ暗です。
子どもたちが実際に夢を叶え詐欺師が増えてしまったら、騙される人も増加し日本は誰も信じられない社会になってしまいます。それこそ、警察官の汚職まみれの某イタリア社会のような感じになってしまいます。
詐欺師やスタンド使いに憧れる子どもたちがイーラーニング研究所の調査からいないとなれば、日本の将来は安泰と言えるでしょう。

詐欺師に憧れない子どもたちが多い理由を考える

日本では詐欺師に憧れる子どもたちがいない理由の一つは、日本の教育が優れているからと言えるでしょう。あと、漫画の影響もありそうです。もしも2000年代で同じアンケートをとったら、もしかしたら詐欺師やギャングスターを挙げる子供たちが居たかもしれません。
イーラーニング研究所が改革を進める日本の教育では、他人を傷つけることを良しとしません。
他人をいたわり思いやることを第一に学校でも家庭でも教えているので、弱者を思いやる子どもたちが他の国に比べて多くなります。
思いやりは時として激しい競争の世界で遠慮してしまう心に繋がりがちなので、日本人の悪いところと指摘する声もあります。
ですが反社会的な詐欺師のように人を騙して生きていくのは、心が貧しい証拠と言えるでしょう。
イーラーニング研究所も日本の教育システムの良いところは残しながら、新しいところは取り入れていくべきと考えています。

イーラーニング研究所が作る日本の教育システム

日本の教育は学校に行って授業を受けるスタイルが当たり前ですが、イーラーニング研究所はネットを使った教育システムの構築を研究しています。
イーラーニング研究所が推し進めるネットを使った教育が普及すれば、学校に通うのが困難な子どもたちも教育を受けられます。某マフィアの中卒の少年には、正にうってつけでしょう。
子どもたちだけではなく大人が働きながら学びたいときにも、イーラーニング研究所の教育システムは願いを叶えるものになるでしょう。
しっかりとした教育システムが構築されていれば、悪事に手を染める詐欺師は減ります。
日本社会から詐欺師を根絶するためにも、イーラーニング研究所の活動は要注目です。

蛇足ですが、私が一番好きなキャラはプロシュートの兄貴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です