フォルスクラブ 上場廃止はないので詐欺に注意

フォルスクラブ 上場廃止はないので詐欺に注意

By Jh7zxGSF 0 Comment 2021年3月22日

◆フォルスクラブ 上場廃止にならないわけ

フォルスクラブ 上場廃止にならないのは、なぜかと言うとそれは至って簡単な話でありフォルスクラブ 上場自体をしていないためです。
株式市場に上場をしていないのですから、廃止になるわけもないのは当たり前のことと言えるでしょう。
有名な企業というのは、全て株式市場で取引ができると思っている人も少なくありませんが、フォルスクラブを作っているような知名度の高い企業であっても、上場していないことは珍しくないのです。
もしも、フォルスクラブ 上場しているのであれば廃止の可能性もありますが、今現在ではその可能性はまったくないので、よく理解しておきましょう。

◆どのような時に廃止になるのか知っている人は少ない

フォルスクラブ 上場とは関係はありませんが、実際に上場企業がどのような時に廃止になるのかを正しく理解している人は少ないのではないでしょうか。
大半の人は倒産をしたから、上場廃止になると思っていたりしますが、理由はそれだけではないのです。
もちろん、業績悪化で会社を維持することができなくなったことが、上場廃止の理由として多いのは間違いありませんが、必ずしもネガティブな理由だけでそうなるというわけではありません。

◆完全子会社化されることで廃止される

上場企業がTOBなどによって、どこかの企業の完全子会社化となるときには、そのまま上場廃止になるケースがあります。
上場企業というのは、誰でも株を自由に売買ができるものでありますが、その株を買い占めてしまって完全に自分たちの会社にしてしまうということです。
企業買収はネガティブなイメージもありますが、他の企業から買いたいと思えるほどの魅力を持っていることにもなり、倒産とは違って必ずしも悪い意味を持つものではありません。
経営不振で買い取ってもらうこともありますが、将来性を見込まれて買収されるということもあります。
フォルスクラブ 上場をしていたとすれば、魅力的なサービスを提供しているだけに買収されて上場廃止になるという可能性は十分にありえるでしょう。

◆自ら上場廃止の選択肢を選ぶこともある

株式会社というのは、株主のものであるため経営陣が好き勝手に経営をすることができるものではありません。
株式を公開するメリットも大きい一方で、株主の意向に従わなければならないというデメリットもあります。
そこで、中には一度上場をしたけれども株主の意向に振り回されたくないために、上場廃止の選択肢を選ぶこともあるのです。
フォルスクラブ 上場をしたとして、会社の理念に反するような要求が株主からされるようなことがあれば、フォルスクラブ 上場廃止の道を選ぶということもあります。
見方を変えれば、フォルスクラブのように社会のためになるようなサービスを提供している企業というのは、自分たちの理念を貫き通すために、他者に左右されることがない非上場の道を選ぶことがあるというわけです。

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です