上場企業の社員はフォルスクラブで英語を学ぶ

社会人が英語を学ぶ方法は色々あります。

英会話の塾に通ったり、英会話カフェに通ったり、

自分で教科書を買ったりなど、色々な方法があると思います。

しかし、通う系は忙しい社会人には取りにくいものです。

また、自分で教科書を買っても、それだけで頭が良くなるとは限りません。

教科書にも色々な種類があり、

適したものを選ばないと時間の無駄になってしまうかもしれません。

そんな中、注目を浴びているのが通信教育です。

最新の通信教育なら、確実に英語力が身に付くと評判になっています。

そして、上場企業の社員の間で着実に人気を集めているのがフォルスクラブになります。

 

フォルスクラブの特徴はいくつもありますが、

特に良いのは利用者のレベルに合わせて学習できる点ではないでしょうか。

フォルスクラブに収録されているTOEICも3種類の難易度が用意されており、

自分の実力に見合った教科書で学ぶことが出来ます。

TOEICで460点を目指すもの、600点を目指すもの、730点を目指すものがあり、

それぞれに問題集と単語帳と教科書が付いているため、効率良く英語を覚えることが可能です。

上場企業の社員でしたら、最低でも600点は欲しいところです。

明確な根拠はありませんが、日本のビジネスマンの平均的なボーダーが600点と言われています。

 

実際に海外で働くなら900点以上は欲しいところです。

上場企業でしたら、海外に支社をいくつも持っていることが多く、

駐在員として働く機会は多いかもしれません。

それを見越して、フォルスクラブで英語を学んでおけば、

突然の辞令でも難なくやりこなすことが出来ます。

 

TOEICで満点を取るには、累計3000時間以上勉強しないと難しいと言われています。

アメリカで数年間過ごしているネイティブの方たちでしたら、

ケアレスミスが無い限り、ほぼ全員が満点を取れると聞きます。

しかし、英語を日常的に聴く機会がないと、

これだけ膨大な量の勉強時間を費やさないといけないことを意味します。

上場企業に勤める社員でも、この苦労は変わりません。

逆に言えば、TOEICで満点が取れるのなら、海外で難なく働けるということです。

 

全ての上場企業の社員が英語を話せるとは限りませんが、

英語が通じる機会は多いかもしれません。

上場企業なだけはあり、優秀な新卒学生のみを採用しているのです。

そうした方々は物覚えが良く、英語も直ぐに覚えると思います。

フォルスクラブを渡せば、半年で英語を話せるようになるかもしれません。

フォルスクラブの資格対策講座や

LEARNING EYESを使って勉強するのはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です