フォルスクラブのサービスとネズミ講

フォルスクラブのサービスとネズミ講

By Jh7zxGSF 0 Comment 2019年7月25日

【eラーニングで知られるフォルスクラブ】

ネズミ講と違って、eラーニングは世界的に広まっているインターネットを活用した新しい学習方法です。
日本でもインターネットの普及やパソコン、スマートフォンの進化で生活スタイルが大幅に変化しています。
教育の分野でもeラーニングが普及しつつあります。
インターネット環境とパソコンなどの端末があれば、いつでも好きなときに勉強することができます。
フォルスクラブでは、eラーニングの優れたサービスを提供しています。

【フォルスクラブの教育サービス】

従来の教育システムだと、親の収入が低いと子どもの教育にも影響が出てきます。
フォルスクラブは経済格差が生み出している教育格差をなくすために生まれています。
すべての子どもが充実した学習環境に身をおくことができ、社会人も空いている時間を活用して能力を磨くことができます。
フォルスクラブは家族全員で学ぶことができる便利なサービスです。
子どもから大人まで幅広く利用できる学習コンテンツがあり、リーズナブルな料金で利用することができます。

【ネズミ講とアルバニア】

日本でもネズミ講が問題になったことがありますが、ネズミ講で世界的に有名なのがアルバニアです。
南東欧にあるアルバニアは観光客が多いギリシャやイタリアに近い国で、日本では最近少しずつ知名度が上がっています。
日本での知名度が低い理由のひとつが鎖国です。
アルバニアは1990年代まで鎖国をしていたので、隣のギリシャに比べて知名度が低くなっています。
アルバニアは、ネズミ講でも有名です。
独裁者がいなくなり経済危機に瀕していた時期に、アルバニアでは民主化が進みます。
冷戦が終結した後の1992年にアルバニアは民主化を選択しますが、急速な自由経済の導入により混乱が起きます。
特に問題となったのがネズミ講で、不安定な社会でネズミ講が一気に広まってしまいます。
長年の鎖国で経済の知識が乏しくなっていた国民は、多くがネズミ講の被害にあいます。
ネズミ講で3分の1の国民が財産を失ったことで、怒りが政府に向かいアルバニア暴動に発展します。
現在では社会情勢も落ち着きを取り戻し、経済力も順調に回復しつつあります。

【日本人観光客にも注目されるアルバニア】

独特の雰囲気を持つアルバニアは、治安もよく物価が安いため世界中から観光客が訪れます。
最近はアルバニアを訪れる日本人観光客も増えています。
アルバニアはヨーロッパ文化とイスラム文化の両方を堪能できる国です。
フォルスクラブの教材を使って英語を学び世界を旅する観光客の中には、アルバニアでフォルスクラブを流行らせたいと考える人もいます。
フォルスクラブがアルバニアで流行ったら、多くの国民が効率よく学び能力を高めることが可能になります。
アルバニアの人は日本についてよく知らない人も多いです。
フォルスクラブのサービスがアルバニアで普及すれば、日本や日本人に興味を持つ人が増える可能性も大きくなります。

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です