フォルスクラブにおけるMLM方式の重要さ

フォルスクラブにおけるMLM方式の重要さ

By Jh7zxGSF 0 Comment 2021年7月11日

フォルスクラブにおけるMLMビジネスとは

MLMは連鎖販売取引と呼ばれるビジネスであり、日本国内ではマルチレベルマーケティングという名称で呼ばれることが多いです。日本国内に限らず世界的にMLMを利用したビジネスは合法的に行われており、実際にフォルスクラブが日本国内で多くの人にサービスが利用されるようになったきっかけにこのMLMが大きく関係しているとされます。では実際にMLMとはどういったことを行うのかというと、消費者となる人自身が販売者になることが出来る仕組みであり、口コミやレビューによって売上を着実に伸ばしていくことが出来る特徴を持っています。このビジネスの最大の特徴は、より消費者に近いレベルにおいてネットワーク構築を行える点であり、フォルスクラブ拡大にもそれを最大限活かして販売を行ってきたという実績があります。

フォルスクラブがMLMで販売するもの

では実際にフォルスクラブがMLMによって販売しているものといえば、時間や場所を選ばずにパソコンやタブレットを利用してインターネット上で教育を受けられる「eラーニング」というサービスとなります。一般的な学習方法と異なり、フォルスクラブのeラーニングは24時間365日いつでも好きなタイミングで学習を行えることであり、幼児から高齢者向けの学習メニューまで幅広く取り扱っており、日本国内でも多くの利用者が増えてきている特徴を持っています。
タブレットもしくはパソコンさえあれば誰でも始められることから、家族全員でそれぞれ異なる講座を受講することも可能ですし、幼児向けには遊びながら学べる独自の学習ゲームが用意されているなど、勉強を飽きさせない内容が用意されている特徴があります。

ベトナムでフォルスクラブのサービスを提供することは可能か

フォルスクラブは日本国内で提供されていたMLMだとされています。そのため利用することが出来る講座の全ては日本語対応でありサービス対象エリアも日本に設定されているので、現状ではベトナムでの運用はまだまだ先になってしまうと考えられています。またベトナム自体はMLMが合法的なビジネスである反面、2018年より法務が非常に厳格になり、進出する上でライセンスにおける留意点をしっかり守る必要があります。
例えば1年間にメンバーに支払うボーナス創学が当該年度の連鎖販売活動売上の40%を超えてはいけないことや、これを商工省に対して証明する必要があるなど、既存のボーナスプログラムをベトナム用に修正する必要が出てきます。MLMを行う場所を事前に申請するのも、個人がMLMを行う上での最大の難所と言えそうです。少なくとも日常会話レベルでMLMはしてはいけないのです。

ベトナムはMLMの親和性が高い

このビジネススタイルは小売業の一つであり、個人で販売網を構築していくビジネススタイルといえます。ベトナムではサプリメントや化粧品の商材がトレンドとなっており、独立独歩の自営業で収入形成をしていく願望を持つ人が多いことからこのビジネスは親和性が高くなっています。ただ規制強化が進み新法に沿ったライセンスが発行されていることもあり、フォルスクラブを学習サービスを世界的に拡大していくにはその国に沿ってライセンス取得をきちんと行うことが大切だと考えられます。

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です