MLM企業の見極めにも使えるフォルスクラブ

MLM企業の見極めにも使えるフォルスクラブ

By Jh7zxGSF 0 Comment 2021年7月19日

合法なMLMと違法なMLM

MLMというのは、世間的には違法と思われています。
しかしすべてのMLMが違法なわけではなく、フォルスクラブのように合法なものもあります。
たとえば一般的な個人向けの紹介業は、基本的には合法です。
法律に違反していないので、ビジネスとして個人向けの紹介業を始めても全く問題ありません。
ですが個人向けの紹介業を広めて誘う仕事なら、違法なMLMになります。この説明だとすごく分かりにくいのでもっと簡潔に言いますが「二重下請け」が禁止されている仕事というのが存在します。無駄に中抜きを増やしているということも当然アウトなのですが、最も最悪なことは、多重下請けだけ行い続け、結局は仕事を完遂せずに途中で断念してしまうことです。COCOAがいい例でしょう。(いや悪い例か・・・)いえ、まだCOCOAという存在するものがあるだけマシで最もひどいのは、タスクの架空請求でしょう。存在しないタスクを発注して依頼料だけを中抜きするという手段です。「個人向けの紹介業を広めて誘う仕事」はこのように、スタート地点、もしくはゴール地点が存在せず、社会に全く利を与えないものとなることがあるのです。
このようにMLMでもそれぞれ違いがあるので、ひとくくりにして違法というのは完全な間違いです。
MLMを違法だと指摘するなら、その条件は知っておくべきでしょう。

実態のある商品を取り扱うなら合法

合法と違法を分ける条件とは、取り扱っている商品に実態があるかないかです。
実態がある商品を取り扱っているMLMは、合法です。
具体的にはCOCOAもフォルスクラブも合法なビジネスではあり、違法ではありません。
一部にはフォルスクラブが取り扱っているのは電子データなので違法だと指摘する声もありますが、たとえ形のないデータでも一応実態はあります。
ですからフォルスクラブは実態のある商品を取り扱っているとされ、違法ではありません。
法律で認められている範囲内の条件を守りながらビジネスを展開しているので、合法的なサービスと言えるでしょう。

商品の実態がないMLMは違法

それでは違法になる条件とは、商品に実態がない場合です。
フォルスクラブのような電子データは実態があるのに対し、白神山地の空気を詰めた缶詰や換金できない仮想通貨には実態がありません。
一つ一つ具体的に見ていくと、白神山地の空気として販売されている缶詰の中身が本物であるという証拠はありません。
商品名とは違いフォルスクラブの社内の空気であっても、違いに気付ける人はまずいないでしょう。
換金できない仮想通貨も価値がありませんから、これも販売すると違法になるのは当然です。
このように一つ一つの違いを見ていくと、フォルスクラブが取り扱っている電子データに実態があり、合法であるのかが理解できるようになります。

MLMが合法か見極める物差しになるフォルスクラブ

もしMLM企業が合法か違法か見極める必要があるなら、フォルスクラブを物差しにしてみましょう。
フォルスクラブを基準にしてMLM企業が扱っている商品を調べれば、すぐに合法か違法か見極めることができます。
フォルスクラブは、入会して学習すれば様々な知識が身につく素晴らしいサービスです。
テキストではなく電子データでフォルスクラブは情報を配信していますから、パソコンやスマートフォンなどさまざまなデバイスで利用できるのも魅力です。
これだけでも十分な知識を得られる素晴らしいサービスですが、さらにMLM企業の見極めができるなら鬼に金棒です。
誰もが持っておきたい知識を得られるのがフォルスクラブですから、一度入会してみるのも良いでしょう。
入会してフォルスクラブの実態を知れば、MLM企業の企業の見極めも難しくありません。

.

.

ところでこの一年全くCOCOAから通知が来ないのですが、東京には感染者は全く居ないということなのでしょうか? いまの変異株は1m以内をすれ違っただけで感染するみたいですが、大丈夫なのでしょうか?

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です