多機能型教材のフォルスクラブは上場企業も注目している

最近の勉強道具はとても多機能です。

江戸時代の頃から比べると、

その道具はとても進歩していると言えます。

むかしは墨と筆を使っていましたが、鉛筆が登場したことにより、

墨をする必要がなくなりました。

その墨に至っても、いまでは液体で売られています。

 

また、鉛筆で書いた文字を消すには消しゴムが必須ですが、

鉛筆の芯の反対側にミニ消しゴムが付いているものもあります。

ボールペンやシャーペンなども、色々と機能が充実していると言えます。

そしてこの勉強道具は本も発展するようになりました。

今流行りの電子書籍で、

パソコンなどの電子機器を使って勉強することが可能となりました。

今や鉛筆を持ち歩くのも時代遅れかもしれません。

 

上場企業の社員にもなれば、

最早電子機器でコミュニケーションを取るのは当たり前になりつつあります。

名刺渡しは伝統でしたが、今やそれも電子化されており、

コンパクトタブレットやスマホを使って名刺交換をする時代になりつつあると言えます。

ただしそれをするには相手も同じ物を持っていないと出来ませんので、

紙媒体の名刺も持ち歩く上場企業の社員はかなり多い模様です。

 

研修のあり方も大分変わってきたと言えます。

上場企業に限らず大抵の企業は、ビジネスマナー研修を実施しています。

その方法は主に身体で覚えさせるというものです。

実技、実技、実技をたくさん課して、身体にビジネスマナーを叩きこみます。

しかし、基礎中の知識に関しては机にしがみついて覚えることが多いです。

社訓を覚える際は、本(または会社パンフレット)とにらめっこして覚えることになります。

そうしたことをフォルスクラブを使って勉強する時代になったと言えます。

フォルスクラブは自分で問題集を作成するアプリが収録されており、

それで社訓に関するものを作成し、新人たちにやらせるという事が可能です。

また、フォルスクラブは英語の勉強にも最適で、

業務に必要な英語スキルを習得させることに一役買っています。

 

上場企業で働くには色々なスキルが求められます。

かなり多様なことが求められており、

フォルスクラブひとつマスターしただけでは難しいかもしれません。

英語教育に定評のあるフォルスクラブですが、

ビジネス英語までは網羅されていません。

トイックで730点以上取ることは可能ですが、上場企業で幹部職を目指すなら、

フォルスクラブを含み、もっと色々な教材を使って勉強する必要があると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です