フォルスクラブと香港との関係について

「フォルスクラブとは」

フォルスクラブとはeラーニング研究所が、水道の水のように低価格で良質なものを大量に供給できると意味で「教育の水道哲学」を企業理念として提供するサービスで、教育現場での授業の補完や予復習屋英語の学習、社会人においても英語学習や資格取得対策、趣味・教養を身につけるためにインターネットを使って学習するシステムとして立ち上げられたものです。フォルスクラブは子供から大人まで幅広い層の人が利用でき、しかも一人の入会と月額料金で家族5人までが利用できるというサービスです。また学習だけでなく鍵や水回りなどのトラブルや、生活における悩みごとなどもサポートするコンテンツも用意されています。

「フォルスクラブとほかの塾などの違い」

フォルスクラブの教材はパソコンやタブレットなどインターネットを使って学習をするシステムなので、時間割が決まった学習塾や予備校などと異なり、自分の好きな時間に好きなだけ学習をすることができます。スマホやタブレット対応のコンテンツなら通勤や通学の電車やバスの中で、少しだけ英語の勉強をするということも可能です。また塾だと二人の兄弟が通えば二人分の入会費と月額料金、教材費などが必要になりますが、フォルクスクラブの場合は、一人の入会金1万円と月額料金6千円の支払うと、家族のそれぞれが使いたいコンテンツ分を支払うだけで5人までの家族が利用できるので、学習塾と比較するとリーズナブルでさらに多彩な学習ができるという特徴があります。

「フォルスクラブの大人のための金融学習」

これらのようにインターネットを使って学習ができるシステムのフォルスクラブですが、学習の一環として金融の勉強会なども行っています。金融の学習なので投資に関する学習があるのですが、そんな中で香港への研修ツアーがよく行われます。一度に100人以上の団体で香港に行くのですが、香港はニューヨークと並ぶ世界の金融市場の中心とも言われているところなので、日本にいるだけでは学べないような金融に関する知識や、投資の仕方などを実際に香港という場所に行って体験するという目的でツアーを開催しています。その旅行では香港の株を購入するために香港の銀行で口座を作るということもあれば、英語学習を基調とするフォルスクラブなので、香港全体としての公用語が香港の言語と英語であることや、銀行の公用語がすべて英語という香港で英語を勉強するという目的のためでもあります。

「フォルスクラブの香港ツアーに参加するには」

ツアーで香港に行けば費用は必要ですが、手続きやすべてのサポートはフォルスクラブがしてくれるので安心です。また世界の金融事情を知ったり海外で株を購入することに対する知識も学ぶことができます。香港への研修はいつ行われるか決まっているものではないので、本人か家族がフォルスクラブに入会していて、ホームページのサイトを常に見て、ツアー予定や募集のお知らせがあるかどうかを確認して、あれば応募するという方法になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です