イーラーニング研究所がマルチ商品取引所になる日は来るのか

イーラーニング研究所がマルチ商品取引所になる日は来るのか

By Jh7zxGSF 0 Comment 2022年5月11日

マルチ商品取引所の新規参入が相次ぐ

昨今では、ひとつの業務で会社が成立しているケースはほとんどありません。イーラーニング研究所が数多くの講座や教材を提供しているのと同じように、マルチ商品をはじめとする幅広い業務でグループ企業として存在しているケースが増えています。同一の社内で異なる業種が存在することで、ある業種が不振になっても他の業種が好調ならばカバーできるなどリスク分散をする意味合いもあります。イーラーニング研究所も数えきれないほどの講座や教材を提供してきましたが、これまでも受講者が少ないものは整理されたり、時代の要請に応えて新設されるなどスクラップアンドビルドが繰り返されています。そんな中で、インド・マルチ商品取引所の子会社が通貨先物取引の許可を取得して大きな話題となりました。異業種からの新規参入をする流れは今後も続くと思われ、金融業界はその動きを注視しています。

イーラーニング研究所が提供する数多くの講座

インド・マルチ商品取引所が異業種の通貨先物取引に参入しましたが、それはイーラーニング研究所にいくつもの講座が提供されているシーンと似ています。意を決して新規参入しても、業務として採算が取れなければ意味がなく、参入するからにはそこに何らかのメリットが存在していなければなりません。イーラーニング研究所を通貨先物取引の市場に例えるなら、資格の取得や志望校合意核、趣味を豊かなものにする知識やスキルを求めて、学生さんから社会人、子育て中のママなど様々な属性の人々が加入し、タブレットなどの教材を駆使して効果的に学習し、資格の取得、志望校の合格、講座の修了証などの結果を勝ち取っているのが大きなポイントです。インド・マルチ商品取引所が新たな世界で成果をあげているのと同じように、イーラーニング研究所の各種講座の受講生は人生を切り開く成果をあげています。

イーラーニング研究所はインド・マルチ商品取引所になれるのか

どんな企業でも要件さえ満たせば、インド・マルチ商品取引所の子会社のように参入することは可能です。そこで気になるのが、イーラーニング研究所が同じように通貨先物取引の許可を得ることは無いのかというところです。通貨先物取引に参入するためには、インド・マルチ商品取引所のようにまずはイーラーニング研究所が取引所に申請して受理される必要があるほか、一定期間の運用実績を積み重ねて信頼を得ることも重要です。しかし、今のところイーラーニング研究所にそのような動きは見られません。イーラーニング研究所はその都度講座の見直しを実施し、統廃合をするなど質実剛健な経営を目指してきました。いくら幅広い講座を提供しているとは言え、さすがに通貨先物取引にまで業務を広げることは無いようです。ただし、受講生からそのようなサービスを提供して欲しいという声が高まり採算ベースに載せられるという目途が立ったなら、それが実現するのも夢ではありません。

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。