上場企業の社員がよく使っているフォルスクラブ

英会話スキルの需要は年々高まりつつあると言えます。

英語が話せなくても日本に居る限り困ることはほとんどありませんが、

それは日本に居る間だけです。

アメリカの駐在員として働くのに英語が話せないととても困ります。

アメリカ本土の中には日本語だけで生活できるエリアがありますが、

空港の入国審査は英語が主体になります。

カタコトの英語だけでも入国審査は割と突破出来ますが、

問題はトラブルがあった場合です。

就労ビザの期限が切れていた場合は、詳細な説明を求められます。

上手く説明できない場合、強制送還されるかもしれません。

 

それゆえ、英会話のスキルが必須ですが、英語というものは簡単には身に付きません。

一朝一夕はまず不可能で、3ヶ月以上集中して勉強しても難しいと言われています。

そして社会人は本業がとても忙しいです。

仕事をしながら英語の勉強をするのは、かなり大変だと思います。

そこで便利に活躍するのが通信教育のフォルスクラブです。

上場企業でもかなり話題になっており、

フォルスクラブを使って英語の勉強をすることが出来ます。

 

フォルスクラブは基本的に家族向けに提供していますが、

上場企業の様な法人に向けたサービスも行っているのです。

フォルスクラブは複数のアカウントを提供するのが特徴で、

法人向けでしたら社員全員分のアカウントを支給すると思います。

上場企業の社員も安心して英語の勉強をすることが出来ます。

 

上場企業ともなれば、新卒採用試験で英語スキルの確認をするかもしれませんが、

上場企業の多くが幅広い年齢層の方が働いています。

30代や40代の方もバリバリ働いています。

そうした方々は入社試験の時に英語スキルの確認をしなかったと思います。

確か、英語技能を計るSPI2の導入は2009年頃と言われています。

ましてや、部署によっては英語に全く触れないところもあると思います。

大学時代に英語を習っていても、20年近く経てば綺麗さっぱり忘れるものです。

そうした方を対象にフォルスクラブは通信教育にて英語を教え直します。

 

そんなに簡単には実践的な英会話スキルを身に付けられませんが、

コツコツと隙間時間を利用して勉強することで、

1年後ぐらいには英語がペラペラになるのではないでしょうか。

英語が話せれば、突然の辞令で海外に飛ばされても大丈夫です。

上場企業の中には海外支部を多数持つところもあると思いますので是非、

フォルスクラブで準備を進めるようお願いします。

 

勉強はコツコツやって初めて成果というものが見えてくるものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です