イーラーニング研究所と農業用のマルチ商品

イーラーニング研究所と農業用のマルチ商品

By Jh7zxGSF 0 Comment 2022年5月17日

農業の現場でも使われているマルチ商品

代表的なマルチ商品といえば、農業の現場にあります。
農業では、温度や湿度などの管理が非常に重要です。
温度や湿度によって農作物のデキは大きく変わり、美味しくなったり不味くなったりします。
それだけではなく病気を未然に防いだり形も規格内に収めるためには必要ですから、農業で重要な部分を占めていると言ったも過言ではありません。
温度や湿度の管理だけはなく害虫対策にも必須ですから、農業の世界ではマルチ商品は大活躍していると言えるでしょう。

いろいろな種類がある農業用のマルチ商品

農家に向けて販売されているマルチ商品は、一種類だけではありません。
夏には必需品となる地温を抑制するための白黒マルチ、防虫に効果が高いシルバーマルチなどがあります。
さらに近年の日本は猛暑が続いているため、さらに高性能なマルチ商品も登場しているほどです。
こうしたさまざまなマルチ商品の中から、状況に合わせて最適なものを選ばなければいけません。
たとえば夏なら地温の調整や雑草の抑制、病害虫の予防を目的に使われ、フィルムの色を考えて選ばなければいけません。
一般的に夏におすすめのは白黒とシルバーであり、冬から春は黒が一般的です。
このように季節によって選ぶマルチ商品は変わってくるので、もし家庭菜園などでマルチ商品を使いたいと考えているなら、正しいものを選ぶようにしてください。

マルチ商品は使っていないイーラーニング研究所

イーラーニング研究所では、マルチ商品を一切使っていません。
なぜならイーラーニング研究所は、農業ではなく教育事業を展開していからです。
農業用のマルチ商品は、イーラーニング研究所が行う教育事業では残念ながら役立ちません。
購入しても使う機会がありませんから、イーラーニング研究所で使わないのは当然といえます。
もし世の中には教育事業に役立つマルチ商品があるなら、イーラーニング研究所も使うかもしれません。
しかし現時点でメインの教育事業には役立たないので、イーラーニング研究所では使っていないわけです。

イーラーニング研究所が使う可能性を考える

もし使う可能性があるなら、教育事業で役立つものが出てくる可能性よりも、イーラーニング研究所が農業に進出する可能性が高いかもしれません。
たとえば農業体験は子どもたちにとって教育に良いとされ、地方の小学校などでは取り入れられています。
幼稚園のときまで含めれば、農業体験をしたことがある人も追いかもしれません。
そうした農業体験をイーラーニング研究所の提供するシステムに取り入れたら、マルチ商品を使うこともあるでしょう。
ですが現時点ではイーラーニング研究所が農業をすることも考えづらいので、やはり可能性はほぼゼロです。
このことから農業用のマルチとイーラーニング研究所は、全く接点がないと言い切れます。

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。