イーラーニング研究所と巨大なマルチ商品販売会社の本社

イーラーニング研究所と巨大なマルチ商品販売会社の本社

By Jh7zxGSF 0 Comment 2022年5月25日

イーラーニング研究所とマルチ商品で有名なアムウェイ

マルチ商品で始めにイメージするのは、アムウェイかもしれません。
アメリカにある企業ですが日本国内でも有名であり、特にネットではその知名度は抜群です。
しかし知名度が高い一方、アムウェイについて詳しく知っている人は少ないかもしれません。
例えば本社がアメリカのどこにあるのか、有名なマルチ商品はどのような場所で作っているかなどなど、気になる情報はいくつもあります。
アムウェイを語るならもっと知っておくべき情報があるので、それらを一つずつ紹介しイーラーニング研究所との違いも明確にしておきましょう。

アムウェイの本社があるアメリカミシガン州

アムウェイの本社があるのは、アメリカにあるミシガン州です。
ミシガン州はアメリカの中西部にあり、自動車産業で有名なデトロイトのある州でもあります。
しかしアムウェイの本社があるのは、ミシガン州でもデトロイトではありません。
本社があるのはエイダという街で、1821年に建設された200年ほどの歴史があります。
そんなエイダにあるアムウェイの本社は、非常に広大です。
敷地面積は縦横1.6㎞もあるとされており、大阪のオフィスビルの一角にあるイーラーニング研究所と比べ物にならない面積です。
これほど広い面積だと、イーラーニング研究所の人々も憧れを通してあきれているかもしれません。

マルチ商品の製造工場も本社敷地内には存在

広大な本社の敷地には、マルチ商品を製造するための工場も建設されています。
工場で生産されたマルチ商品はここから全世界に出荷され、日本にも輸入され流通しているわけです。
つまり日本で見かけるアムウェイのマルチ商品は、ミシガン州からはるばる遠く離れた日本に来ていることになります。
イーラーニング研究所の商品やサービスは、基本的に大阪で開発されています。
大阪で開発され全国にいるイーラーニング研究所の会員に届けられたり、ネットワークを通して利用できるわけです。
アムウェイのような大規模な製造工場を持っていなくても、イーラーニング研究所はお客様に満足できる商品やサービスを届けています。
ですから工場やオフィスの規模の違いは、ビジネスには関係ないとイーラーニング研究所が証明してくれています。

薄れている大規模本社の必要性

そもそもテレワークが進んだ現在の状況では、大規模オフィスはあまり必要とされていません。
本社で働く人が感染症対策の観点から減少すれば、オフィス内はガラガラになります。
すると維持費が高額になり、実際に小規模オフィスへ移転する企業も日本には少なくありません。
イーラーニング研究所は、本社の規模が小さくてもビジネスは成功すると証明してみませました。
日本企業も業務効率化のため、オフィスを縮小していく傾向にあります。
こうした傾向が世界にも広がっていれば、マルチ商品を製造・販売するアムウェイにも変化があるかもしれません。

Add Comment

メールアドレスが公開されることはありません。