フォルスクラブで得られた資格でねずみ講は防げるか


「フォルスクラブの資格対策シリーズアプリは充実」

フォルスクラブでは相続診断士の資格勉強ができる資格対策シリーズアプリがあります。このアプリではこれまでに出題された過去の試験問題などを解くことが出来るので、どのような問題が出るのかを学習しながら、これまでに学んだことを振り返ることが可能です。そのため、学習をしてきたことが定着していきます。実際の試験と同じようなやり方で出題が行われるので、場数をこなす対策にもつながります。タブレットやスマートフォンアプリでも勉強が行えるため、いわゆるスキマ時間を狙って勉強を重ねていくことも可能です。いずれにしても、相続診断士の資格をゲットするなら積極的な活用がおすすめであり、受験者には合格保証制度もあるので相続診断士の資格ゲットを目指していきたいところです。


「ねずみ講って具体的にどんな感じなのか」


ねずみ講は正式には無限連鎖講と言います。この場合、会員になると紹介をしてくれた人に入会金などを支払わないといけません。それで入会した人は別の人を紹介する際に一部のお金をもらえます。ただし、その残りのお金は紹介をしてくれた人に払わなければなりません。これをどんどん続けて下につながっていくことでどんどん人は増えていき、ピラミッドの頂上にいる人が儲かります。これがいわゆるねずみ講です。近年は情報商材などを売りつけるなどしてピラミッドを大きくしていると言われ、いつまでたってもこの動きはなくなりません。共通しているのは人々の不安に付け込んでいるという部分です。



「フォルスクラブでの学びとねずみ講は別」


相続診断士の資格をフォルスクラブのアプリで学習したことで取得できたとして、これをねずみ講を防ぐために利用するというのは少し難しいです。相続診断士は相続の基本的な知識を身につけて相続診断を行う人です。快適に相続をするためにこうするべきだという道しるべのような存在であり、ねずみ講の予防とは結び付きません。フォルスクラブで学んだことは当然のことながら相続診断士の仕事に活用できることは明らかですが、それとこれとは話が別です。防ぎようがなく、それだけでは不十分であると言えます。ただし、相続診断の際に話を聞いていく中でもしかしてねずみ講に引っかかっているのではと感じることはあります。



「フォルスクラブで学ぶ人は柔軟な人が多い」


通常、資格勉強をアプリで行おうと考え付く人はそこまで多くありません。フォルスクラブで学ぼうとした人は資格勉強のセオリーを疑い、アプリでも十分勉強ができるというチャレンジ精神の中で勉強を進めてきました。こう言う人はねずみ講に引っかかっている人を見つけてもそれを的確に指摘できるはずです。フォルスクラブで学んだことが活用できるというより、そこで学ぼうとした姿勢が人々のために役立つという視点で考えれば、いいアシストになる可能性は十分に考えられると言えます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です